膿栓は口臭の原因になる可能性があるので対処は必要です

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

膿栓は口臭の原因になる可能性があるので対処は必要です

居酒屋の料理

膿栓というとぴんと来ないかもしれませんが、口の中から出てくることのある白い臭い玉です。これはピンと来る人が多いでしょう。膿栓と言われると何かはわからないけれども、口の中に白い臭いものが出てきたという経験をしたことのある人は多いでしょう。これは誰にでも発生する可能性があるものなのですが、人によってできやすさに差があります。できやすさにも差があるのですが、のどのところに溜まるかどうかがのどの形によって変わってきます。耳かきなどで取ってしまうという人の多いのですが、辞めた方が良いでしょう。のどが傷つく可能性があるということもあるのですが、中途半端に膿栓をつぶしてしまうと、余計に匂いが口臭になるということがあります。そして口臭としても匂いが気になる場合があるのですが、これは取ろうとしてつぶすと余計に悪化する場合が多いということになります。原因としては食べかすなどの塊です。なので食事をしている限りは発生する可能性があるものなのですが、歯磨きを怠るというようなことをすると余計に付着しやすいです。なので特に夜に寝る前には歯磨きをした方が良いでしょう。歯磨き嫌いというのは膿栓が貯まる原因になるので、まずはしっかりと歯磨きをするということが対処法になります。他には禁煙というのもかなり効果が大きいです。タバコは口臭の原因になりますが膿栓が溜まる直接的な原因にもなります。それは後述します。

膿栓とは何が原因でできる

タバコが原因でできやすくなるということを記載しましたが、食べ物のカスがタバコの煙と結合するような場合が多いからです。ヤニと食べかすがくっついて塊になっていくような状況で、それが口臭になっていきます。口臭は歯についた汚れだけでなく、舌についた汚れや、胃から来るものもあります。そして白い玉も問題になりますが、できたものはうがいで除去するというくらいしかないでしょう。歯科医は基本的には気にしなくても良いということを言います。実際できたものはそれほど気にしてもどうしようもないので、放っておいて、うがいを行うということになります。とは言っても白い玉の口臭は気になるものです。実際、他人の白い玉の口臭を感じたことのある人は多いでしょう。独特な口臭になるのですぐにわかります。また話していて出てくるというような場合もあり、ふとした瞬間に出てくるものです。くしゃみの瞬間はより出やすいです。口臭は気になるものなのですが、必要以上に気にすると精神衛生上良くないです。人間は誰でもある程度の口臭はあるということで、多少は開き直ることも重要です。まったく気にしないというのは問題なのですが、逆に気にし過ぎるというのも問題です。特に日本人は気にし過ぎる人が多いです。タバコは特に口臭の原因になりますが、白い玉ができるということもあるということで、より口臭に結びつくのです。なので禁煙すると口臭が減ります。

膿栓と口臭の関係性とは

白い玉の対処はもちろん口臭対策になるのですが、できてからはうがいくらいしかしない方が良いです。基本的にはできないように予防するということで、禁煙や禁酒などになります。他には食生活にも気を遣うというのも良いでしょう。胃から来るものもあるので、それも重要です。またストレスや緊張などの精神的な状態も口臭に結びつきます。これをただちに改善するのは難しいのですが、運動習慣というのは口臭の改善にも役立ちます。口臭と運動がなんの関係があるのかと思うかもしれませんが、口臭単体で考えるよりも体臭も交えて全身の匂いを考えた方が良いでしょう。普段から汗をかくということや、運動をして脂肪を落として筋肉を付けた方が内臓の機能が高まります。特に胃腸は筋肉によって機能が引き上げられます。腹筋が弱くなると胃腸が下がってきて口臭に結びつきやすくなるのです。そして、だからといって腹筋だけを鍛えるというよりは、全身を鍛えた方が代謝や血流が上がって全身の機能が高まります。体というのは単体で成り立っているものではないので、何かのトラブルへの対処というのは全身の機能アップによって対処するということになります。口臭だけに対処するという発想も重要なのですが、全身の機能で考えるという発想が非常に重要でしょう。なので、口臭への対処に運動が役立つということで、有酸素運動も無酸素運動も両方とも行った方がメリットがあります。

膿栓を自分で除去する

自分で除去するのは難しく、うがいを普段からするということになります。うがいで案外取れるものなのですが、できたときにうがいですぐに取れるとは限りません。ですが、普段からうがいをよくすることによって風邪の予防にもなりますし、同時に白い玉の対処にもなるということです。目に見える範囲にだけ白い玉があるとは限らないので、うがいをするということが除去するための対策になります。のどには意外と汚れが溜まるものなので、うがいというのは普段から行っておいた方が良いでしょう。外から帰ったときにウイルス除去のためにうがいをするというイメージが強いかもしれませんが、食べ物や体内からくる汚れにもうがいはかなり有効です。むしろ食べ物のカスの除去の方により役立ちます。どうしてもという場合には歯科クリニックで除去するということは可能です。しかし、歯科医はそこまでしなくても良いというように考えており、実際体に害はありません。なので普段から予防はするようにしておいて、できた場合は仕方がないということで諦めるということになります。口臭の原因というのは他にもいろいろありますし、また口臭が匂うという場合には、他の体臭などにも問題が発生している場合は多いです。上述の通り体は全体で考える必要があるので、口臭も口内だけではなく内臓にも気を回した方が良いということです。胃腸の調子というのはダイレクトに口臭につながります。

口臭に対する考え方とは

日本人は特に匂いに敏感なので、口臭について気になるという場合が多いでしょう。また恥ずかしいという価値観も多いので、口臭がもし自分にあって、それがばれると恥かしいということになります。しかし、多少の口臭は誰にでもあるので、完全に消すということは不可能です。ただ特別口臭がきついという場合は話が別でしょう。特別口臭がきつくなる原因というのは、ストレスや緊張などの精神的なものや、体がさびついているという状態です。体のさびつきに対しての意識が薄い人が多いのですが、脂肪が溜まっている状態や筋肉が落ちて代謝や血流が悪くなると内臓の働きも悪くなります。それはダイレクトに体臭や口臭に結びつくのです。なので、体のケアという意味でも運動というのは確実に行った方が良いという話です。そして、その運動というのも有酸素運動だけでなく無酸素運動も行った方が良いです。日本人は有酸素運動が体に良いと考えていて、それは事実なのですが、無酸素運動で筋肥大するということは非常に重要でしょう。筋肥大すれば代謝や血流が改善し、成長ホルモンも分泌します。これによって内臓や肌の状態が整うので、匂いというのも減ります。体が匂っている状態というのは体の機能が低下している場合が多いので、体の機能そのものを高めて健康になるということは匂い対策にも非常に重要なのです。病的に匂う人というのは病的だからこそそうなるということです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング