口臭対策なら歯間ブラシがおすすめ!特徴を知って正しく使おう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

口臭対策なら歯間ブラシがおすすめ!特徴を知って正しく使おう

ベロ磨きをする女性

これまでも、いろいろな口臭対策をしていたけれど、思うような効果が出ていないということはありませんか。対策が空振りしているのは、根本的な原因を改善できていないことが考えられます。口臭と言っても、いろいろな原因があります。やはり、口の中を清潔に保つことはとても重要です。もしかしたら、口の中の汚れが残っているのかもしれません。
毎日、歯磨きをしていても、正しく歯磨きしている人でも70~80%ほどの汚れが取れるだけです。正しく磨けていない人はもっと汚れが残っています。同じところを重点的に磨いている人が多いので、磨き残しが出てしまうことも珍しくはありません。
特に、歯と歯の間や歯周ポケットには歯磨きだけでは取れない汚れが残りやすいので、これらの汚れを書き取って、口臭予防、改善させましょう。
普通に歯を磨いているだけでは、これらの汚れは簡単には取れません。そこで、歯間ブラシをおすすめします。歯と歯の間を掃除する専用のグッズですので、細長い特徴があります。この特徴のおかげで、歯と歯の間の汚れを取り除くことができます。歯ブラシや歯磨き粉だけでは落ちなかった汚れを落とせますから、口の中を清潔に保ちやすくなり、口臭を予防、改善できるというわけです。健康的なので、病気が原因とは思えず、ずっといろいろな対策をしてきたのに、どうして口臭が改善しなかったのだろうと思っていた人は、歯と歯の間の汚れが残っているのかもしれません。

自分の歯に合っているものを

おすすめの歯間ブラシは、自分の歯に合っていることです。実は、サイズがいろいろとあります。メーカーによってもサイズに違いがあります。自分の歯と歯の間隔があいていると思っているのならば、あまり細くはないほうが良いでしょう。太めのサイズを選んで使ってみてください。そうすると、歯と歯の間の汚れをかきとりやすくなります。
歯と歯の間があまり広くはないのならば、普通サイズを使ってみましょう。最も多くの人が利用している普通サイズは、幅広い人に利用されています。隙間があきすぎず、狭すぎないくらいの人を対象にサイズが決められていますので、ごく一般的なサイズと言っても良いのではないでしょうか。自分でもそれほど歯と歯の間隔があいていないなどと感じているのならば、普通サイズにしましょう。
歯と歯の間隔が明らかに狭く、ぴったりとくっついているような感じがするのならば、細いタイプが良いです。細さもメーカーによっては極細タイプというようにかなり細い歯間ブラシを用意していることもあるので、相当歯と歯の間が狭いなら、極細タイプがおすすめです。とにかく細いので、かなり狭い隙間であっても入ってくれます。意外と歯と歯の間が狭い人のほうが、お手入れがしにくいので、大変でしょうし、口臭で嫌な思いをしているかもしれません。このように、太さのバリエーションが多いので、大きな量販店や歯科医院、通販サイトなどで購入できます。

奥歯の汚れまで取り除く

歯間ブラシと言ってもそれぞれ特徴が違いますので、特徴を知った上で選ぶことがポイントです。前歯ならば、持ち手が短くても良いです。むしろ、持ち手が短いほうが前歯のお手入れがしやすいくらいでしょう。しかし、奥歯もお手入れしたいと思いませんか。口臭の元になっているのが奥歯の隙間に詰まっているカスかもしれません。
歯間ブラシと言っても、持ち手の長さは短いものばかりではありません。持ち手が長い特徴がある歯間ブラシもありますので、奥歯用に1本持っておくと便利でしょう。奥歯でしっかりと食べ物をかみ砕いていますので、奥歯のほうがよく物がつまってしまう人もいます。だから、奥歯のケアは前歯以上に気を付けたほうが良いかもしれません。
持ち手が長く、歯ブラシ並みに長いほうが奥歯まで汚れが取れるのでおすすめです。楽に奥歯の汚れを落とせますから、気になる口臭対策にも良いかもしれません。持ち手が長いと、前歯のお手入れが大変かというと、意外と短く持つだけで済むでしょうから、前歯のお手入れも問題ないはずです。
持ち手が長い歯間ブラシはいくつものメーカーで販売されています。だから、きっとドラッグストアやスーパーなどで手軽に購入できるでしょう。これまで、ずっと奥歯のお手入れで悩んでいる人にとっても各段にお手入れしやすくなるかもしれません。持ち手が長い分、多少値段が高くなりがちですが、使いやすいと思ったら手放せなくなるでしょう。

歯茎のために柔らかめを

歯茎の状態があまり良くないのならば、なるべく柔らかい素材を使った歯間ブラシで口臭予防、改善しましょう。
お手入れをしている最中に、歯茎に歯間ブラシが強めに当たってしまうことまで考えて素材で選んでみてください。きっと、もう歯茎を傷めることもなくなるでしょうし、快適に口臭予防や改善できるはずです。
柔らかい素材であっても、口臭の元となる歯垢を落とすことはできます。もちろん、歯と歯の間に入りますし、歯周ポケットの中の汚れもかきだして、口臭をなくしてくれるでしょう。ゴムなどの柔らかく、弾力性がある素材を使って、しっかりと歯垢を落としてくれます。
柔らかい素材を使っているタイプは、かなり普及されていますので、近所のドラッグストアやスーパーなどでも手軽に購入できるでしょう。価格も安めですから、初めて使う人にも良いかもしれません。
口臭の元でもある歯垢を取ってくれるのはありがたいことですが、それだけ汚れやすいアイテムでもあります。しっかりと使用後は洗うことをおすすめします。できれば、除菌・殺菌してくれるマシンを購入して、使用後は毎回、除菌や殺菌したほうが良いです。1回使い切りではありませんので、お手入れもきちんとしましょう。お手入れが不十分な場合は、かえって菌が繁殖してしまいますから、余計に口臭がきつくなるかもしれません。口臭対策にと思ってしたことが裏目にならないようにするためにも、お手入れが大事です。

口臭は自分の手で撃退しよう

口臭が気になっている人が多い時代です。また、口の中には意外と汚れが残っているとも言われています。歯ブラシを使った歯磨きだけでは、口臭対策が不十分ですので、おすすめの歯間ブラシを使ってみましょう。それぞれに特徴がありますので、自分に合っていると思う1本を見つけてください。
実際に使ってみると、歯磨きを毎日しているのに、ごっそりと歯垢が取れることも珍しくはありません。歯周ポケットにも入れてみましょう。歯周ポケットにたまった口臭の元も取り除けます。歯磨きだけではこれだけの汚れを残してしまいますので、口臭がなかなか改善しないのも納得できるでしょう。
口の中の汚れを徹底して落とすことで、口臭が改善されるでしょう。大人になると歯茎が下がることもありますので、余計に口臭の原因である歯垢が溜まりやすいのです。歯垢を取り除くだけでも、効果が期待できます。
歯間ブラシも良いですが、歯と歯の間が狭い人は、デンタルフロスを併用するとより口臭を撃退できます。糸ですから、より狭いところにも入り込むからです。狭い場所にも歯垢などの汚れが溜まっていることがあります。歯間ブラシでさえ難しい場所は、デンタルフロスを使ってください。
口臭対策には、複数種類の口腔ケアグッズを併用することがおすすめです。1種類だけでは落としきれない汚れも、他のグッズで補えば口の中の汚れをほどんどなくすことができるので、口臭が気になったらデンタルケアに力を入れましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング