口臭がどぶ臭い原因は鼻が蓄膿症になっている可能性があります。

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

口臭がどぶ臭い原因は鼻が蓄膿症になっている可能性があります。

鼻をつまんでいる女性

口臭がどぶ臭い原因の主なものは、胃の不調です。胃の不調による口臭には様々な種類がありますが、最終的にはどぶ臭くなり、また腎臓の異常によってもどぶくさくなることは東洋医学ではよく言われている事です。しかしながら、胃の検査をしても反応がでない場合や舌苔や胃の自覚症状もない場合等は、胃の不調よりも鼻の不調を考える方が良いかも知れません。特に元々蓄膿症を持っている人の場合は、口臭がどぶ臭くなる原因が蓄膿症にある可能性が極めて高いのです。なぜなら、蓄膿症は膿が溜まっている状態ですので、直接膿を感受しにくく、口を通って口臭として外に出ると同時に、膿で塞がっている以外の神経でにおいを感受するからです。そして蓄膿症の場合は、臭いを感受する機能が落ちている為、口臭も酷い状態にまでならないと感じにくいのです。こうして考えると、蓄膿症の人が、東洋医学で言うところの口臭の最終形態であるどぶ臭い状態を感受すると言うことは、鼻だけでなく、肺や腎臓にも問題がある可能性があり、反対に胃にはまだその機能低下が影響していない可能性があるのです。とりあえず、原因が胃にある場合は一般の病院を受診すれば良いですが、鼻にある場合はできるだけ早く耳鼻科を受診され、正確な診断をしてもらう事で、早期治療もしくは早期対策を練った方が良いでしょう。そして、状況によっては投薬、手術などの選択肢も考慮しておかなければいけません。

蓄膿症による口臭だと分かったら

蓄膿症は、どぶ臭い口臭として認識されることが多いのですが、このどぶ臭さというのは少々くせものです。なぜなら、東洋医学では、口臭の最終形態がどぶくささであり、肺の出先機関だと考えられています。つまり、肺と腎臓が口臭に関係しているだけでなく、かなり悪い状態を表現しているのです。当然ながら耳鼻咽喉科を受診して検査、診断してもらうのが一番良い方法ですが、最終形態の口臭であっても、原因が分かりさえすればある程度の対策を練ることはできます。蓄膿症が原因の場合は、鼻の洗浄や投薬などが必要となってきますが、自分でできるのは洗浄位です。しかし、それでどぶ臭い口臭が軽減されたり、ほとんどなくなるという事もある為、口臭を感じたら先ずはどこから来ている臭いなのかを見極めた上で、洗浄をするというのも1つの方法です。そして、その方法はとりあえず緊急事態に対する対処であるという事も忘れてはいけません。応急処置であるので、結局一度は耳鼻咽喉科を受診して蓄膿症という診断を確定してもらう必要があります。そして、東洋医学ではこのような状態は腎臓や肺にもあると考えますので、著しく体力を低下させるような労働、仕事をしていなかったか、ストレスを溜め込んでいないか、呼吸は安定して正しくできているか等、他の臓器の状態にも注目して、自身の身体の状態を客観的に把握する事で、病気に対して早期対処しておくと不安も少なくなり、解決が早くなります。

蓄膿症で臭くなる理由

蓄膿症とは、慢性の副鼻腔炎の中でも膿が溜まることを指して言います。つまり、常時膿が溜まっていると言うことは、常時なんらかの炎症が起こっていることでもあり、膿は体内に循環させてリサイクルしようとする機能が一杯になって、リサイクルできなくなった為にその場で排出しようとしている身体の反応だからです。人体に取って不要な物質は、嫌な臭いを出す事で排出させようとしているものですから、蓄膿症であれ、違う炎症であれ、膿が溜まればいやな臭いが発生します。そしてそれが持続し口臭として感知できるまでには時間もかかっており、日常生活は不自由なく過ごせていたとしても、何らかの異常が常時身体にあるという信号を発してくれていることに変わりは無いからです。このようにして、蓄膿症で臭くなる理由は、臭くなる物質が膿であるからですが、その臭いを感受するにはある程度の期間が必要となる為、口臭で感受した場合には、蓄膿症の慢性度や症状の重篤度だけでなく、他の臓器の機能低下も隠れている事を認識しておかなければ、蓄膿症にだけ毎日対処していても、根本的には治らないばかりか、将来他の臓器の疾患が出てくる可能性もあるのです。そして、蓄膿症自体は膿が溜まっている状態ですが、鼻汁自体は本来前頭洞から分泌されています。前頭部から分泌されていると言うことは頭部や脳の状態にも影響を与えており、思考速度の鈍化などもこれが原因となっている場合もあるのです。

蓄膿症を改善する為に

蓄膿症は基本的には鼻の病気ですので、耳鼻咽喉科で相談、診断、治療してもらえます。これは弾性だけでなく女性でも子供でも起こる病気ですので、今まで関係なかった人でも、風邪の後で咳や痰が残っている場合には注意が必要です。特に鼻が詰まって息苦しい状態が続いている人、鼻を何度かんでもかみ切れない人、頭痛や頭重等が頻繁にある人等は注意が必要です。この辺りの対処法やチェック法は専門医にしっかりと見てもらい、指導してもらう方が良いでしょうが、病院に行く前に行う簡単なチェック法として知っておくと便利でしょう。日常生活で大きな問題がなければ、放置しておく人も多いのですが、病は早期発見早期治療が一番費用が安く、自分の身体の問題点を洗い出せ、今まで知らなかった身体状態を再確認する良い機会となることは間違えありません。特に重症化すると、頭痛が起こることもあったり、頭が重くて思考が鈍くなるようなことがあると、仕事にも支障が出て来たり、何事も積極的にはできなくなります。その為、早期発見ができたら、早めに病院を受診して、その人にあった治療法の選択肢を教えてもらって、日々対処するのが悩みを解決する一番早い方法となります。蓄膿症があると、思考が鈍化する傾向に有る為、会話も弾みにくく、仕事の効率も悪くなってくるのが普通です。病気と認識されれば、会社の早退なども容易にできますから、しっかりと専門医に相談することが大切です。

口臭の種類と対策について

口臭には、胃の不調と歯や歯茎の不調、鼻の不調が主な原因です。その中でも気づきにくい割りには日常生活を常時脅かしている副鼻腔炎による口臭などは、専門医の診断、治療を聞いて、しっかりと実行していく必要があります。いずれにしても、どぶ臭いという口臭の状態が分かれば、他の病気の心配は少なくなりますが、口臭は潜在的に幾つかの臓器の機能低下が起こっている危険信号であることには変わりがありませんので、将来的にも健康を維持しようと思っているようであれば、病院の受診と蓄膿の対策以外にも、胃の検査や腎臓の検査など、他臓器の異常に対しても充分に注意を払う必要があります。このように、一見人にも迷惑をかけてしまう口臭も、正確に分類し、判断することで潜在的な病気の早期発見に繋がり、この原因にしっかり対処することで、その場の楽さだけでなく、将来的にも様々な病気となる可能性を排除したことになります。口臭は慣れると意識して臭わなければ気づかない場合もありますので、軽視せずに、専門の病院を受診されたり、独自で胃の問題解決や腎臓、膵臓、肺等の情報も頭に入れておくことで、様々なシチュエーションに対しても、柔軟に対応できることでしょう。大切なのは早期発見早期治療、早期対策ですから、この点だけは充分に踏まえた上で、対策すれば口臭がなくなるばかりか、蓄膿症も軽減していく可能性が高まります。口臭は自分と周りの人に嫌な思いをさせる可能性が高い反面、体内の危険信号を出してくれている重要な情報源でもあるのです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング