口臭の原因となる歯周病はどのように対処すればいいのか?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

口臭の原因となる歯周病はどのように対処すればいいのか?

ベッドに寝転がる男性

口臭に悩む人は多いのですが、実は口の中は、ものすごく汚いということを知っていますか?

便1gに含まれるバイキンの数と、歯垢1gに含まれるバイキンの数ではどちらが多いと思いますか?

便の方が汚いに決まっている、と思う人が大半でしょう。
しかし、便1gの菌の数は100億~900億ほど、歯垢1gには1000億もの菌がいます。
実はお尻の周りよりも、寝る前にきちんと歯を磨かずに寝て翌朝起きた時の口の中の方が、はるかに汚いのです。
これだけの菌がいれば、口臭になるのも無理のない話です。お目覚めのキスなど、とんでもない事かもしれません。

歯周病になると、歯の周りの組織が炎症を起こして、歯がグラグラになったり、口臭になったりします。
一生のうちに歯周病に罹らない人はほとんどいないくらい、ありふれた病気です。

口臭の原因となる歯周病を予防するには、日々の歯磨きは欠かせません。
しかし、歯磨きで磨き残しが全くない100点満点と言う人は、まず、いません。歯科医や歯科衛生士でも、完璧に磨くことは非常に困難です。
歯磨きだけでは口臭の対処法にはなりません。

市販の洗口液でも歯磨きの補助的な効果しか期待できず、口臭対策は一時しのぎです。

では、口臭の原因となる歯周病を予防するにはどうすれば良いのでしょうか?

それには、やはり定期的にかかりつけの歯医者さんでチェックしてもらうことが必要になります。

あなたの歯磨きの癖をチェックしてもらうことで、磨き残しの多い部分も分ります。歯磨きの際のポイントも分ります。100点は無理だとしても、5点でも10点でも成績をアップすることが大切です。
そして、歯垢や歯石をきれいに取ってもらいましょう。それだけでも口臭がずっと少なくなります。

歯周病を説明できますか?

歯周病と虫歯は別の物です。
虫歯も口臭の原因となりますが、虫歯は、細菌が糖を分解する際に出す酸によって歯が溶けて、穴が空いたりして痛くなるというものです。

虫歯と同様に歯周病も口臭の原因となりますが、こちらは歯周病菌と言う細菌に感染して歯の周りの組織が炎症を起こして破壊される病気です。
進行すると、歯を支えている歯槽骨が溶けて歯がグラグラになったり、歯を抜かざるを得なくなることもあります。口臭もきつくなります。

また、誤って飲み物が肺に入った際に菌も肺に入ってしまうと、それが原因で誤嚥性肺炎になることもあります。お年寄りの場合、この誤嚥性肺炎で命を落とす人も少なくありません。

また、歯茎から出血しやすくなりますが、その傷から菌が血管に入ると、動脈硬化の原因にもなるということも分っています。

そして、歯周病菌は血糖値を下げるインスリンの分泌も悪くするので、糖尿病にも罹りやすくなります。そして逆に糖尿病があると感染力が低下して、歯周病に罹りやすくなると言う面もあるので、きちんと対処することが重要です。

また、妊婦さんもきちんと対処する必要があります。
女性ホルモンをエサにしている菌もいるので、女性ホルモンの分泌が増える妊娠中は、特に要注意です。つわりで嘔吐した後などはそれでなくても口臭になるでしょうから、今まで以上にマウスケアが重要になります。
加えて、早産や低体重児出産のリスクも高まります。

口臭の問題だけではなく全身にも影響を及ぼすこと、自分だけではなく次世代にも影響を及ぼすことをしっかりと認識しましょう。そしてこれらのことを踏まえて、対処しましょう。

なぜ、口臭の原因になるのですか?

歯肉が感染を起こして炎症を起こしているので、歯ぐきが腫れて出血します。
この血のにおいが口臭の原因となります。

また、歯を支えている歯槽骨が溶けるので、これも口臭の原因となります。
カルシウムが溶けてているので、ちょうど牛乳が腐ったときの臭いや、牛乳をこぼして雑巾で拭いた時の牛乳が染み込んだ雑巾のような匂いだと思うと良いでしょう。

言い換えると、歯が腐っているのですから、口臭となるのは普通に考えても、当然と言えば当然です。

もう少し科学的に解説すると、口臭の原因となる物質は、VSCと呼ばれる物質です。硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイトの3種類から成る物質です。
このVSCが気化してガスとなり、口の中で充満して、口臭となっています。

硫化水素はイオウからできた物質です。イオウは卵が腐ったようなあの何とも言えない悪臭で有名ですね。

歯周病の人は、メチルメルカプタンを測定すると、この数値が非常に高いと言う特徴があります。
メチルメチルプタンは、硫化水素よりも強烈な悪臭を放つ物質です。
硫化水素の10分の1~20分の1という極わずかな量で、硫化水素と同等の悪臭を放ちます。

メルカメチルプタンは、膿の中でどんどん増える性質があります。歯肉が腫れて出血すると膿が出ることもありますが、この膿の臭いはメチルメルカプタンの仕業です。

このように、科学的に見てもかなりの悪臭であることは間違いなさそうです。
このようなことにならないように、口臭で悩まなくても良いように、しっかりと対処して予防することが大切です。

歯周病になったらどうすればいいの?

歯周病はならない人の方が少ないくらい、誰でもかかる病気です。
そのため軽く考えて放置しがちですが、口臭などの口の中だけの問題ではないので、気になる症状がある時は歯医者さんに行きましょう。

その際、歯医者さんと受付の人と2人しかスタッフがいないようなところは、歯磨き指導を疎かに考えている可能性が大きいのでNGです。

常勤の歯科衛生士がきちんといる歯医者さんを選びましょう。

歯茎が腫れている、歯ぐきから出血する、口臭があるなどのうちに受診することが大切です。
歯がグラグラしてきてやっと歯医者さんに行く人が多いのですが、あまりにグラグラしている場合は、歯を抜くしかないと言うケースもあります。

歯医者さんになかなか行きたがらない人は、痛いから嫌だ、あの歯を削る音が嫌いだ、という人が多いのですが、今の歯科治療は一昔前と違って極力痛くないように配慮して治療しています。また歯を削るという治療は激減していますし、このような場合に歯を削るということはほとんどないので、その点は安心して受診してください。

症状が軽ければ軽いほど、治療に苦痛を伴うことは少ないので、痛い思いやつらい思いをしたくないのであれば尚更、早く歯医者さんに行くことが大切です。

歯茎が腫れている、赤くなっている、口臭が気になる程度で受診していれば、歯磨き指導やデンタルフロスでのマウスケア、歯石の除去などで、歯を抜かなくてもだんだんと良くなっていきます。

口臭の原因となる歯周病の予防と対処

お口の中が臭くなる原因に、歯周病があります。

歯茎が腫れたり口臭の原因となったり出血するだけではなく、歯を抜かざる負えなくなったり、動脈硬化の原因となったり、糖尿病を招いたり悪化させたり、早産のリスクを上げたりと、全身にも影響を及ぼすことがあります。そして自分自身だけではなく次世代にも影響を及ぼします。

お口の臭いの原因は、VSCという物質で、硫化水素やメチルメルカプタン、ジメチルサルファイトという3つの成分からなります。

硫化水素は、卵の腐ったような臭いで有名なイオウの化合物です。
そしてメチルメルカプタンは硫化水素の約10~20倍の強烈な悪臭を放つ物質です。
これらが口の中で気化されて充満するのですから、口の中が臭くなるのも当然です。

予防するには、まずは歯磨きをしっかりと行うことです。しかし歯科医や歯科衛生士であっても完璧に歯磨きができる人は、まずいません。

やはり時々は、歯医者さんで歯垢や歯石を奇麗に除去してもらうことが大切です。

そのためには、歯科衛生士が常勤している歯医者さんをかかりつけ歯科として持つことが大切なポイントとなります。

そして、歯ぐきが腫れているとか歯茎から出血している、なんだか口臭がする、などの気になる症状がある時は、ためらわずに早く対処すること、かかりつけ歯科を受診することです。

歯がグラグラしてきて初めて歯医者さんを受診したのでは、抜歯するしかないと言うケースもあります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング