香水を上手くつけるために、危険な部位を知りましょう。

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

香水を上手くつけるために、危険な部位を知りましょう。

犬とシャボン玉

香水をつける部位を意識したことはありますか?
香水にもつけ方があります。人によってつけ方を変えるべき時もありますし、時と場所によってつける部位は選ばなければなりません。
また、香水はつけた本人に一番香ります。そのことを意識してつける部位を選びましょう。
まず、あなたが電車に乗ったり、エレベーターに乗ったりと満員で密室の場所によく行くのであれば、耳の後ろにつけるのは危険でしょう。薄くつけた程度であっても、近い人にはよく匂いが届くでしょうから、不快に思われてしまうかもしれません。
あなたが好きな香水の香りが、誰もが好きなわけではないと言うことを念頭に置いておきましょう。そして、あなたの嫌いな香りがきつく香ったらどう感じるか、よく考えてください。
また、体の前面や胸の間に香水をつけるのも危険と言えるでしょう。前面ということはあなたが一番その匂いを嗅ぐのです。何時間も同じ香りを嗅ぎ続けていたら、鼻が麻痺してしまうこともあります。人によっては頭痛をもよおすこともあるでしょう。
また、接客業などの人と接する仕事を行う時にはなるべく上半身は避けましょう。匂いは好き嫌いが分かれますし、好きな匂いだったとしてもあまり濃いものは好まれません。匂いの距離が近いと、薄くつけたつもりでも濃い香りになってしまいます。なので、上半身ではなく下半身、につけるようにした方が良いでしょう。
香水はつけ方によって逆効果になります。危険な部位を知り、しっかりと気をつけましょう。

付ける場所とその量は?

香水をつける場所をご存知ですか?
香水はどこにでも付ければいいというわけではありません。まずはつける場所を知りましょう。
最初に、何を置いても清潔な場所につけましょう。汗をかいている場所は避け、汗をかきにくい場所につけましょう。汗の匂いと混ざってしまうと、せっかくの香水の香りが残念なことになりますので危険です。
香水は体温の高いところにつけましょう。温めることでよく香り、また香りが丸くなります。
匂いは下から上へ香りますから、わざわざ上に付ける必要はありません。もちろん、上につけることも良いのですが、多量につけるのは危険なので避けましょう。
多く付けてしまうのなら、足首に付けるのをお勧めします。足首なら多少多く付けすぎたとしても距離がありますし、靴下や靴などで遮られるので程よく香りが薄められます。
上半身の上の方につけるのでしたら、肩がお勧めです。もちろん、多く付けすぎてはいけません。
手首の内側も良いですが、こちらはごく少量、空中にワンプッシュしそこをくぐらせる程度がちょうど良いです。
肘の内側は汗をかきにくいのでお勧めです。
膝裏は初心者にぴったりの部位です。下の方ですから強く香ることがありません。香りは下から上へと香りますから、まったくわからないわけでもありません。程よく香るでしょう。
どこに付けるにしても、付ける量はしっかりと気をつけ自分ももちろん、周りの方の迷惑にもならない場所を選びましょう。

効果的な部位につけましょう

香水は適当な場所に付けるのではいけません。香水も化粧品と同じように、大体の付けるべき場所があります。もちろん、化粧品よりも自由度が高く工夫によって様々な使い方がありますが。
また、香水にも種類があります。香りの種類ではなく、エタノール濃度の違いによってわかられた種類です。種類ごとに持続時間が変わり、付け方に間違いがあります。香水、と一口に言ってもなかなか奥が深いんです。
香水の香りを上品に香らせたいならば、下半身に付けるべきです。上半身でも構わないのですが、やはり上半身だと香り方が濃いことが多いのです。ですから、量に留意しなければなりません。
下半身ならば距離を取れる分多少多くとも大丈夫であることもあります。
上半身ならば、耳の後ろやうなじです。ですが、耳の後ろに付けるのは欧米でハグの習慣があることからつけられるようになったのだとか。日本にはその習慣がありませんので、あまり効果的とは言えないでしょう。
また、直射日光は避けた方がいいため髪の短い方は耳の後ろやうなじはやめておくべきです。
腰から下は上品に香るので、お勧めです。内腿は体温が高いため、香水の香りがよく香ります。
そして、膝裏の静脈の上に付けるのが良いです。
どの部位にも言えることですが、肌の弱い方はどこに付けるにしても気をつけましょう。せっかく香り美人になっても、自分の肌が荒れてしまってはいけません。それは辛いことです。
特に弱い部分は避け、自分にあった部位を見つけましょう。

ここは絶対に避けましょう

香水はどこにでも付ければ良いというわけではありません。そして、避けた方が良い場所というものもあることを知りましょう。香水はつけ方によって使用者自身が香りに酔ってしまったり、周りの方の気分を悪くすることがあり危険です。
避けた方が良い場所は避け、香り美人を目指しましょう。
まず、脇の下はやめましょう。汗をかきやすいので香水が流れてしまうこともありますし、汗の匂いと混じることもあります。せっかくの良い香りも汗の匂いと混ざってしまったら台無しです。
脇の下につけるなら、手首の内側や肘の内側につけるべきです。
足の裏もやめましょう。脇の下同様汗をかきますし、靴下や靴に遮られて香りがわかりません。また、脇以上に空気が困ってしまうのでとても危険です。
香水の重ね付けも出来れば避けた方が良いです。香水に詳しい方ならば良いのですが、重ね付けをすることで重ねた香水の良い香りを全て乱してしまうことがあります。
朝につけたら午後には香りが消えているから大丈夫、ということはありません。薄くつけたのなら消えているかもしれませんが、その香りに慣れてしまったか、嗅覚が麻痺してしまいその香りを感じていないだけかもしれません。
せっかく良い香水をつけても、他の香りと混ざってしまったら良い香りとは言えなくなってしまうこともあります。もちろん、重ね付けをしたら良い香りのものもありますから、まずは単体で楽しんでから重ね付けをするのも良いかもしれません。

正しく付けて香り美人に

香水をつけるのは、お化粧感覚で出来てしまうことです。ですが、香りは視覚ではなく嗅覚に影響を及ぼすものです。そして、自分自身にも他人にも影響を与えます。
ふわっと香り、思わず振り向いてしまいたくなるような香り美人を目指しましょう。すれ違った人全員に不快な思いをさせるような付け方は避けましょう。
場所と時を考えて、満員電車や密室となるエレベーターに頻繁に乗るようであれば上の方に付けるのはやめ、下の方につけましょう。そして、少量を意識しましょう。
つけているあなたからすれば香っているのか不安に思うかもしれません。ですが、多量につけてしまっては逆効果になってしまいます。そして、自分自身が香りに酔ってしまう程であればそれはとてもきついことでしょう。
そして、汗をかきやすい場所を避け、香水が他の香りと混ざらず香水本来の良い香りを楽しめるようにしましょう。香水の良さを消してしまうことのないように、意識しましょう。
香水を自身につけることに抵抗があるのであれば、ハンカチにワンプッシュしてポケットに入れておくのも良いかもしれません。香水はつけ方が決まった化粧品とは違うので、様々な付け方があります。ただ、一つ注意しておきたいのは香水にはエタノールが含まれており、ハンカチなどにつけた場合シミになる可能性があります。
あまりきつい匂いが得意でないのなら、足の方に付けるようにします。多量につけてしまう場合でも、足首なら安心です。場所によって香りの濃さが変化するのも香水ならではのことですね。
いろんな付け方を模索し、香り美人を目指してください。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング