靴を脱ぐときに足の臭いが気になったら応急処置をしよう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

靴を脱ぐときに足の臭いが気になったら応急処置をしよう

靴の臭いをかぐ猫

飲み会などに急に誘われて、しかも、その店が靴を脱いで上がらなければならくなったとき、一日履いていた靴が臭いことが気になりますよね。
元々、足の臭いには個人差があるので気にならない人には全く気にならないことなので、そういった人に急に誘われてしまうことは避けられません。
まずここで、どうしても足の臭いが気になるのならば出来れば靴を脱がない方向に持っていければいいのですが、そうはいかないこともあります。また、飲食店以外でも靴を脱いで上がらなければならないことも出てくることがあります。
さすがにすべてを断ることはできませんよね。足の臭いが気になる人にとっては一大事です。
そこで、どうにかして応急処置をすることが必要となってきます。しかし、今までどんなことをしても応急処置なんかでなんとかなったことはないと反論したくなる人もいるのではないかと思います。確かに、とても気になる臭いがする場合は少し手を加えたからと言って、なんとかなるとも思えないことが多いです。
しかし、そのまま何もしないよりは少しでも足の臭いにおいを無くした方がいいのは事実です。
どうしても、靴を脱がなければいけないのならば、足の臭いが薄くなっていた方が自分でも落ち着きますよね。完全に足の臭いを無くすことは難しいかもしれませんが、あきらめずに実践することが大事なのです。
足の臭いだけで一緒にいる人に嫌われるのは絶対に嫌ですよね。

普段から用意しておく

まず、応急処置をすると言っても、何も準備が無くてはどうすることも出来ません。自分の足の臭いが普段から気になると思っているのならば、鞄の中にいつもそれなりの準備をしておくことが必要です。
大丈夫、それ程かさばるものではありません。それに、それだけの用意をしておくだけで足の臭いを少しでも軽減できるのならば持っていてもいいと思えるはずです。
鞄に入れておくべきものはこれです。
除菌できるウェットシート、小型の消臭スプレー、足を拭けるもの、新しい靴下、以上です。どうですか、それほど特別なものではありませんよね。男性でも女性でも、なんとか鞄の中には入るはずです。
これだけ入れておけば、後は処理ができる時間さえあればなんとかなります。
ウェットシートと消臭スプレーは、必ず無香のものを用意しましょう。
なんとなく、香りがついているものの方が靴や足の臭いをごまかせるのではないかと思ってしまいがちですが逆です。靴にスプレーしまくって匂いを付けてしまうと、足の臭いと混じりあって逆に悪臭のもとになってしまいます。
それではせっかく消臭する為にスプレーしている意味がなくなってしまいますよね。それに、主に男性の場合、靴にあまりに女性のような香りがしていたら不自然で、あまり好感度が上がることはありません。
なので、靴から臭いを消そうと香りのあるものを使いすぎるのはあまりおすすめしません。足に使うウェットシートも同じ理由から無香がいいです。

応急処置をする時間を作る

さて、せっかく普段から準備をしていても、時間が無くては応急処置をすることができません。そこで、なんとかして時間を作りましょう。処置を行う空間があることも重要です。
どうやって、時間を作ればいいかというと、簡単なのはお手洗いに行くことです。女性はもちろん、男性も個室を使いましょう。さすがに外でやっているとおかしな人です。
当たり前ですが、靴を脱ぐ前に行わなければならないので、靴を脱ぐ場所に行く前になんとしてもトイレに駆け込みましょう。そのままの足の臭いで靴を脱ぐわけにはいきません。
別に、トイレに行くこと自体はおかしなことではありませんので、お腹が痛いなどの理由を付けて行ってください。
靴や足の臭いを取るために処置をするのには少々時間がかかりますので、長い時間トイレに行っていると不自然になる男性は、なんらかの理由を付けておくことが重要です。
もちろん、会社のトイレなどで人目に付かずに行えば不自然ではありませんので、会社を出る前に処置しておくのもおすすめです。
とにかく、なんとかして時間を作ってください。
トイレに駆け込んだら、一刻も早く靴と足の臭いの処置することが重要です。しかし、慌てて雑な作業になってしまうと、靴と足の臭いは残ってしまいますので、丁寧にやることを心がけましょう。では、どんな処置をすればいいのでしょうか。方法はそれほど難しいことではありません。むしろ簡単なことです。

靴と足の臭いを応急処置する

ここまで来たら、後は応急処置をするだけです。
まずは、今まで履いていた靴を脱ぎましょう。
この段階で、消臭スプレーを靴の中に吹きかけておきます。乾かす時間を作るためです。
そして靴下を脱ぎます。靴下に臭いにおいの原因はかなりあります。しかし、かといって靴下を履き替えるだけでは足の臭いはそのままになっているので、すぐにまた臭ってきてしまいます。
靴下を脱いだら、ウェットシートで丁寧に足を拭きましょう。足の指の間は臭いの原因となる菌が多くいますので、念入りに拭きましょう。
ウェットシートでしっかりと足を綺麗にしたら、今度は用意しておいた乾いたタオルなどで足を拭きます。水分が残っていると雑菌が繁殖しやすくなり、足の臭いがすぐに元に戻ってしまいます。
そして、足が乾燥したら、新しい靴下を履きます。最初に比べると嘘みたいにさっぱりしていることかと思います。
靴下を履いたら消臭スプレーを吹きかけた靴が乾燥していることを確かめます。さっきも言ったとり、湿っているとまた足の臭いにおいを発している菌がすぐに繁殖してしまうため、きちんと確認することが大切です。乾いていることを確認したら履けます。
先程脱いだ靴下は、ジップロックなどに入れて臭いが漏れないようにしておきましょう。せっかく足の臭いが和らいだのに、靴下自体から臭いを発していては周りにまた臭いを振りまくことになってしまい、意味がありません。

しっかりと応急処置をすることが重要

ここまで言ってきた通り、少し時間はかかりますが、しっかりと足を清潔にすることが一番大切です。
応急処置と言っても、靴や足などに消臭スプレーを吹きかけただけではほとんど意味がありません。少しはよくなったと錯覚してしまうかもしれませんが、ほぼ変わっていないことの方が多いです。
足や靴の臭いを取るには、当たり前ですがきちんとした方法をとるのが一番なのです。
もちろん一番効果があるのは足を洗うことですが、外ではそんなことはなかなかできません。そこで、洗うのと変わらないような処置をするために、普段から応急処置がいつでもできるようなものを持ち歩いている必要があるのです。
自分の靴や足の臭いがいつも気になるという方は、いつも鞄に処置をできるセットを忍ばせておいてください。
前に使ってしまってうっかりウェットシートや靴下がないと思った場合でも、最近ではほとんどのものがコンビニでも売っています。すぐに駆け込んで、さっと買い物をすれば誰にも気づかれずに処置をすることができます。
また、湿った足を拭くためのタオルもきちんといつも清潔なものを用意しておきましょう。それ自体が不潔な状態では意味がありません。
足の臭さはどうしようもないと思ってしまいがちですが、努力次第で緩和することができるものです。気になっていたらそのままにせずに、なんとかケアできるように頑張ってみましょう。
靴を脱ぐことがあっても足の臭いが気にならない自分になりましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング