ベタつく汗対策におすすめのレディース汗取りインナー

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ベタつく汗対策におすすめのレディース汗取りインナー

花と猫

汗は気温や環境に関わらず、かいてしまうものです。夏は汗をかくのが当たり前なので、洗濯しやすい服を着ることが多くなりますが、何度も着用しているうちにワキの部分にシミができてしまうことがあり、洗濯してもシミが落としきれなくなることもあります。家庭で洗えない素材の場合はクリーニングが必須になりますが、シミができてしまうと通常のクリーニング代の他に、余計なシミ抜き費用がかかってしまうこともあります。そして背中やワキに汗をかくと、その部分だけ服の色が濃くなってしまうため汗が目立ってしまい、せっかくのおしゃれが台無しになってしまいます。
寒くなってくると、今度は外の気温に合わせて厚着をするので、室内に入った時に暑くなってしまい、背中やワキに汗をかいてしまうことがあります。厚着をしている分だけ夏のようにシミが目立つことはなく、周りからは服が汗で湿っていることが気づかれにくいものですが、お気に入りの服にニオイやシミがついてしまう可能性があります。
大切な洋服を汗から守るために一年を通して着用したいのは、汗取り用のレディースインナーです。肌触りがよくジャブジャブ洗える素材でできているため、汗で付く汚れを気にせずに着用できます。汗取り用のレディースインナーは素材や形が工夫されていて、フィット感のある洋服の下に着用してもインナーが目立ってしまうことはありません。デザインだけでなく機能性が高いレディースインナーが揃っているので、色々比較してお気に入りの物を探してみましょう。

ワキ汗でお悩みの方におすすめ

気温の変化はもちろん、電車に間に合わなくて走っている時や、面接や発表会などで緊張している時にもたくさん汗をかいてしまうことがあります。ワキは大量に汗をかきやすい部分になり、吊革につかまったり物を持ち上げたりして腕を上げた時など、ちょっとした動作で汗をかいていることが目立ってしまい、汗をかく頻度が高いのでシミができやすい場所です。
ワキに汗をかくことが多い方におすすめなのは、ワキの部分に汗取りパッドが付いているレディースインナーです。汗取りパッドは衣類に貼るタイプが市販されていて、汚れたらすぐに交換できるのでとても便利です。しかし腕を頻繁に動かしたり汗で湿って粘着力が弱くなったりすると、パッドがヨレてしまい汗を吸いきれなくなる場合があります。ワキに接する部分の生地が何層にも重なっているレディースインナーなら、ワキにフィットして流れ出た汗を吸収するので、洋服に汗が染み出てしまう心配がなくなります。
汗取りパッドが付いた物には、半そででも着用できるフレンチスリーブや、暑がりな方に最適なノースリーブがあります。寒い時期の着用に便利な長袖もあるので、季節に合わせて変えられます。ノースリーブはフレンチスリーブや長袖のようにワキ全体を覆う汗取りパッドではなく、ワキに生地を挟んで汗を吸い取るようなデザインになっています。普通のノースリーブよりも腕を通す部分が狭くなっているので効率的に汗を吸収することが可能で、涼しさを保ちながら汗を取りたい時に便利です。

汗のニオイが気になる方には

汗のニオイを抑えるのには、デオドラント効果のあるスプレーやクリームなどを出かける前に塗っておくと効果的ですが、消臭効果のある素材を使った下着を着用していれば、ニオイを抑える働きはさらに高まります。
汗で湿った衣類をそのままにしておくと、だんだん雑菌が増殖してくるので、時間が経つにつれて嫌なニオイが発生してきます。湿った服を着替えられれば良いのですが、家にいる時ならともかく、会社や学校にいる時には、汗をかくたびに着替えることはできません。しかし抗菌効果のある素材を使用していれば、頻繁に着替えなくてもニオイが抑えられ、清潔な状態をキープできます。
ニオイの発生源は雑菌だけにはとどまらず、加齢臭と呼ばれるノネナールや刺激臭のあるアンモニアや酢酸、イソ吉草酸などの色々な物質が混ざり合って発生しています。このようなニオイを汗と一緒に抑えられるのが、消臭素材で作られている物です。
消臭素材は天然素材の綿と一緒に、ポリエステルなどの化学繊維を加えている物が多く、金属イオンやセラミックスのパワーでニオイを吸着する素材、汗のphを調整して防臭効果を高める素材があり、企業の独自開発で誕生した特殊な繊維を使ってニオイを抑える素材もあります。
消臭素材は使用している生地によって、抑えられるニオイの種類が違ってくるので、加齢臭やアンモニア臭などニオイに応じて素材を選ぶようにすると、消臭効果がさらに高まります。

肌のべたつきを解消したい時に便利

湿った衣類が肌にぴったり張り付いてしまうのは、とても気持ちが悪いものです。いつまでも湿った服を着ていると体温を奪って冷えてしまうため、体調を崩すきっかけになってしまいます。背中や胸元など、広範囲にたくさん汗をかいてしまう場合におすすめなのは、吸水性や吸湿性に優れていて速乾性のある素材を使っているレディースインナーです。肌に残った水分を吸い取ってくれて、湿ってもすぐに乾く素材なら、いつまでもサラサラした状態が続きます。
綿は着心地がとても良いのですが、一旦水分を吸収すると乾くまでに時間がかかってしまいます。速乾素材は、ポリエステルなどの化学繊維が使われていて、化学繊維は綿や麻と比べると水分を吸い取る力は落ちてしまいます。しかしインナーで使用する化学繊維は水分を吸収しやすいように加工されているため、水分がいつまでも肌に残るようなことはありません。生地が水分を吸収して湿ったとしても、乾きが早いので生地が肌にくっついてしまうこともなく、快適に過ごせます。
このような速乾性素材は汗をよくかくアウトドア用のTシャツにも利用されていて、収縮性があるのでとても動きやすいという特徴があります。そのため速乾性素材を利用したインナーは活動的に過ごす方にも最適です。サラッとした手触りの軽い着心地で、洗濯をしてもすぐ乾くので、たくさん汗をかく季節や洗濯物がなかなか乾かない梅雨時期にはとても便利な素材です。

着るだけで汗対策ができる

汗取りインナーは着るだけで汗対策ができるので、とても便利なアイテムです。洋服をシミからガードする汗取りパッド付きの物や、嫌なニオイを抑える素材を使っている物、肌に付いた水分を吸収しながら素早く乾いていく素材を使っている物などがありますが、全ての機能が付いているインナーもあります。
水分を素早く吸収するために体にフィットするデザインになっているのですが、生地が肌に密着していると気温によっては暑くなってくることがあります。この場合はノースリーブやキャミソールを選ぶことで解消されますが、着用した時のひんやり感をウリにしている素材を選ぶのもおすすめです。ただでさえ暑がりなのに、何枚も重ね着をしていたら余計に汗をかいてしまうという方にも、冷感素材を使用したインナーは向いています。
汗取り用レディースインナーは襟ぐりが広くなっているので、襟が大きく開いたシャツやゆったりとしたネックラインの服を着たとしても、外から見えてしまうことは少なくなっています。Tシャツのような厚めの生地を使っているタイプや、襟元や裾に飾りが付いていて見せることを前提に作られているデザインなら、インナーで使用する他にトップスにも使えます。色が響かないベージュや白、黒といった定番のカラー以外にも、ヴィヴィッドカラーやパステルカラーなどカラフルな色を選ぶこともできるので、汗対策をしながらおしゃれの幅を広げたい時におすすめです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング