気になる口臭の原因は舌苔の汚れ?汚れを取るグッズとは

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

気になる口臭の原因は舌苔の汚れ?汚れを取るグッズとは

食べ物を食べようとしている人

人と話をしていて気にすることと言えば、一番は話の内容であるかと思いますけれども、二番目ぐらいには口臭が挙げられるのではないでしょうか。
口臭は人から言われなければなかなか気づけないものです。
その理由の一つに、嗅ぎなれている臭いだからというのがあります。
例えば、友達の家に招かれた場合、その家特有の匂いが感じられることはないでしょうか。
その友達はきっと自分の家を無臭だと思っているはずです。それと同じように、あなた自身の部屋も何の匂いも感じないのではないでしょうか。
これは嗅ぎなれた臭いを無臭であると脳が補正しているから起きることであって、同じようなことが口臭でも起きているのです。
ですが、人から口臭を指摘されるのは、なんともショックなことですよね。
笑って話を聞いてくれた相手が実は気を遣って笑ってくれていた思うと、やるせない気持ちになるのも仕方のないことです。
出来れば指摘されたくはない口臭ですが、指摘されないようにするには口臭をなくするしかありません。
つまり、口臭を予防しようということで、指摘される前に改善、あるいは口臭が発生する前に種を摘んでおこうというわけなのです。
しかし、口臭の予防など可能なのでしょうか。
実は口臭も風の予防で手洗いうがいをするように、あるグッズを利用することで簡単に予防することが可能です。
それに加えて、予防だけではなく、今現在口臭に悩まされている人にも効果が見込まれるかもしれません。

舌にある舌苔とは一体何?

口臭予防、改善の話題では必ずと言ってよいほど出てくるこの単語。
漢字を見て考えれば舌にあることは間違いなさそうですが、どの部分にあるものなのか、わからない方も多いかもしれません。
鏡の前で舌を大きく地面に向かって出してみてください。
すると、舌の真ん中から奥の表面に白く広がっている部分があると思いますけれども、これが舌苔と呼ばれているものです。
これは、実は人間の器官ではなく、白いものは食べかすや細菌の死骸が舌の表皮に溜まったもので、つまるところ食べかすや細菌が舌の上に蓄積して白くなったものをこのように呼んでいます。
一般的に人の器官の一つとして数えられがちですが、その実態は食べかすですので、覚えておくと良いかもしれません。
ではどうして舌ばかりに細菌の死骸や汚れ、食べかすなどが蓄積してこのように言われるまでになってしまうのでしょうか。
それには舌の構造が関係しているようです。
舌の表面は非常にでこぼこした形をしています。
でこぼことして、飛び出た部分に味蕾という味覚を感じる器官が備わっており、味蕾がたくさんあることによって人は複雑な5味を感じることが出来ます。
その弊害としてあるのが舌苔の形成というわけで、味蕾がたくさんあることによって出来たへこみの部分に食べかすが蓄積していき、白い舌苔が大きく出来てしまうのです。
そしてこの溜まった食べかすや細菌の死骸などが、実は口臭の原因として悪さをしているかもしれません。

なぜ舌苔が口臭を発生させるのか

舌苔は人体の舌の構造上、少なからず形成されてしまうものですが、ではなぜ口臭のある人や無い人がいたり、どうして舌苔そのものが口臭の原因となってしまうのでしょうか。
まず、臭い発生のメカニズムについて見ていきましょう。
舌の表面に蓄積された食べかすや老廃物、細菌の死骸などは、実は放置していれば何十年も蓄積したままと言うわけではなく、人体における新陳代謝によってある程度排出されるものです。
しかし、新陳代謝の代謝量が少なくなると、その分だけ食べかすや老廃物の排出も舌の上からされなくなります。
臭いの発生源というのは、溜まった食べかすなどが腐敗することによってできた硫化水素やメチルメルカプタンで、つまり長い間舌の上に放置されることによって腐敗が進行、そして臭いを発生させているのです。
これが臭いを発生させている主な原因の一つですが、実はまだ意外と知られていない隠された原因もあります。
それは、歯周病が由来している口臭です。
一見舌苔と関係していない部類の口臭であるように見られるかもしれませんが、そこが意外な落とし穴となっています。
上記では腐敗することによって硫化水素やメチルメルカプタンが発生すると述べました。
ここで関わってくるのはメチルメルカプタンで、これが歯周病の発生に大きく関わっているのです。
硫化水素は臭いを発生するだけでそれだけなのですが、このメチルメルカプタンという成分は歯そのものを蝕み、歯周病を発生させます。
舌苔はただの細菌や食べかすだなどと決して侮ってはいけないものなのです。

舌苔を取るためには?

舌苔は一時期すべて取るべきとされていたこともありましたが、現在では生理的に発生するという面も加味して完全に取ることはなくなりました。
舌の表皮は非常に敏感で、例えば空気中に数秒晒されているだけで表面が白く変色してしまいます。
歯ブラシなどでゴシゴシと強引に取り除こうとすれば舌の表面はぼろぼろになってしまい、最悪の場合味覚にまで影響を与えてしまうこともあるのです。
では口臭の発生は我慢して、なにもせずにいるのが良いのかと言われればそうとはいえません。
前述でも簡単に述べましたが、新陳代謝が正常に働いていれば舌苔の発生は一定範囲で抑えられるものであって、逆に体質によって代謝があまり良くない方では発生は止まることなく行われます。
そういった方が症状として口臭に悩まされることになり、この場合は外部から取る必要があるのです。
けれども歯ブラシで取ることが出来ないとすればどのようにして取れば良いのでしょうか。
ここで登場する非常に便利なグッズが舌専用のクリーナーです。
歯ブラシではブラシが硬すぎて舌が傷ついてしまい、満足に取ることができませんが、専用クリーナーならば舌に合わせた柔らかい素材で舌を傷つけず、手軽に取ることが可能です。
歯ブラシで歯を磨くように同じタイミングで舌をクリーニングする習慣を付ければ、それだけで口臭予防にもなるはずです。
また、専用クリーナーでは取り除きすぎというのも心配しなくて良いのがメリットと言えます。
口臭というのは舌苔の取り除きすぎも関係していると言われていますので、その点も安心して利用することができるのではないでしょうか。

口臭には便利グッズな専用クリーナを

口臭の原因は様々ですが、多くの人に当てはまると言われているのが今回紹介した舌苔から発生する口臭です。
これが由来する口臭はあまり臭いが強くないので、自分でも他人から指摘されなければわからないという非常に厄介なものでした。
発生のメカニズムとして挙げられるのが新陳代謝の低下による食べかすや老廃物の蓄積で、長い間蓄積されることによって腐敗が進行し、硫化水素、メチルメルカプタンなどの臭い成分を発生させます。
これらは体質によっては生理的に確実に蓄積し、口臭を発生させてしまうものですので、こういったケースの場合は外部から取り除かなければなりません。
そして、舌苔を取り除くのに一番最適なものが舌専用のクリーナーというわけなのです。
忙しい生活の中でも、歯ブラシと一緒に専用クリーナーを常備しておけば、多少の口臭予防の意識を持っておくだけで簡単に習慣とすることができます。
口洗浄液など、口臭対策グッズも多々ありますが、洗浄液程度では気休め程度にしか効果はなく、その効果もあまり持続しないようです。
そのような中で、舌クリーナーは対策グッズのなかで最も効果が感じられる部類に入るはずです。
なにせ直接原因を取り除くのですから、効果が無いわけがありません。
また、舌の汚れは口臭だけではなく歯周病にも繋がる可能性があります。
歯周病を防ぐためにも、こうしたクリーナーなど専用のグッズを用いて、習慣づけした対策をすることをおすすめします。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング