顔の汗で化粧が崩れても大丈夫!簡単に化粧直しをする方法

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

顔の汗で化粧が崩れても大丈夫!簡単に化粧直しをする方法

唇に指をあてている女性

夏場など、汗をかく機会はかなり増えますが、中でも顔の汗は死活問題です。特に普段そんなに汗をかかないという人は、汗自体がベタベタであり、化粧の崩れと相まってとても不快な気持ちになってしまいます。また、崩れてしまうと周囲の目も気になるところです。一方、化粧直しに関して、化粧直しが面倒であると考えている女性が大多数を占めています。場所によっては厚く塗ることになる、うまくできなくて汚くなる、また汗で崩れてしまうなど様々です。顔の汗で化粧が崩れてしまっても簡単に化粧直しをしたいというのが女性の共通認識であると言えます。

簡単に行うには崩れたレベルに合わせて行うことがキーポイントです。まんべんなくやろうとするから簡単にはいかず、時間がかかり、場所によっては厚化粧のような形になってしまいます。そうではなく、どの部分がどれだけ崩れたのかを重視し、できるだけ簡単に行うことが求められます。そして、こうしたことを可能にするのは朝の下準備とも言われています。寝ている際の皮脂汚れを落とす、化粧水などを肌になじませるなどの下準備をすることで化粧直しもスムーズになります。顔の中でも汗のかきかたは人それぞれで、困っているポイントもバラバラですが、ポイントごとに存在する簡単な化粧直しの仕方を学び、顔の汗で化粧が崩れたとしてもすぐに立て直し、不快な気持ちになることなく、毎日を過ごすことができるようになります。

Tゾーンの化粧直しはこうすべし!

Tゾーンは額、眉間、鼻の部分を指し、顔の中でも何かと汗をかきやすい部分でもあります。また、皮脂がたくさん分泌されテカりやすくなるのも特徴です。皮脂がたくさん分泌されるのは乾燥も原因であり、汗をかくパターン、乾燥のパターン、この2つに対応することが求められます。

テカりなどで化粧が崩れた場合ですが、最初に脂取り紙を利用し、皮脂を抑えます。この際、取りすぎてしまうとまたたくさん出てくるため、適度に取り除くことが求められます。そして、パウダータイプのファンデーションを塗ることでテカりを抑えることができます。脂取りの際に専用のものがないという場合にはティッシュでも効果的です。2枚重ねの場合には1枚はがして使い、軽く当てる程度でも十分脂を取ることができます。

汗が多い場合もやはり脂取りが必要となります。その後、ギュッと引き締める収れん作用のある化粧水などを用いて、Tゾーンの部分になじませていきます。この際、鼻の毛穴などが詰まっていると効果が薄くなってしまうため、日ごろからTゾーンを清潔にし、毛穴の詰まりがないようにしておくことも大切です。その上に下地を塗り、皮脂を吸い取ってくれるパウダータイプのものを塗れば完成です。Tゾーンの化粧直しの前提となるアイテムは脂取り紙、もしくはティッシュであり、収れん作用を含んだ化粧水、パウダータイプのものとなります。こうしたものを使うことで簡単に化粧直しができます。

汗まみれのファンデーションはこう直せ!

汗でドロドロになったファンデーションをなんとかするには、最初に汗を拭きとることが大事です。汗の拭きとり方は、きれいなスポンジを汗で崩れた部分に当てて、優しく拭きとるというものです。テカりなどではティッシュで拭きとることをしましたが、汗の場合は場合によって傷つけてしまうことがあるため、できればスポンジで優しく拭きとってあげることが大事です。

ファンデーションの場合、二重に塗ってしまうと見栄えが悪くなるため、重ね塗りは避けることがポイントです。スポンジで崩れた部分を取り除き、その部分をミストなどで潤いを与えてあげることが必要です。そして、下地を乗せて、ファンデーションを少しつけてなじませ、これ以上の悪化を防ぐことができます。ファンデーションが崩れ、シミなどが見えている場合にはコンシーラーを用いて、カバーすることになります。それを用いて肌になじませた後は、パウダータイプのものをブラシで乗せていきます。こうしたやり方で化粧直しができます。

この場合は、全面的に上塗りをするのではなく、崩れた部分をまずはきれいな状態にし、そこを補修するという形がベストなやり方です。全面的に塗ろうとすると、二重の部分に今度は影響が出ます。ファンデーションの崩れ方には乾燥によるもの、皮脂によるものがあり、その際に使用するファンデーションはリキッドタイプ、パウダータイプで分かれる為、適切な使用が大切です。

アイラインにおける化粧直しのやり方

目の周り、アイラインが汗で崩れた場合ですが、他の場合と同様、目の周りの脂をとってあげることが前提となります。これが残っていると再びアイラインが崩れ、滲んでしまいます。脂をとったら、次はフェイスパウダーを用いて肌の水分を吸着させます。この際、目尻、目の際まで塗っておくというのがポイントです。アイライナーでアイラインを引く前にやっておくべきこととして、アイシャドウベースを塗るというものです。力を入れなくてもアイライナーを引くことができ、綺麗なアイラインにさせることができるようになります。

アイライナーを引いたらその上にまたパウダーを塗り、リキッドタイプのアイライナーを引き、アイライナーコートと呼ばれるもので補強して完成です。アイライナーコートは汗や水に強く、しかも100円ショップで売られていることから安価に入手し、応用することが可能です。アイラインは汗や雨、何かしらの理由で涙を流したという時に崩れやすく、昔の女性だと黒い涙が流れたと揶揄されることもしばしばでした。また、滲むことでパンダのような目になることもマイナスに思われることから、簡単に化粧直しをすることが求められてきました。やり方自体は普段とそこまで変わりませんが、入念に汗の対策を施すということがこの場合におけるキーポイントであり、アイライナーコートなどのものを使って滲まないような対策を立てていくということが大事です。

これで汗の化粧崩れもへっちゃら!

夏場のように、どんなことをしても汗をかいてしまうことはあり、問題はいかに汗による化粧崩れを直すかというところにかかっています。アイライン、ファンデーション、Tゾーンともに前提となる行動は汗を最初にとる、脂をとるというものです。つまり、汗取り、脂取りグッズを用意しておくことが汗の化粧崩れを怖がらずに済む前提条件となります。汗取り、脂取りの各グッズはピンからキリまでありますが、いいものを使い、確実に化粧直しができるようにするというのも大事なことです。

トイレで化粧直しをする場合も化粧品を入れたポーチ片手にすぐできるようなもの、化粧直しのグッズをたくさん入れなくても済むような形にすることも必要です。最低限この3つができるだけのグッズを揃えれば問題はありません。そして、日ごろから肌のお手入れをしておくことも意外と大事です。特にTゾーンは皮脂が出やすく、汚れやすく、肌環境をすぐに悪化させやすいため、細心の注意が必要であり、ニキビなどが出来てそれを隠すということをすると事態をさらに悪化させてしまいます。そうならないためにも、肌の保湿、洗顔などをきっちりしておくことも女性にとっては必要不可欠です。

汗による化粧崩れはだれしもが経験することであり、避けては通れない問題でもあります。だからこそ、簡単に直すということが大事であり、職場で冷ややかな目で見られないようにするためにも知っておくべきことです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング