コーヒーが口臭の原因になるメカニズムとその予防法とは

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

コーヒーが口臭の原因になるメカニズムとその予防法とは

コーヒーと豆

“コーヒーを眠気対策のために飲む人は多いですが、これが口臭の原因になっていることがあります。口臭を悪化させる習慣として、お茶よりもコーヒーをよく飲むというのが挙げられます。また、タバコと相性が良いので、タバコと一緒に飲んでさらに口臭を悪化させていることもあります。
原因は色々考えられていますが、焙煎物質が舌苔を着色すること、口内を酸性に傾けてバクテリアの繁殖を促進してしまうこと、などが挙げられます。
さらにはカフェインによって胃が刺激されることで胃液の分泌量が増えることや、利尿作用によって尿の量が増えて口内が乾き、唾液が減ってしまうことなどという理由もあります。
コーヒーにはリラックスさせてくれる作用など良いところもたくさんあるので、上手に付き合ってできるだけ口臭を予防していくようにしたいものです。
ここでは、飲むとなぜ口臭がきつくなってしまうのか、簡単にできるケア、さらには意外にも口臭の予防に効果がある、ということについて紹介します。
口臭が気になってコーヒーブレイクが台無しにならないように、知識を身につけて対策しておきましょう。
口臭というのは自分では気づいていないこともあります。他の人から指摘されて初めて気づくこともあります。口臭を気にしすぎて生活がままならないというのはやり過ぎですが、せめて他の人に迷惑をかけない程度のエチケットのためにも予防方法を確認しておきましょう。

なぜ口臭がきつくなるのか

コーヒーを飲んだ後に口臭がきつくなる原因は、焙煎された成分が舌の表面にこびりついて、舌苔(ぜったい)という白い付着物を着色するからです。
舌苔は、鏡の前で舌を出せば簡単に確認できます。表面に白いものが付着していれば、それが舌苔です。舌苔は口の中の細菌や、新陳代謝によって剥がれ落ちた上皮細胞などが舌の表面に付着したもので、これが着色されることで独特の臭気を放つようになります。
さらに酸性の飲み物なので、口内を酸性に傾けてしまうのも原因になります。酸性が強いとバクテリアが繁殖しやすくなり、口臭がきつくなります。
また、空腹時にカフェインを摂取すると胃液の分泌量が多くなり、その臭いが口まで上がってきて口臭の原因になることもあります。胃が荒れると食物の消化吸収がうまくできずに口臭がひどくなることがありますが、コーヒーに含まれているクロロゲン酸というポリフェノールの一種は胃酸分泌を促進するので、胃が弱い人は注意したほうがいいです。特に空腹時には刺激を受けやすいので、飲むならば空腹時は避けたほうがいいでしょう。
さらに、カフェインには利尿作用があり、尿の量を増やします。浮腫んでいる時などは利尿作用によって余計な水分が出ることは大歓迎なのですが、そうではない時に強い利尿作用に晒されると、体内の水分量が低下して唾液の量まで減ってしまうことがあります。唾液には殺菌作用がありますが、これが減ることで口臭がきつくなることがあります。

飲んだ後は口をゆすぐ

一番簡単なケアは、コーヒーを飲んだ後に水を飲むなどして口をゆすぐことです。口臭の原因は舌に残ったコーヒーや砂糖などの粒子なので、これらを洗い流してしまえばかなりの割合で口臭を軽減できます。
うがいするだけでもいいですが、利尿作用で出てしまった水分を補うことも考えれば、水を飲んで水分を補って唾液の分泌量低下を防いだほうがいいでしょう。
コーヒーを飲んだら水を飲むという習慣を身につけておけば、口臭を予防できます。
また、飲んだ後にガムを噛んで唾液の分泌量を増やしてあげるという方法もあります。唾液には口内を殺菌してくれる作用があります。口の中を中性に保ってバクテリアの繁殖を抑える作用も期待できます。
ただし、ガムを噛む時には糖分が含まれていないものを選びましょう。糖分が入っているとそれが舌にくっついて、さらなる口臭を招いてしまう可能性があるからです。キシリトール成分なら虫歯の予防にもなるのでオススメです。
舌苔を取るために舌磨きをするという方法もありますが、これは磨く場所がないとできませんし、磨くことで舌を傷めてしまうことがあります。舌を磨くと付着した茶色の粒子が取れるので口臭予防に効果的に思えますが、力を入れて磨いてしまうと舌を傷つけたり、味を感じる器官である味蕾まで壊してしまうことがあります。
なので、舌磨きをするよりも水を口に含んで口の中で舌をゆすぐような感じでケアする程度にとどめましょう。

実は口臭予防になることもある

コーヒーが口臭の原因となるのは一般的な説ですが、実は逆に口臭予防になることもあります。さまざまな成分が含まれていて、中でもポリフェノールには口臭を防ぐ効果が期待できます。ポリフェノールが含まれているのは、赤ワイン、りんご、ブルーベリー、緑茶などがよく知られていますが、実はコーヒーにも含まれています。
ポリフェノールの主な作用は、抗酸化作用です。呼吸をすると空気中から酸素が取り込まれますが、これは体内で一部が強い酸化力を持つ活性酸素に変わります。この活性酸素はあらゆる病気の原因になり、老化現象まで引き起こして歯周病のリスクを高めます。
歯周病になると歯茎から膿が出たり、食べカスが挟まりやすくなったり、歯茎が腫れたりして口内環境が悪くなります。原因は歯垢や歯石などの細菌が感染することなのですが、老化によってリスクが高くなります。歯周病は口臭の原因になるので、ポリフェノールを摂取して酸化を防止することで口臭予防に繋げられます。
他にも、香りに関する成分であるフラン類には、ニラやニンニクなどに含まれているアリシンの臭いを消してくれます。緑茶などのお茶にもフラン類は含まれていますが、コーヒーの方が含有量が多いので、焼き肉などを食べた後には効果が期待できます。
アリシンが含まれたニンニク料理を食べた後に飲むことで、口臭予防ができるということです。食後に飲むとタイミングよく消臭できます。

簡単ケアで臭いの対策を

コーヒーは確かに口臭の原因となりますが、逆にポリフェノールの抗酸化作用や、フラン類のアリシン消臭作用によって口臭予防に効果を発揮することもあります。
嗜好品として取り入れている人は多いでしょうから、賢く付き合っていけるようにしたいものです。簡単にできるケアとして、飲んだ後に口をゆすぎながら水を飲むということを実践してみましょう。これなら水のペットボトルや水筒などを持っていけば、いつでもすぐにケアできます。キシリトール入りのガムを噛んでもOKです。ポイントは舌に残っている粒子を洗い流してあげることです。いつまでも舌に付着していると臭いの原因になるので、飲んだらすぐに洗い流してあげるようにするといいでしょう。
砂糖やミルクなどの成分も口臭の原因になるので、できればブラックで飲むのをオススメします。これならば余計なカロリーを摂らずにダイエットにつながりますし、虫歯にもなりにくいからです。もちろん、ブラックでも飲んだ後のケアは忘れないようにしましょう。
氷が入っているアイスコーヒーであれば、飲んだ後に氷を口の中で溶かしてあげるのでも口臭対策になります。その時に合わせて口の中を洗い流して臭いを消してあげるといいでしょう。
できるだけ飲んだ後すぐに水や氷を使って舌のケアをしてあげるといいです。また、利尿作用によって唾液の量が減るのを防ぐためにも、水分補給は忘れないようにしましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング