開封後の香水の使用期限はどれぐらいなのか知っていますか

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

開封後の香水の使用期限はどれぐらいなのか知っていますか

香水と花

香水を利用されている方はとても多いのですが、意外となあなあになってしまっていることとして、使用期限についてということが挙げられています。
ふと気になったけれど、開封後ってどれぐらい使えるのだろうと気になった方はいませんか。
もちろん香水の匂いはあまり変化が無いように感じるので、何年も前にあけたきがするけれど適当に使っているという方もいるかもしれません。
しかし、ニオイの劣化だけではなく、変色して成分が変化してしまったりすることもありますので、一応知っておくことをおすすめします。
もともと、ニオイをつけたり、自分から香らせるという目的で使うことが多い香水ですが、匂いがかわってしまって、デメリットとなってしまうこともありますし、お肌への影響が気になる場合もあります。
香水のパッケージには、実はあまり使用期限については記載されていないものが多いですし、輸入品などですと、より書かれていないということもありますので、調べてみたいということでこちらにたどり着いた方もいるでしょう。
これを機に、香水は開封後にはどれぐらい使えるのか、また香水の使用期限を過ぎてしまうとどうなってしまうのか、
さらに、開封後の保存方法はどうすればよいかなどを、知っていくことから始めていきましょう。
保存方法一つにしても、少し気を付けるだけで、劣化をできるだけ遅くするということもできますし、まずは実行してみることをおすすめします。

香水にも使用期限があります

一般的に、基礎化粧品、メイク用品などにおいては、未開封の状態であれば、製造から3年間もつといわれています。もちろん無添加のものであったりしますと、それが短くなることもありますので、一概には言えませんが、あくまでも保存料などが入っているものに関しては、3年が目安です。
しかし、開封後となりますとそれは異なります。
お肌に直接使う基礎化粧品であれば3か月と言われています。
香水の場合には、顔に着けるということはありませんし、手首や首元などが多いので、そこまで意識されている方もいないかもしれませんが、一応変化してしまうものですので、知っておいてください。
製造後未開封であれば、こちらも3年ぐらい持ちます。
もちろん保存状態で、直射日光があたってしまっていたりしますと、変色してしまったりすることはあるかもしれません。
また、開封後ですと、1年を目安に使い切るということが理想です。
しかし、1年を過ぎるとすぐに使えなくなってしまうということではないのですが、あくまでも、劣化の無い状態で使える期限ということになりますので、参考にしてみてください。
ちなみに、香水の場合、変色、そしてニオイに変化が出てしまったり、場合によっては、お肌に着けたときに成分の変化によって肌荒れが起きてしまうということも場合によってはあります。
ですから、あまり香水を長期間使っていないという場合には、敏感肌の方は注意しましょう。

香水は開封後どれぐらい使えるか

香水は、ニオイを付ける事を目的として作られているものですので、とても敏感な方ですと、開封後からどんどん劣化していくのを感じてしまう方もいるかもしれません。
やはり、微量であっても空気と触れてしまうことになりますし、開封することによっての変化はしょうがないのです。
しかし、それでも目的として利用することができる期限としては、開封後1年ぐらいといわれています。
あまりパッケージに記載されていないこともあり、何年も何年も前にあけたけれど、色々な種類の香水があり、気分によって使い分けているという場合ですと、使いきれずにいつまでも残っているということもあるかもしれません。
香水の大きさも、ミニボトルから始まり、3~30ミリのもの、また50ミリのもの、たっぷり入っている100ミリのものなど、サイズも豊富にあります。
大体使い切れるぐらいの量の香水の量で購入していくことが大事です。
香水は口にいれるものではありませんし、期限が過ぎて、すぐにその香水が使えなくなるということではありませんし、
一気に変化が起きるというものではありませんが、どうしても劣化は起きてしまいますので、同じ状況で使えるということで考えたときに、1年間ということになります。
まずは、それを知ったうえで、これから使ってみてください。
この香水はいつあけたかということさえ忘れてしまいがちですので、香水トルの目立たないところに日付記入するのもおすすめです。

香水の開封後の保存方法とは

香水は、大体が透明のビンに入っています。
もちろん色がついているビンの物もありますが、カラーであったとしても、プラスチックであったり、アルミなどのケースはほとんどありません。
それは、できるだけ変化を起こさないようにするためです。
しかし、保存状態によっては、劣化を早めてしまうことも可能性としてあります。
その一番の悪い原因として挙げられるのが、直射日光です。
香水も、あたためられることによって、ニオイに変化がおきてしまったり、着色料を使っている場合、
それが変化してしまい、変色が起きてしまうことがあります。
いろが変色してしまったことで、見た目的な変化もありますが、もちろんそれだけではなく、内部でも劣化がおきてしまっていますので、要注意です。
そこで、直射日光を避けて、できるだけ涼しいところに保管をしておくということがやはりベストなのです。
化粧水なども同じなのですが、室温が高いところにはあまり保存しない方が理想的です。
かといって、冷蔵庫に保存をするという必要はありません。
あくまでも常温でよいのです。
また、湿気の無いところの方が良いかも知れません。
ビンにはいっていて、一応密閉されているとはいうものの、スプレータイプでも空気がはいることがありますので、湿度の低い、常温、そして直射日光を避けたところに保存するということが理想的な香水の保存方法ということになりますので、香水を管理される際には参考にしてみましょう。

香水の使用期限を知ってきちんと保存しよう

香水のまとめとして、開封前であれば3年ぐらいもちます。
しかし、開封後には香水が劣化してしまうということがありますので、製造年に関係なく、1年ぐらいで使い切るようにしましょう。
1年過ぎてすぐに使えなくなるわけではありませんが、変色、そしてニオイにも変化が出てきてしまうことがありますし、場合によってはお肌に影響してしまうこともありますので敏感肌の方は特に注意しましょう。
香水の保存方法としては、直射日光を避けて、できるだけ室温の変動が無いところに保存していくようにしましょう。

今まであまり意識せずに、色いろな香水を集めて、コレクションして何年もかけて使っているという方もいるかもしれません。
しかし、もし色々な種類を使い分けしたいということでしたら、使い切れる量の容量の香水を購入するということもおすすめです。
香水の量はすくないものですと、ミニボトルのものもありますし、2~30ミリのものもありますので、
探してみてください。
50ミリや100ミリのものと比較しますと割高になってしまうこともありますが、その分使用期限内で使うことができるというメリットもありますし、使いきれずに捨ててしまうことを考えますと、デメリットもありますので、参考にされてみてください。
見た目的にも劣化すると変色しているのがわかる場合もありますが、やはり開封した日付をボトルに記入しておくと、分かりやすいかと思います。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング