入浴の際にクエン酸の効果を利用して体臭を軽減したい

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

入浴の際にクエン酸の効果を利用して体臭を軽減したい

バケツにつかっている犬

体の臭い、つまり体臭が気になるという方は多いのではないでしょうか。夏場など汗をかく時期はもちろん、たくさん服を着ることからにおいがこもる冬場の方が余計に体臭が気になるという方も多いといいます。そんな体臭はフェロモンだとおっしゃる方もいますが、においが周囲に迷惑をかけるほどであればフェロモンどころではありません。どうにか対策をする必要があります。
臭いというと一番に思い浮かぶのが不潔かもしれません。となると入浴などで体をきれいに保つことが真っ先に思い浮かぶでしょう。毎日お風呂に入っているのになぜかにおうという方もいらっしゃるかもしれません。きちんと洗えているならそれは体質の問題なのである意味仕方ないかもしれません。ただ、そうは言っても体臭で迷惑をかけたくないでしょう。そんな時に消臭効果を発揮するのがクエン酸なのです。
梅干しなどで有名なあのすっぱい成分のクエン酸で体臭を抑制できるというのです。食べて疲労回復が有名で、確かに食することで乳酸を分解して早期の疲労回復に効果がありますが、実は食べるだけでなく肌に直接塗っても体臭に効果てきめんなのです。ただ成分をそのままを肌に塗るのは酸ですから刺激が強すぎます。もちろん適度な濃度に薄めればいいでしょうが、それよりも実は簡単な方法があるではありませんか。そうです、入浴です。体の汚れを取るため、そして疲れを取るために行うこの入浴時にこの成分を使うと、簡単に体臭を減らせるというのです。

そもそもクエン酸とは何

体臭撃退の前にそもそもクエン酸とは何なのか、そしてなぜこれで体臭が減るのかを簡単に説明します。
クエン酸とは梅干しやレモンなどに含まれる酸っぱい成分です。酸っぱいのはビタミンCと勘違いされがちですが、実はクエン酸なのです。某有名スポーツ選手が練習後に疲労回復のために梅干しを食べているという話は有名です。疲労の原因の乳酸をクエン酸が分解してくれるからです。
なぜ体臭軽減に効果があるのでしょうか。私たちの体、特に皮膚は通常であれば弱酸性です。某ボディソープのCMの「お肌と同じ弱酸性」というキャッチフレーズからこのことを知っている方は多いでしょう。健康であれば弱酸性なのですが、何等かの原因でアルカリに傾くことがあります。そんなアルカリ性に傾いた肌を弱酸性に戻してくれる効果があるのです。食べてもよし、肌から吸収してもよしと素晴らしい成分なのです。
酸っぱさのもう一つの成分に酢酸があります。こちらもアルカリ性を酸性に戻す効果はありますが、だからといってこれを肌に使うのはNGです。というのは成分が強すぎるからです。肌は酸性ではなくて弱酸性です。強すぎる酢酸を使うことで肌荒れなどの肌トラブルになる可能性が極めて高いです。それに酢酸はにおいも強烈です。体臭を軽減することが目的で酢酸を使って体臭の方がなくなったとしても、酢酸の強烈なにおいが残ってしまい意味がないどころか逆効果かもしれません。やはりクエン酸がベストなのです。

消臭効果のある入浴剤として使える?

クエン酸で体臭を減らすのには入浴剤としての利用がおすすめです。毎日入るお風呂、何らかの入浴剤を使用している人は少なくないでしょう。市販の入浴剤もいいですが、クエン酸を使って入浴剤を作ると体臭軽減に役立ちます。
前述のように本来は弱酸性であるはずの肌がアルカリ性に傾くことがあります。これをもとの弱酸性に戻してくれる効果があるからです。しかし、だからといって梅干しやレモンをお風呂に入れて入るのではいけません。確かにこれらの食品には成分が含まれていますが、それ以外の成分も含まれてしまっています。梅干しに含まれる酢酸は肌に強すぎて刺激となり肌荒れなど原因となりますし、レモンに含まれるビタミンCはそのままでは変質しやすく、同じように肌に大きな刺激となってシミやそばかすの原因ともなりかねません。これでは体臭が軽減できても、他にトラブルが出てしまいます。含まれる食品を浮かべるのではなく、クエン酸そのものをドラッグストアや通販などで入手して、体臭軽減用の入浴剤を作りましょう。
ただ、ここで注意したいのが掃除用の種類を使わないことです。掃除にも便利なことからドラッグストアの掃除コーナーで重曹などと並んで販売されていることが多いです。これは掃除用なので体に良いとは言えません。少々お値段がしますが、食品用の種類を選びましょう。少量でしたらスーパーなどで売っているので、まずはこの少量で試してみて体臭の軽減に効果があるようなら、通販で大量に買ってもいいでしょう。

入浴時に体臭を減らす使い方

一番簡単なのがお風呂200リットルに対し、30から80グラムのクエン酸を溶かして入れるだけという方法です。一般的なお風呂は200リットル程度ですが、一人暮らし用の小さな浴槽でしたらもっと少ないですから、入れる量は調節してください。体臭がきついからとか、即効性が欲しいからなどと大量に入れるのはNGです。酢酸よりも肌に優しいとは言っても、分量を超えて入れると体臭を減らすどころか、肌に大きな刺激となって肌荒れするおそれがあります。はじめは30グラムからはじめて、徐々に量を増やして80グラム程度で抑えておくのがいいでしょう。
また、それではつまらないというなら重曹も加えて手作りのバスボムを作るのもいいでしょう。用意するものは重曹大さじ2、クエン酸大さじ1、片栗粉、またはコーンスターチ大さじ1、水数滴、以上です。粉類をよく混ぜそこに水を1滴ずつ垂らしてなじませます。全体が湿り力を加えると固まるようになったら型に入れます。その状態で半日から1日おいて乾燥させ、形になったら完成です。注意点としては水を入れすぎると反応して発泡してしまうので、1滴ずつ。また、口には入れませんが肌に直接触れるものなので、どの材料も食用のものを選びましょう。掃除用のものもあり、こちらの方が値段が安いですが、不純物が混じっている可能性があるので、バスボムを作る際は食用を選ぶことです。重曹による炭酸ガスの効果で、体臭だけでなく血行促進や疲労回復効果も期待できます。

入浴だけでなく食べて体臭を減らす

気になる体臭を減らすために、クエン酸はこのように役に立つのです。体臭というと不潔というイメージもあって、体臭軽減のためのお風呂での利用法に焦点を絞って説明してきました。簡単に言うと食用を湯船に適量入れるだけととても簡単ですし、凝りたいなら重曹なども用意してバスボムを作って利用してもいいかもしれません。市販の粉の入浴剤などを入れれば色付けも可能で、おしゃれな入浴剤として楽しむこともできます。このようにアルカリ性に傾いた肌を弱酸性に戻すために肌に直接使用して体臭を減らすという方法ももちろん効果的です。それ以上に効果を得たいというなら食べるという方法もいいでしょう。
食べることで体臭が減ると考えにくいかもしれませんが、体臭は体から出ている臭いです。もちろん生まれもったものもあるでしょうが、食べ物によって臭いもかなり違ってくるのです。脂っこいものを食べた翌日は肌がべとべとしているでしょう。そうなると臭いも出てくると想像できます。体臭を本気で減らしたいなら、入浴などで肌を清潔に保つのはもちろん、身体の内側から変えていかないといけません。毎日ヘルシーな食生活をおくるのがベストですがなかなかそううまくはいかないでしょう。外食が多いなら定食を選ぶとか、夜はラーメンなどの脂っこいものは控えるなどちょっと気を付けるだけでもいいのです。さらに疲れたら梅干しを食べるなど一工夫するだけで、体の内側からも体臭を防げるかもしれません。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング