ホワイトニングをする事で口臭を抑制できる効果もあります

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ホワイトニングをする事で口臭を抑制できる効果もあります

歯ブラシとレモン

ホワイトニングとは、文字通り歯を白くする事です。その方法には、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、セルフホワイトニングとあり、白くする範囲が異なりますが、全て歯の表面にあるエナメル質を磨き、汚れを取って、歯が持つ本来の白さを出すところは同じです。歯を白くするのは見た目の清潔さが一番ですが、実は健康にも一役かっています。歯も肌と同じように艶が出るのは呼吸によって老廃物に抵抗しているからであり、くすんで来るとその抵抗力も弱ってきます。汚れがあると歯の強度も弱くなるのです。そして、弱くなった部分には汚れが溜まりやすくなり、それも口臭の原因の1つであり、ホワイトニングによって口臭を抑制する効果がある事が分かります。しかしながら、口臭には様々な原因がある為、ホワイトニングだけで、全ての口臭がなくなるわけでは無いことは覚えておく必要があるでしょう。主要な目的は歯を白くする事であって、口臭を除去する事ではありませんので。歯を白くする事によって、一部の口臭はなくなる可能性があると言うくらいの認識であれば、ホワイトニングをした結果、大きな効果を得られた事が体感できます。そして、歯に付いている歯垢やエナメル質だけの問題で口臭が発生しているのであれば、その効果は絶大に感じる事ができます。ポイントは全ての口臭を除去できるのではなく、あくまでも口臭を抑制する効果があると言うところです。

口臭予防にも一役買う

口臭を抑制する効果がある事は説明しましたが、歯のエナメル質をキレイにする事で、口臭を抑制できると言う事は、口臭の予防にも一役買います。なぜなら、歯は毎日食物を砕き、そこに歯垢が蓄積して虫歯や歯と歯茎の間に食物が溜まる為、しっかりと噛み、砕く事ができれば歯垢も発生しにくく、歯と歯茎の間にも汚れが溜まりにくくなるからです。エナメル質には本来汚れはつきにくいものです。そこに一旦汚れができると、食べかすやヤニ等が付きやすくなり、歯は弱ります。歯が弱れば更に汚れが付きやすくなると言う悪循環が起こるのです。こうして溜まった汚れ自身が臭いとなって口臭を出しますので、大きな目で見ると、ホワイトニングによって、口臭が予防できると言っても良いでしょう。しかしながら、口臭の原因には歯や歯茎に付いている汚れだけでなく、胃の不調や蓄膿症等もある為、絶対的なものではなく、予防にも一役買うといった認識をしておく事が大切です。そうすれば、もし口臭が良くならない場合は、他の原因である胃の調子や蓄膿に目を向ける事ができます。これも見方を変えれば予防の1つです。このような場合は、先ずはそれぞれ専門とすり病院へ行って、しっかりと検査、診断、治療を行う事ができれば、全ての口臭を予防する効果があると言っても過言ではありません。大切なのはそれぞれの役割と効果をしっかりと知り、認識しておく事で、口臭は完全に除去できると言う事です。

ホワイトニングの方法

一番効果があるのは、何と言ってもオフィスホワイトニングです。これは、歯科医で行いますので、専門医にしかできない、検査や治療を含める事ができますし、アフターケアも万全です。歯を磨いて歯垢を除去すると言う事は、少なからず歯を研磨する為、やり過ぎれば神経を傷つけたり、様々な問題が発生する可能性があります。もし万が一と言う事態が起きても、対処できるのがこの方法です。次はホームホワイトニングです。これは自宅で行いますが、基本的には歯科医での診療、治療後に歯科医の指導の下で行いますので、比較的安心できる方法です。しかし、専門医が行う場合に比べて、質が落ちることは否めません。要は気軽にできると言う、簡便さを重視するのがこの方法になります。最後はセルフホワイトニングになります。この方法には、エステで行うものと、完全に自己責任で自宅で行う方法とありますが、どちらにおいても歯の表面だけであればキレイにできる可能性はありますが、あくまでも全て自己責任ですので、充分に理解して行う必要があります。言い換えると、自己責任と言う認識を持ってさえいれば、手軽にいつでも、安価でできるのが一番の特徴です。このような、様々な方法がありますが、基本的には歯のエナメル質をキレイにし、本来その人がもっていた歯の白さを取り戻す方法です。効果は人によりますが、歯磨き粉でも、それを主眼としたものがたくさん販売されていますので、気になる方は試されてみると良いでしょう。

エステサロンでのホワイトニング

前述したように、サロンで行う場合も基本的には自己責任となります。歯自体に薬を貼付できるのは、歯科衛生士、歯科医師、医師、そして本人自身だけです。それ以外の人が行うと医事法違反に抵触する可能性が出てきます。従って、サロンでも歯自体に薬を貼付する場合は、自分で行う事になります。その為、サロンで行う利点は自分ではやりにくい部分を丁寧に磨いてもらえるといったところでしょうか。実際に家で自分だけでやろうと思うと、時間が経つに連れて面倒になり、徐々にやらなくなる人が大半です。他方で、歯科医に行くとなると、待ち時間があったり、予約が大変だったりで敬遠しがちとなります。これらを加味すると、サロンでは電話一本でできるかできないかが分かり、大半の作業を代行してくれる為、気持ちの上での手軽さや継続しやすさでは抜群の利点があります。一番は肌の手入れと並行して行ったり、ネイルと並行して行う事で、時間の節約にもなり、誰かにしてもらえると言う自尊心の効用にも一役買っている為、歯自体がスッキリしてキレイになるだけでなく、心もスッキリして、その後の活動のモチベーション向上にも繋がるのです。こうして考えると、自己責任と言う観点と比較した際の費用の高さはあるものの、それに見合うだけのものを提示してくれるのもサロンで行う利点となります。様々な方法があると言う事は様々な選択肢があると考えれば、自分に一番合う方法を考える為の選択肢の1つとして、一考の価値があるでしょう。

口臭抑制を主体とするか

“以上述べてきたように、ホワイトニングの口臭抑制効果はあります。しかしながら、限定的な口臭対策の1つですので、あくまでも口臭予防と口臭抑制という気持ちである必要があります。そして口臭抑制しても効果が認められなければ、他の原因が関与している可能性が高く、美容に留意する事で、病気になる前の微妙な身体や臓器のバランスの不具合も察知できます。こう考えると口臭抑制効果よりも健康維持の為に大きく寄与している事が分かります。そして、場所や方法については主に三種類ありますが、一番大切なのは定期的に継続できる方法を選択できる事であり、その点については選択肢が充実していると言っても良いでしょう。人によって、時間と場所には制限があります。その制限の中を最大限有効活用できれば、定期的に継続できる可能性が高まり、習慣化してしまえば、歯と歯茎に関しての健康維持、美容管理は完璧なものとなります。このように、様々な効果があり、多くの選択肢がありますので、初めての人でも気負いなく経験してください。わずかな事であっても継続することで、将来の健康にまで大きな影響を及ぼします。コツコツと続けて積み上げていく事こそが、美容でも、そして健康でも大切な事となっています。そして、それらで対処出来ていないと感じるようであれば、迷わず、直ぐに病院を受診して検査や診断、治療を行ってください。病気は専門家に任せるのが一番です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング