気になる口臭には確実な効果の漢方薬で症状改善しましょう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

気になる口臭には確実な効果の漢方薬で症状改善しましょう

ティーセット

会話中に息が臭かったり、口臭が気になることってありますか!口臭は多くの人に嫌がられ、またたくさんの人が悩んでいる問題でもあります。
口臭スプレー、ミントガムなどでごまかしても、その場しのぎで根本的な改善にはなりません。口臭スプレーで殺菌すると予防にはなりますが、細菌以外の善玉菌もいっしょに死んでしまいます。
口臭は口の中の食べカスが、口腔内の細菌で腐敗し発酵した臭いです。そこで対策として歯周病、虫歯などの歯科治療が最優先ですが、それでも改善しない場合は体質的な問題です。
漢方薬(生薬)は服用することで口臭の原因となる身体の不調を取り除き、健康を取り戻すことができます。口腔内の原因以外に消化器系疾患、糖尿病、尿毒症、鼻腔疾患などがあります。また慢性的な肝臓病は、呼気の臭いがキツくなることもあります。
さらに、ストレスを感じると口臭が強くなることがあります。唾液が減少して口の中が乾燥すると、簡単に細菌が繁殖します。このストレスは東洋医学では「肝」の異常といわれているため、生薬が有効に作用します。
また口臭スプレー、うがい薬などにも漢方を使用すると、細菌を攻撃しても善玉菌として働く常在菌を殺すことなく洗浄できるメリットがあります。
生薬の特徴は服用していると免疫力がアップして口腔内の様々な症状や、歯肉を強くして予防効果が高まることです。このように口臭予防や体質改善に安全な生薬の力が見逃せません。

漢方薬がぴったりのおすすめの症状は

口臭と密接な関係にある舌の状態をチェックすると、原因をみつける手がかりになります。舌表面のデコボコの隙間に、食べカスや上皮のカスが入り込んで沈着したものを舌苔(ぜったい)といいます。ここに細菌が繁殖すると、舌の表面が白くなって苔のようにみえます。
口臭が気になっている方で舌の色が紫色に変色している方、舌のひび割れや舌先から赤い変色がみられる方、舌の奥に黄色い変色のある方、舌全体が赤く変色している方は漢方薬(生薬)による体質改善が臭いの問題も解決してくれます。
これらの舌の症状から血液ドロドロの血行不良、身体の水分不足による熱化しやすい体質、便秘やむくみなど身体に毒素ためやすい方、機能低下型など思いあたる症状がある時は生薬がおすすめです。
また現在歯科でも改善効果や安全性で、多くの歯科医や大学病院、総合病院の口腔外科などで生薬を用いるようになってきました。口臭の原因にもなる口腔乾燥症、歯周病、口腔がんなどの症状にも対応しています。
妊婦がおこしやすい妊娠性歯肉炎には、天然素材の生薬が胎児への影響がなく安心です。
また口臭が気になっていて胃腸、肝臓などの内部疾患をおもちの方におすすめです。胃酸の多い方、逆流性胃炎の方、ストレスが原因の胃腸炎などは、酸っぱい臭いや腐敗臭など様々です。
西洋医学のようにピンポイントに働きかけ症状を治療することとは違い、未病といわれる病気未満の症状から慢性的な疾患まで、幅広く対応が可能です。

根本的改善の漢方薬は速効性も

東洋医学では、口臭の原因の奥に胃熱や胃湿などがあると考えられています。歯科的な口内炎、歯周病、味覚障害、口の渇きは、身体の免疫力が低下するとあらわれる症状でもあるのです。
胃腸の不具合がおこると身体の中の水分の流れが滞り免疫力が低下して、胃腸に溜まった水分が濃縮して腐敗臭などの臭いの原因になります。また便秘も口臭の原因の一つで匂いのキツいニンニクや動物性たんぱく質などは悪臭が発生しやすくなります。長期間の便秘で腸内に大腸菌などの悪玉菌により腐敗して、硫化水素、メチルメルカブタン、アンモニアなど悪臭の有害なガスを発生させます。
このガスが腸から血液を経由して肺にいき、肺で息とまざり口臭となって放出されます。糖尿病、がんなどにも特有の臭いがあります。
これらの症状にあった生薬で水分の調整、血液循環促進、炎症による実熱をとることで、身体全体の機能を整えて口臭も改善します。
また直接的な口臭予防効果で口や喉の渇きを改善する薬効のある代表的なものは、甘草(かんそう)、益母草(やくもそう)、山査子(さんざし)、陳皮(ちんぴ)などがあります。これらの生薬を、体質にあわせたオーダーメイドの組み合わせによって効果を発揮します。さらに口臭に効果のある生薬は唾液の分泌を促進して血流をアップし、口腔内の粘膜の免疫力を強化します。
西洋医学と違って効果のあらわれる時間がおそい印象がありますが、体質や症状にぴったりの生薬は短時間で効果を実感することができます。これら生薬の特徴は慢性的疾患には効果が高く、長期間の服用でも副作用の心配がないところです。

苦い漢方薬も飲み方のひと手間で美味しく

身体に効果的な漢方薬(生薬)は、酸味や苦みが強く苦手な方が多いようです。独特な匂いが口の中に広がって、飲み込みにくいという苦労話をよく耳にします。
生薬は薬効のある天然素材をそのまま砕いた顆粒状や、生薬を煎じて濃縮したエキスを顆粒状、粉末状にしたものがたくさんあります。そのため苦味、酸味など独特な風味があるため、口に含むのがつらくハードルが高くなります。
本来は水または白湯(さゆ)が一番効果的で、とくに白湯は不純物がなく生薬の吸収を助ける効果があります。しかし我慢をくり返して生理的に受けつけないレベルになると、効果が生かされません。そこで美味しく飲むコツのいくつかを紹介します。
1-オブラートに包むと飲みやすくなりますが、口の中の粘膜に触れるとすぐ破けてしまいます。そこでひと工夫。オブラートを程よく溶かしたゼリー状にする方法で、コップに少量の水(指2本分)を入れます。そこに生薬を包んだオブラートを入れて、約2分ほど待ちます。オブラートがゼリー状になって、水といっしょに飲むとつるっと喉を通過していきます。
2-寒天を主にして作られたゼリー状のオブラートがあって、病院や医療機関での利用がふえています。
3-生薬を溶かした飲み物に好きな味をミックスして味を変えると、美味しく飲みやすくなります。おすすめは抹茶、コーヒー、ココアなどで大さじ一杯が限度です。果汁や牛乳は生薬の吸収を低下させるため、さけた方がよいです。
通常食前の空腹時に服用するため、飲みやすい方がストレスになりません。

人知れず悩む口臭には漢方薬

気にしだすとキリがないのが、口臭です。20代から50代の男女を対象にした調査では、口臭が気になる臭いの第1位になっています。こんなに多くの人が気にする口臭ですが、他人の口臭にガマンしている人が多いということになります。
人との会話に消極的になり、「臭い」という言葉に過敏に反応して対人恐怖症、うつ病にもなりかねません。しかし口臭で病院にいくのが、気が引ける方には、通販サイトで専門の薬剤師に相談できる漢方薬(生薬)がおすすめです。
生薬は服用することで口臭だけでなく、体調不良の原因も取り除きW効果になります。さらに口臭で神経質になり自律神経のトラブルは、東洋医学の専門分野でもあります。
近年東洋医学の特性が科学的に解明されて、生薬をとり入れる医療機関がふえています。口臭の原因には、口腔内の歯周病やドライマウスなど根気よく治療を続けて改善していきます。慢性的な内部疾患も長期間の治療が必要です。そのため生薬であれば副作用がなく安全なため使用する価値には大きなものがあります。さらに妊娠すると口臭が強くなるため妊婦の方にとっても生薬が一番安心な治療薬になるはずです。
生薬は薬としての服用以外にも、歯磨き粉や口臭スプレーなどたくさんの商品に使用されています。身体の外から血流改善をして、細菌の攻撃などをおこなうことができます。生薬を飲み身体の内と外から、さらに口臭改善に効果が高まります。
使いようによっては、口臭対策グッズよりはるかに安全で高い有効性を発揮します。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング