口臭対策の口腔洗浄器を特徴を検討しながらおすすめします

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

口臭対策の口腔洗浄器を特徴を検討しながらおすすめします

水をスプーンでかき混ぜる

口臭対策には歯磨きが何よりの基本になりますが、最近では口腔洗浄器の利用も注目されています。
歯の奥まで歯ブラシが届かない、磨いているけれどスッキリしないといったトラブルを抱えている方には歯磨きを正しくできていることを前提に口腔洗浄器を使ってみるのもおすすめです。
特徴としては歯間と歯周ポケットをきれいに洗浄できること、水流で歯茎のマッサージを兼ねることができること、歯垢を除去できること、時間が短縮できることなどが挙げられます。
口腔洗浄器の中にはUV紫外線を利用しているものもあり、業務用レベルですから衛生面も安心です。
強度や圧力の調整ができるのはもちろん、イオンでプラークの結合力を弱めて除去するという最先端の技術が駆使されているものもあります。
従来の口腔洗浄器では音が大きすぎたり、振動が気になったりということも指摘されていましたが、最近のマシンは機能性が向上しており、使い勝手がよいものばかりです。
歯を磨いてもスッキリしなかった人や歯茎から血が出たり、歯茎がぶよぶよした感じを気にしていた人にとっては口臭対策としても、爽快感を得るにしてもおすすめです。
汚れや食べかすが目に見えるので、歯磨きだけではケアが不十分なことがよく理解できるようになりますし、歯科クリニックでは歯の状態がよくなったことを褒めてもらえると大評判です。
価格も1万円くらいのものがメインですので、毎日使うこと、歯の健康を考えれば大変お得です。
毎日のケアが気軽にできてこそ口臭予防につながりますし、自分の口臭がケアができている自信が前向きな態度につながります。

口臭対策、口腔洗浄器おすすめ1

リコーエレメックス社のデントレックスの特徴は脈動ジェット水流です。
毎秒約30回という高速高圧水流で、食べかすと歯垢をしっかりと除去してくれます。
歯と歯茎の間、歯と歯肉の間、ブリッジや矯正装置とのすきま、インプラントの歯の周り、歯並びが悪いところなど歯ブラシが届きにくい、磨きにくい部分もきれいに洗浄してくれます。
歯間ポケットには付属のブラシノズルを使うことで微振動でさっぱりと洗い上げてくれます。
水圧の調整は回転ボタンでできますし、水量タンクは途中で水を足さなくても十分対応できます。
水量タンクは使い終わったら逆さまにして蓋ケースとしての利用もできるため、スペースを取らずにすみますし、すっきりとした外観になります。
電源スイッチもボタン一つですので高齢者の方にもお子様にも使いやすいのが特徴です。
ノズルなどの交換部品も単品で購入できるので、長く愛用できます。
電気のコードも底に収納できるようになっていますので使うときだけ出巣ことができます。
食べかすがとれるのが目に見えるので楽しい気分でケアができると口コミでも評判です。
水圧の調整に慣れるまでには多少時間がかかるという口コミが多いですが、数年に渡り愛用し、部品を交換しながら、本体を買い替えながら使っている人が多いことでもマシンとしてかなり有能であることがわかります。
使用後の爽快感がクセになってしまうので、このマシンを使わないと眠れないという方も多いほどの人気です。
口臭対策にもなり、スペシャルケアが普段のケアになることから、歯と歯ぐきの健康を取り戻せるようになります。
ガムやタブレットで口臭対策をしていた方も、口臭が気にならなくなってくるのがわかるようになり、口腔環境を整えることが口臭対策になるということが理解できますので、お手入れにも力が入ります。

口臭対策、口腔洗浄器おすすめ2

ウオーターピックウルトラジェットは口腔内を直接洗浄できるため、1本1本の歯をケアすることができること、毎分1200回のパルス水流で水圧と浸透によって歯と歯茎を徹底洗浄してくれるところが特徴です。
歯に付着した細菌を除去するために付属品のピックなどが6種類も用意されていますので、口臭が気になって仕方がなかった人でもピックをいろいろ試してみると歯がさっぱりして口臭が気にならなくなります。
歯の汚れ、細菌をさっぱりと洗い上げてくれますから、口臭対策もばっちりです。
溝や境目、インプラントなどの周りなど歯ブラシの届かな部分、洗い残しが心配される部分をきれいにしてくれます。
タンクリーナーもついており、舌のケアもできますので口臭対策に効果的です。
矯正部分の洗浄ケアをしてくれる付属品ソフトなタッチになっていたり、ジェット水流とブラシを同時に利用できる付属品があったりして、それぞれの特徴を活かしながら利用すると口のケアがたのしくなります。
付属品のチップは蓋の部分に収納できるようになっていますので、使うときだけ取り出すことができ、コンパクト収納が可能です。
水圧の調整は10段階から選ぶことができるようになっているのも特徴です。
ノズルから断続してジェット水圧が噴射されますので、ブリッジなどの段差があるところや歯と歯の間の汚れまできれいに落としてくれます。
チップは単品で購入できますから、買い替えが可能です。
顎関節症などで口が開けられない方でも簡単に操作することができ、口の中をさっぱりさせることができます。
10年、20年と継続利用している方が多いのも特徴で、タンク1杯の水がなくなったら終了という使い方ができ、5分から15分ほどの所要時間ですので忙しい時にも便利です。

口臭対策、口腔洗浄器おすすめ3

パナソニックジェットウオッシャーは乾電池式でコードレス収納ができ、電動歯ブラシと同じくらいのサイズですので外出先でも気軽に利用できるのが特徴です。
ジェット水流で歯の汚れを取り除き、口腔環境をすっきりさせてくれますので口臭対策にもおすすめです。
外出先でも口臭が気になったら、すぐに歯磨きをすればいいので便利です。
替えブラシも販売されていますので長く利用できますし、電池は1ヶ月程度持ちますから、交換の手間も気になりません。
ジェット水流の水圧は強弱の2段階になりますので、物足りなく感じる方も多いですが、弱でもかなりの水圧になっていますのでしっかりと歯をケアできます。
防水なのでお風呂でも気軽に利用できますし、出張や旅行でも習慣のケアを途切らせることなく利用できます。
軽いので使いやすいですし、水圧もビートを刻むように変わるので変化をつけられます。
電池がなくなってくると水圧が落ちますから、すぐにわかります。
毎日使わなくても、きちんとブラッシングをしている人なら週に1回のスペシャルケアとして利用するのもおすすめです。
口臭が気になる方は持ち歩いて普段使いするのがおすすめです。
口臭対策が気軽にできて、コンセントもコードも不要というシンプル設計を希望される方には願っても無いアイテムです。
お値段も五千円程度と電動歯ブラシとほぼ同等ですから、手に入れやすいところもメリットです。
電動歯ブラシを使っているように見えるので口臭対策に使っているとは思われないナチュラルさもおすすめです。

口臭対策によい口腔洗浄器とは

ウオーターピックと呼ばれ、フロスや電動歯ブラシの代用になるといわれて人気の口腔洗浄器はいまではさまざまな種類が販売されており、大型電器店や通販では気軽に購入できるアイテムとなっています。
食べかすがとれる、歯茎のマッサージができる、口の中がスッキリするという効果が期待でき、イオンやジェットなどハンドでは難しい細かいところまでケアが自宅でもできるというところに安心感があります。
そうはいってもやはり正しい歯ブラシのブラッシングができていてこその口腔洗浄器ですから、まずは歯科医での診察を受け、歯ブラシの使い方を徹底的に学び、マシンを使っていても半年に一度くらいの割合で口腔環境のチェックをしてもらうことが大切です。
自分でケアをしていると思えば思うほど診察が後回しになりますから、口臭がひどくなったり、歯茎が腫れていたり、歯周病が進行していても気がつかなくなるという恐れがあります。
歯磨きと口腔洗浄器のダブル利用で、歯と歯茎の健康を維持することは口臭対策にも効果がありますが、歯並びや口腔環境、疾病による内服薬の利用などがある場合には口臭対策にはならない場合もありますので、きちんと専門医の診察を受けておく必要があります。
就寝前に丁寧にブラッシングをして口腔洗浄器を使えば、翌朝の口の粘つきが気にならなくなりますし、朝からすっきりとした気分で起きられます。
歯にものが挟まりやすい中高年の方には特におすすめです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング