口臭に効果のあるお茶の種類とはどんなものがあるのか?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

口臭に効果のあるお茶の種類とはどんなものがあるのか?

花と池

口臭に効果のあるものとしてお茶がよくあげられます。中でも緑茶はカテキンやフラボノイドといった成分が入っていることから、これらが消臭効果があるとされています。しかし緑茶にはカフェインも含まれており、カフェインには唾液の量を減らしてしまう効果があるため、口の中が乾いてしまってそれが口臭の原因になってしまう場合もあります。つまり緑茶に関しては飲んですぐであれば口臭に効果的だといえるのですが、時間がたつことで口腔内が乾き、また口臭が気になるようになることもあります。しかし、緑茶以上に口臭に効果が期待できるものもありますので、どんな種類があるのかを知っておくと役立ちます。お茶を使って口臭予防をすることは日常生活の中で気軽にできることなので、口臭が気になっている人はお茶を積極的に飲むようにしておくと良いです。お茶の種類はいろいろありますから、毎日同じものばかりだと飽きてしまうということを防ぐこともできますし、それぞれの効果を楽しむことができます。お茶には口臭予防だけではなく、リラックス効果を期待することができるものもありますので、茶器を素敵なものにしてみたりして見た目でも工夫をしてみるのも楽しめます。口臭対策のためと考えているとせっかくのおいしいお茶がもったいないので、味もしっかりと楽しみながら口臭の対策をするのがおすすめです。お茶で口腔内をきれいに流し、喉のかわきを潤して消臭してしまいましょう。

口臭をすっきりさせるなたまめ茶

口臭予防に効果的な種類として「なたまめ茶」が有名です。なたまめ茶は血行促進や排膿、抗炎症、免疫力アップ、口のネバネバ抑制、歯周病や蓄膿症の予防などの効果が期待できます。昔から特に膿をとる効果があるとして民間療法で用いられてきました。江戸時代初期頃には日本に伝来し、薩摩でよく栽培されていました。しかもノンカフェインですし、カロリーもないのでダイエット中でも安心して飲むことができるのがこのお茶なのです。なたまめ茶といっても各メーカーから販売されていますのでいろんな種類があり、あとは好みの味などで選ぶのが良いでしょう。歯茎にたまってしまう膿を排出する成分がカナバニンというもので、これは他のお茶には含まれていない成分です。膿を排出し、炎症を抑制して口腔内の状態を整えます。しかもなたまめにはポリフェノールとウレアーゼという成分も含まれています。これは美容面に効果が期待できますし、ウレアーゼは肝臓機能を整えて血圧を正常な状態へと導きます。しかもナタマメポリフェノールは赤ワインや緑茶よりも豊富な量が含まれていることがわかっており、特に赤なたまめに多く含まれています。ポリフェノールはデトックスやアンチエイジングにも良いとされており、高齢の方にもおすすめされています。尿素を体外へ排出するサポートをするのがウレアーゼなので、これが豊富に含まれていることで高血圧に高い効果を発揮するのです。

日本人の口にとても合う緑茶

緑茶は日本人の食事にもおやつにも合う万能茶といっても過言ではないおいしいお茶です。そんな緑茶の口臭予防・改善効果は有名です。口臭に良いとされているのはカテキンの強力な殺菌・抗菌作用で、緑茶にはビタミンEの10倍ものポリフェノールが抽出されるといわれています。4つのポリフェノールが含まれている緑茶ですが、その中で最も強力な抗酸化作用があるのはエピガロカテキンガレート(EGCG)と呼ばれているポリフェノールです。緑茶は抗酸化作用で臭いのもとになる物質を発生させないようにし、殺菌作用で口腔内の雑菌を殺菌します。つまり原因菌の発生予防、臭い防止の両方を対策することができるものなのです。ちなみに緑茶も紅茶もウーロン茶も同じ茶葉から作られますが、発酵の度合いが違います。一番発酵度合いが強い紅茶は最もカテキン量が少なく、緑茶の1%から10%ほどしか残っていないとされています。そういう意味ではお茶であればなんでも口臭の対策にできるというものではなく、カテキンの量が豊富に含まれているほうが口臭の予防・改善には良いといえます。食後に飲んだり、出がらしをかむことで効果もそれだけ高まることが期待できますので、茶葉もそのまま捨てることはせずに有効的に利用するのがオススメです。ただ虫歯がある場合は緑茶よりもウーロン茶のほうが向いています。ウーロン茶重合ポリフェノールという特殊なポリフェノールが含まれているため、虫歯予防にいいのです。

口臭対策には梅昆布茶

口臭の対策としてオススメすることができる種類に梅昆布茶があります。梅昆布茶の梅にはクエン酸とポリフェノールがたっぷり含まれています。しかも疲労回復や抗酸化作用などもあります。クエン酸は酸味が強いので唾液の分泌を促進します。そのため、口腔内をきれいにするのに役立ちます。口臭の原因というのは口の中だけではなく、腸内環境の悪化が原因となっていることもありますし、ストレスや加齢などが原因となっていることもあります。梅昆布茶は昆布によってミネラルも豊富ですし、食物繊維が豊富なので腸内環境を整える効果が期待できます。また昆布はよくかむ必要がありますので、それによって唾液の分泌が活性化されて口臭予防になります。梅は緑茶ともあいますので、緑茶に梅干を入れて飲むのも良いです。また口の中が乾きやすいドライマウスにも昆布茶が良いとされています。昆布の旨味成分が唾液を分泌することをサポートするためです。実際に医療現場でも昆布茶が使われています。昆布茶であれば副作用も気にしなくていいですし、普通よりも粘り気のある唾液がたくさん分泌されます。しかも味もおいしいので治療ということを考えずに飲むことができるのがメリットです。もちろん昆布にアレルギーがある場合は飲むことはできませんが、そうじゃない方は梅昆布茶のダブルのパワーをしっかりと感じるのが良いでしょう。しかも温かいまま飲むことで冷え性なども防ぎます。

唾液を増やすためにできること

口臭を予防するためにはカテキンやポリフェノールなどの成分が入っている茶を飲むことが良いですが、口臭を予防するためには種類豊富なお茶だけではなく、他の方法もあります。唾液を増やすことも口臭の予防になるのです。唾液を増やすためにはスルメやビーフジャーキーなどの硬い食べ物を食べることもおすすめです。またよく噛むという意味ではガムも有効的です。ガムは何度も繰り返し噛むことで唾液を分泌させることに役立ちます。口臭予防にガムが選ばれることも多いのはそういった理由もあるのです。緑茶やなたまめ茶などを飲みながら、硬めのおやつを食べるというのも唾液を増やすためにはいい方法です。食事では海藻サラダやモズク酢、わかめの味噌汁などの海藻類を積極的にとりましょう。また葉物野菜でおひたしを作るのもおいしくて口臭予防にも役立ちます。キウイフルーツやパパイヤ、冷凍パイナップルなどをおやつにするのもありです。これらにはアクチニゾンと呼ばれる酵素が含まれており、舌にできる苔を除去・分解する役目があります。舌苔も口臭の原因の一つとなっていますので、それを分解することで予防することができます。これらのフルーツを食べる時には舌の上で30秒ほど転がすようにしてから食べることで口臭予防になるとされています。舌の苔は意識しないと掃除などをしないという方も少なくありませんので、こういった方法で簡単にケアをするのもいいです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング