口臭と自宅でのセルフホワイトニングの効果の関係性について

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

口臭と自宅でのセルフホワイトニングの効果の関係性について

ライムと水

自宅でのセルフホワイトニングには、ある程度の危険性があることには注意しておかなければいけません。というのも、自宅でなくてもホワイトニングをエステ等で行う場合には、医薬部外品を自分の手で塗ります。これは歯科などでホワイトニングする場合は、歯科医や歯科衛生士が行う事ですが、医療行為に当たるので、自分以外はその資格を持った医療従事者しかできない事になっているからです。つまりグレーゾーンであり責任を持てないと言っているようなものです。しかしながら、自宅でのセルフホワイトニングの場合は、初めから自己責任ですのでこの限りではありません。そして、ホワイトニングで予防できる口臭には限界があることを知っておく必要があります。というのも、ホワイトニングでできるのは、基本的には歯のエナメル質に沈着した色素を取り除く事だけだからです。つまり、エナメル質を清潔にし、保護することで歯に付着した歯垢を除去し、歯垢からくる口臭に関しては予防できると言って良いでしょう。しかしながら、口臭の原因には、歯間や歯茎の間に残っている食べかすの問題と胃の不調による口臭があります。歯間についてはエナメル質を綺麗にする際に除去できる場合もありますが、歯茎や胃の調子に関しては、他の方法でなければ改善しません。つまり、歯垢やヤニが原因となっている口臭に対しては予防できると言った方が正確でしょう。そして、他の問題の場合は病院を受診してください。

自宅でのセルフホワイトニングの危険性

自宅でセルフホワイトニングをする場合は、薬品の選定から全行程まで全て自己責任となります。しっかりと薬品を選定し、正しい方法でホワイトニングできれば問題ありませんが、方法の手順等は慣れていなければ思ったように行かない場合も多くあります。その為、安全性や危険性という観点からみれば、歯科医が行っているホワイトニングの方が圧倒的に安全であり、自宅で個人的に行う場合は危険性が高いと言っても差し支えありません。一般的に自分で行う場合は、重曹で綺麗にする場合が多く、表面の汚れはとれますが、元々歯の色がくすんでいるような人には効果がありません。又、薬品を使う為、より効果が高いと考えられるものほど、歯や口腔内になんらかの化学反応を起こす危険性は否定できません。それに対しても自分で責任を持ってやらなければ、白くならないどころか口腔内がただれてしまったり口臭が増す可能性もあるのです。こうして考えると、費用の安さから、自宅でのセルフホワイトニングしか方法がない場合は慎重に判断して、充分に手順を理解した上で、行う事が大切です。言い換えれば、安定したやり方ができ、白くなる程度や口臭の程度に納得できるようであれば、自宅で行うのが一番簡単で安く済み、面倒な事も少ないとも言えます。要はどれだけ、歯について知っているか、慣れているかという事が重要で、後は本人の納得度次第になると言っても過言ではありませんので、充分に考える必要があります。

手軽にできるホワイトニング歯磨き

自宅ででき、歯の汚れだけが口臭の原因であれば、歯磨きによる方法が一番手軽で、安心して口臭予防ができます。現在では、専用の歯磨き粉も販売されている為、この専用歯磨き粉を使って綺麗にして満足がいくようであれば、コスト、手軽さ、早さと三拍子揃って納得できるでしょう。注意しておかなければならないのは、思ったほど綺麗にはならないと言うことです。自宅で歯磨きをすることで、綺麗にするとなると、歯磨きは毎日、多い場合は一日3回程はするでしょうから、刺激の強い成分は入れられません。もし入れていれば他の歯磨き粉よりも白くはなりますが、エナメル質を傷つけたり、研磨成分が多い事によって知覚過敏になる可能性もあります。歯磨き自体は一般的な方法と変わりません。しかしながら、できるだけエナメル質に沈着した色素を落とす事が目的となりますから、一般的な歯磨きよりも歯自体を磨くことになります。これによってあまり傷つけないようにマニキュアを塗るような心持ちで歯を磨く方が良いでしょう。歯間は余り問題がないかもしれませんが、歯と歯茎の間はデリケートな部分でもありますので、この部分に何度も研磨剤が入ると、確実に知覚過敏になっていきます。一般的な歯磨きでは逆にこの部分に附着している食べかすや汚れを掻き出す事が主体となっている為、歯の磨き方を変えて磨く必要があります。2種類の磨き方で磨ければ、歯の健康と美容どちらにも手軽に対応できるのです。

塗るだけで口臭予防効果もあるグッズ

夜寝る際に、歯に塗るだけで口臭予防もできるジェルも販売されています。基本的に成分は同じ、重曹やポリリン酸を含んだ薬用ジェルですので、効果も歯科医で行うような白さではなく、自分が本来持っていた白さになるものですし、口臭予防効果や歯肉炎などにも効果があると言われていますが、あくまでもジェルを塗った周辺の清掃と重曹などの効果によるものですので、夜の間に歯の汚れを除去し、清潔に保つグッズと考えておいた方が良いでしょう。歯だけによる口臭しか問題が無いのであれば、このようなジェルを使う事で絶大な効果を感じられます。しかし、前述したように口臭の原因には胃の不調等もありますので、安易な期待を膨らませすぎると、使用後口臭が減らないどころか残念な気持ちになる場合もあるので、この点においては充分留意しておく必要があります。一般的な歯磨きがしっかりできていない人や歯のエナメル質に付着した汚れが特に気になる人、それによって口臭が発生し気にしている人等には、簡単で安く効果があるものとして、継続して使っていくにも大変安心できる商品ではあります。つまり口臭をはじめとして、何にでも効果があると思わずに、少し効果があるかもしれないと言う期待の下に、使ってみようと思う人がいれば購入して使ってみてください。もし、それで満足出来ないようであれば、やはり歯科医に通って、しっかりと検査と同時に行ってもらう事によって、本当に満足出来る事になります。そして、その後であればこの方法も満足できるでしょう。

口臭と自宅でのホワイトニング

はじめの問題に戻ると、口臭はあくまでも限定的に考える事で、自宅でのホワイトニングも効果があります。自分で勝手にやると言うことは、自己責任前提で、歯のエナメル質を綺麗にすることで口臭がなくなるようであれば、この方法でも効果があります。その為、この方法を行う事によって、口臭がなくならないようであれば、他の問題が考えられるので、複数ある問題の選択肢の1つを除外すると言う意味では、大変進められる方法でもあります。しかしながら、歯茎のもんだいだけでなく、胃の不調が問題となる口臭の場合は、早急に病院を受診された方が良い為、エナメル質を白く清潔にすることで口臭問題が解決しないようであれば、胃の不調を早期に発見する事ができる可能性は高くなります。結果として、口臭の問題から、内臓の問題を検知し、根本的な原因と問題を解決する指標となることもあるのです。身体は全て単体で出来ているものではなく、繋がっています。その為、東洋医学では歯は腎臓が管理しているとも言われています。口臭が疲れた時に出ている場合は、腎臓の問題の可能性もありますので、自己責任の下で、歯のケアをすることによって、自分の身体の中をくまなく見つめる良い機会となれば、歯だけでなく人生自体のケアとなってくることは間違いありません。外見の清潔さや綺麗さも大切ですが、一生ものである歯と一緒に、内臓などにも関心が向けられれば歯もより輝くことになるでしょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング