香水で体臭を誤魔化すことや消すことはできないので辞める

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

香水で体臭を誤魔化すことや消すことはできないので辞める

手を繋いでいる男女

基本的に、何かの臭いを何かで紛らわせるという発想は辞めた方が良いです。匂いというのは相殺することはなくて、足し算的な臭いになります。つまり、体臭の上に香水を掛けると臭いを消すのではなく、体臭と香水が合わさった臭いになります。これは誤魔化すことにもなりません。体臭と香水の匂いが混ざることは必ずしも悪いことではないのですが、体臭を消すということや、誤魔化すという目的では香水を使用しない方が良いということです。特に強い臭いに香水が合わさるときつい臭いになる場合が多いので、香水は少量ということを意識する必要があります。女性の場合は一般的に香水を利用する人が多いですが、男性はそれほど多くはありません。もちろん少ないとは言ってもそれなりにはいるのですが、香水を使う男性はどちらかというと少数派になるというくらいの割合でしょう。香水を使う人が圧倒的に少数派ということではなく、やや少数派ということです。最近は性が多様化しているのですが、男性の体で香水を使用している人には内面は女性的な人が多いかもしれません。体は男性心は女性というタイプの人の場合は、むしろ香水の利用率はかなり高いでしょう。そういった状況なのですが、いずれにしても体臭を誤魔化すためや消すために香水を使用しているのではなく、あくまでも香水の匂いそのものを楽しむということになります。そして、重要なことは、香水はつけすぎないことです。

香水には消臭作用はない

上述の通り、香水というのはにおいをプラスするものです。何かの臭いをマイナスするものではありません。なので、体臭と香水を足すイメージになるでしょう。香水の量を多くしたいのであれば、むしろ体臭は薄い方が良いくらいです。体の臭いも強いのに、香水のにおいも強いということになれば、匂いとしてはかなり厳しいものになるでしょう。女性の場合は香水が許容される場合が多いのでいろいろな種類があるのですが、男性の場合は、男性の香水が苦手という人も案外多いです。なので、なるべく自然な香りになる方が良いでしょう。香水を付けているか付けていないか微妙というくらいでちょうど良いです。なので自分ではしばらくすれば匂いがまったくわからない程度と言えるでしょう。香水の匂いも他の匂いにしても同じですが、匂いというのは慣れます。特に自分の体についているのであれば、しばらくすれば麻痺するでしょう。なのですが、他人にはわかります。ここでギャップが生じてしまい、自分では香水の匂いがしないと思ってつけすぎてしまうということになりがちなのです。他人の匂いというのはなかなか指摘しにくいものなので、気付かづにそのままという人も多いでしょう。毎日香水を付けすぎて匂いがきついというのはかなり残念な状態で、わざわざお金と手間を掛けて自分の匂いを悪くしているということになります。特に加齢臭を消すために掛け過ぎるというのは危険です。

香水のマナーとはどのようなものか

香水のマナーというのは、基本的には上述の通りつけすぎないということです。匂いは足し算になるので、消すことや誤魔化すことは不可能で、きつい匂いに進化していくだけになります。何事も誤魔化すのは良くないということで、それは匂いに関しても同じことになります。誤魔化すことなく正々堂々と匂いに向き合うということが重要です。お風呂で清潔にしていれば、多少汗の臭いがするというようなことは仕方がないでしょう。普段からお風呂に入るというように清潔にするということや、食生活や運動に気を遣うことによって臭いを改善するということになります。香水はあくまでも匂いをプラスするために使用するということになります。運動は特に重要で、代謝や血流を高めるということや、汗をかくということが必要です。代謝や血流を高めるには無酸素運動である筋トレなどが有効で、汗をかくには有酸素運動が有効でしょう。どちらも重要なのですが、特に無酸素運動で筋肉を付けるということは体臭の改善にもかなり役立ちます。汗をかくということに注目されがちですが、体の代謝や血流を高めるということは匂いの改善にかなり役立つということになります。逆に筋肉が落ちると内臓や皮膚の働きも落ちていきます。体の筋肉も機能も落ちて年齢を重ねると体臭もきつくなっていくので、筋肉を鍛えることで健康にするということになります。健康な体よりも不健康な体は匂いやすいです。

体臭を多少外部から改善する方法

デオドラント製品などは汗の臭いを改善する効果や、そもそもの汗を抑える効果があります。汗腺を物理的にふさぐという効果があるのですが、これはあまり体に良くない点もあります。汗というのは体外に老廃物を出す目的もあるので、それをふさぐというのは体に老廃物をため込むというものになります。デオドラント製品は使わない方が良いというわけではないのですが、必要なときだけにして使用頻度は少なめにした方が良いでしょう。また匂いに関しても付けすぎると逆にきつい匂になるということです。人間はやはり自然な臭いを好むので、自然に良い匂いになるように心がけるのが良いでしょう。その方法というのは食生活などの生活面や、石鹸で体を洗うというようなことです。最近は湯シャンなどのように、石鹸を使わないでお湯だけで体を洗うというのが流行っているのですが、これは体質によります。皮脂の分泌が活発で、乾燥がないのであれば、石鹸は使用した方が良いでしょう。逆に、皮脂が少なくて乾燥しているという場合や、皮脂は多いけれども乾燥に対する肌の作用として皮脂の分泌が過剰になっているという場合には、石鹸の使用はしない方が良いという場合もあります。少なくとも、体臭に悩むということは皮脂の分泌も活発な場合が多いでしょう。しかし汗や皮脂の働きが良いというのは悪いことではないので、上述の通り運動などで体の機能を高めるということです。

香水や体臭に関してどうするか

まずは食生活の改善や、お風呂で清潔にするということで、匂いを改善します。そして、運動が重要で、無酸素運動で体の機能を高め、有酸素運動で汗をかくというのが健康にも効果的で、健康になるということは匂いの改善に役立つということになります。健康体は良い匂いがするのですが、それは内臓や肌の活動が活発だからです。逆にそれらの機能が落ちてくると体臭の原因になるということです。特に年齢を重ねると、筋肉も落ちて体の活動が弱まって匂いも溜まってくるようになりがちです。しかし、逆に運動によって体の機能を高めていけば、健康になり、臭くならないでしょう。有酸素運動で汗をかけば良いと考える人も多いのですが、それだけでなく無酸素運動によって体の機能そのものを高めた方が良いでしょう。太り過ぎも痩せすぎも良くないので、筋肉が付いていて、脂肪が適度に乗っているくらいの体にすれば男女ともに匂いの面でもメリットがあります。匂いと運動の関係性に無頓着な人が多いのですが、実際はかなり大きく関係します。なので運動はした方が良いということになるのです。そして、それらをしたうえで、匂いをプラスする際に香水を使用します。体臭がきついのに香水を混ぜると変なにおいになるので、まずは不快なにおいの原因を取り除き、そして香水で好きな臭いをプラスするということになります。香水はつけすぎは良くないということなので、適度にします。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング