糖質制限することで発生するケトン体によるダイエット臭を予防しよう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

糖質制限することで発生するケトン体によるダイエット臭を予防しよう

砂糖とレモン

日本人は昔からお米を主食として生活していますが、このお米は糖質を多く含んでいるので血糖値が上がる元になることが注視されるようになってきています。食後の血糖値を上げる原因となることから、主食を減らす糖質制限ダイエットが話題となり実践する人が増えてきました。このダイエット方法は健康的に糖尿病予防になるので効果的なのですが、一つ問題となることもあるのです。それは体臭や口臭が強くなってしまうという、ダイエット臭の問題です。
ダイエット臭が起こってしまうのには糖質制限で体のエネルギー消費に使われる糖が少なくなることにより、ケトン体が生成されて臭いを強める物質ができることにより外に出される汗や息が匂うことが関係しています。ケトン体による体臭は体の内から臭うので、香水や制汗剤ではごまかしにくいものとなります。糖生津制限によるダイエットを行う場合には、どうしてもダイエット臭はしてしまうのです。このダイエットで起こる臭いをどうしても出したくないというのなら、予防できる方法もあります。それは臭いの元となるケトン体を、発生しにくくすることです。体臭を発生させる成分が作られにくくなることで、ダイエット臭がしてしまうことを防ぐことができます。臭いを発生させたくないのなら糖質を制限しないことが一番ですが、生活習慣病である糖尿病にならないようにするにも糖質制限のダイエットは有効的です。ケトン体の生成を抑制することで、糖質を減らしつつ体臭を予防し上手にダイエットできます。

糖質を制限し体臭もしないよう予防するには

人間の体は脂肪をエネルギーに変換する働きをしますが、それには糖も消費の過程で使われます。エネルギー消費に糖は、重要な働きを持っているのです。糖質制限のダイエットは血糖値を急上昇させる糖質を減らすことで、血液中の糖の値を上がりにくくし体を痩せやすい状態にします。糖を減らすダイエットをすることは、エネルギー消費に使われる糖が不足することでありその仕組みも大きく変化させてしまうようにもなります。この変化により体臭を発生させるケトン体は、どうしても体の中で作られてしまうのです。
糖質制限しながらそれにより起こるダイエット臭を予防するには、糖の減らし方に気を付けてアルカリ性の食品を多く摂るようにすることです。糖質を減らすダイエットは極端に主食となるお米や麺類を摂らないようする方法が多いですが、あまり糖を減らすと代謝の方法が悪くなり体臭元の成分が多く生成されるようになってしまいます。ダイエット臭をさせないようにするには、ある程度の糖も必要となると考えてハードな糖質制限は控えることです。糖質は体の基本栄養素の一つですので、少なすぎも体臭以外の面で体に悪影響となります。三食の内で一食は糖質を抜かすなどしましょう。糖質の不足は体が酸性の状態になり、ケトン体の大量発生は体の酸化も大きく影響しています。体の酸化を抑制するアルカリ性の食品を摂ることで、酸性の状態が中和されるのでケトン体が減りダイエット臭の予防がされます。

ダイエットと体臭予防の両立がしにくい場合

糖質を制限することで痩せるダイエットをしながらダイエット臭がするのを予防するには、加減の良い主食の制限とアルカリ性食品の摂取でのケトン体の抑制が適した方法と紹介しました。ですが、血糖値が高すぎて治療のためにも主食のハードな制限が必要な人や、カロリー制限のために合わせて動物性たんぱく質を摂らないようにしている人だとダイエットと体臭予防の両立は難しくなってしまいます。
血液中の糖の値が高い人は通常よりも主食を食べた後の血糖値が上昇しやすく、1日に摂るべき糖質の量を徹底的に制限しなくては体に負担となってしまうのです。ですが、ダイエット臭がしないようにするには、糖質を適量は摂ることが欠かせません。体のために糖質を少なくしか摂れない人は、ダイエット臭の予防と両立しにくくなってしまうのです。エネルギーの消費と代謝には動物性の脂が関係しているので、高カロリーな動物性たんぱく質を控えることはこの働きをより悪くします。動物性の脂は血糖値にも悪いと考えている人がいるので糖質と一緒に制限していることが多いですが、動物性たんぱく質を避けることによって返ってケトン体を増やす結果となってしまうのです。ダイエット臭がしないようにしたいのなら、動物性たんぱく質もきちんと摂るようにしましょう。糖質の緩やかな制限がしにくい状態の人は、まずは運動をし筋肉を増やすことです。筋肉がつき新陳代謝機能が上がることにより、糖質を摂ることによる血糖値の上がり具合も安定していきます。厳しく糖質を制限しなくて良いように体の調子を調整してからだと、ダイエット臭のしにくい緩い糖質制限と両立しやすくなります。

正しい生活を送ることでダイエット臭を軽減

糖質を制限することでのダイエット臭を抑えるには、規則正しい生活を送る心がけも大切です。糖尿病予備軍となるほど血糖値が高くなってしまうのも、体臭の元になる成分が発生しやすい酸性の状態になってしまうのも、不規則な生活習慣を長くつづけたことが一因にあります。乱れた生活をすると、体全体の健康バランスも悪くなってしまうのです。糖質を制限するダイエットでの体臭を抑制するためには、自分の生活の習慣を見直すことが根本的な予防・解決策となります。
規則正しい生活とは栄養バランスの取れた食事、体に負担のかからない適度な運動、早く起きて早く寝るといった内容です。糖質制限の場合は主食を少し控えることになりますが、肉・魚・野菜を偏らないように食べるようにします。その他に体を動かして睡眠を充分に取ることによって、体の中の機能全般が低下することなく酸化も改善されケトン体の発生を予防することが可能です。現代人は睡眠を少なく取る傾向がありますが、睡眠不足は血糖値を上昇しやすくさせ酸化の元となる活性酸素が増えるので、糖質によるダイエットとダイエット臭の予防を妨げてしまいます。生活の仕方を改めることによって、糖質の減少でなるダイエットの臭いが抑制されるようになります。臭いをしなくする効果を更に高め求める場合には、サプリメントを併用することが適しています。サプリメントの中にはケトン体を抑える効果がある成分入りのタイプがあるので、そちらを毎日飲むようにすると体臭を抑えられます。

自分に合った対策方法で臭いを改善

主食のお米やパンや麺類の摂取を控えるダイエットは、体重を減らして体の健康を促進する効果がある反面で体臭を強める恐れも持っています。この糖質制限でのダイエットを行い体臭がしないようにするには、いくつかの予防方法があります。ダイエット臭は糖の不足によるケトン体の生成でなるので、最も簡単な方法は糖質を少なくし過ぎないで緩く制限して行うことです。エネルギー消費に使われる糖質を確保しておくことで、臭いの原因となる物質の発生が抑えられるので体臭がしにくくなります。ですが、この方法は血糖値を早急に低くしなければならない糖尿病予備軍の人だと、実践することが難しい対策方法となります。
体臭をさせないようにする方法は、アルカリ性の食品の摂取・筋肉強化での代謝の向上・正しい生活習慣の遵守・サプリメントなどがあります。どれもケトン体を発生しにくいようにする働きがあるので、糖質を極端に制限しなければならない人はこれらの方法を試すことで体臭の問題に対処することができます。規則正しい生活を送ることを基本として、自分の状態に合った方法をしていきましょう。運動も体を動かすことが苦手な人でも、ぜひある程度はすることをおすすめします。筋肉はエネルギー消費を左右する新陳代謝の働きを活性化させるので、糖質制限によるエネルギー消費の変化も少ない範囲でおさめられることが期待できます。糖質制限によるダイエットは、ケトン体を抑制することがダイエット臭予防の鍵となります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング