革靴の中の臭いの原因は足の不潔な状態。その対処の方法

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

革靴の中の臭いの原因は足の不潔な状態。その対処の方法

靴を持って鼻をつまむ男性

通勤や通学で毎日履く革靴。気がついた時に「足や靴が臭い!」とショックを受けることもあるのではないでしょうか。毎日履くものですのでどうしても足が蒸れてしまいますよね。同僚や得意先と食事をする時に座敷だったり、友達の家に遊びに行ったりした時に、脱いだ靴や足が周囲の人に臭いと思われるのではないかと不安になることもあるかもしれません。臭くてたまらないけれど臭いを取る方法が分からないと思う人は少なくありません。
しかし、革靴は水洗いすることができるのです。水洗いで汚れを浮かし、嫌な臭いや汚れを取り除くことができます。
しかしまず、革靴が臭くなる原因を知りましょう。そして臭くなった時の対処法、臭くならないために日頃気をつけておくことについて考えます。
まずは臭いがする理由についてです。足の裏は体の中で角質が厚く、汗をかきやすいところです。なんと足は1日にコップ一杯分もの汗をかくのです。
そのうえ、足は靴下やストッキング、靴に覆われています。綿の靴下や通気性を考えられた靴ならまだしもストッキングや革靴は空気を通しません。そのため、足は密閉状態になってしまいます。通気性が悪いと革靴の中の温度は上がり、汗をかいて湿度も上がってしまいます。
温度と湿度が上昇すると足の汗は蒸発しにくくなり蒸れた状態になってしまいます。そうなると足の角質が剥がれやすくなります。剥がれた角質と汗が溜まった状態は雑菌が繁殖しやすくなり、こうして足の臭い物質が発生します。臭いは周囲のものに移ります。そのため靴下も革靴も足の臭いが移って臭くなってしまうのです。

革靴を水洗いする方法

それでは足からの臭いで臭くなってしまった革靴の臭いを取る方法に移りましょう。
まずは先ほど述べたように水で洗う対処の方法です。自宅でも可能なのでぜひ実践してみてください。革製品を水で洗って大丈夫なのかと心配になるかもしれません。水で洗う方法が良いのはなぜでしょうか。革靴の中には足の汗や汚れが染み込んでいます。しかし、水を含ませることによって汗の塩分が表面に浮いてくるのです。例えば雨に濡れると靴の表面が白く粉をふいたようになったことがありませんか。それは雨による汚れではなく、革が水分を含み、塩分が表面に浮き出てきたからです。汚れや汗を水で浮き出させると、臭いも取り除けます。月に一度ほど定期的に行いましょう。
ではお手入れの方法を説明します。まずは靴の表面を軽くブラッシングして汚れを落とします。次に雑巾を水に浸し、軽く絞ります。少し水気がある方が良いでしょう。それを使って革靴の表面をまんべんなく水拭きしましょう。拭き残すとシミになるので気をつけてください。靴の中もきれいに拭きましょう。かかと部分、つま先の部分は特に汚れがたまっていますので入念に拭いてください。拭きにくいつま先の部分は割り箸など使うと拭きやすいでしょう。それから新聞紙を丸めてつま先に詰め、形が崩れないようにします。陰干しで完全に乾かしてください。ドライヤーを使うと色が変わってしまうので必ず自然乾燥させましょう。革靴用のクリームを塗り、柔らかい布で拭き上げ、仕上げに防水スプレーまでかけると臭いの対処だけでなく見た目もきれいに保てます。

足の臭いが付く前に対処する

次に革靴に足の臭いが付く前に対処する方法です。
まずは靴を休ませるという方法です。足や靴下は毎日水で洗うことができますが、革靴を毎日洗うことはできません。しかし革靴は何年も履き続けるものです。そう考えると臭くない方がおかしいですよね。革靴を清潔に保つために、湿った状態を乾かすようにします。風通しの良い場所で日陰干しにします。替えの靴と交互に履くと靴も長持ちします。
また、靴を脱いだら除湿剤や乾燥剤を入れましょう。そうすることで靴内の雑菌の繁殖を防ぐことができます。炭などで作られた臭いまで吸収してくれるものも市販されています。
別の方法として、足の汗を吸収させるために中敷を利用することもできます。その際には抗菌加工、防臭加工のものを選びましょう。中敷も交換して乾かすことで足から出た汗を乾かすことができ、臭いの蓄積に対処することができます。
消臭剤を使うことでも臭いに対処できます。特にミョウバンスプレーは消臭に有効です。靴の中の細菌を減らし、臭いも抑えることができます。手作りすることができますのでとても手軽な方法です。
また市販の消臭剤も臭いの対処に有効です。その際には反応消臭式を採用しているスプレーを選びましょう。短時間で臭いを感じなくなります。臭いと思ったときにすぐに消臭できますし、事前に靴下にスプレーしておくなら臭いを予防できます。
他にも、昔から知られている方法として銅イオンを使うという対処法もあります。臭いやぬめりの防止に10円玉を入れる、というのを聞いたことがある人も少なくないでしょう。銅イオンは足を含め悪臭を緩和し、菌の繁殖を抑制する効果があります。きれいな10円玉を3枚ずつ入れておき、黒ずんできたら交換してください。
また、出先などでは難しい場合もありますが、最も簡単で強力な方法としては汗をかいた靴下を履き替え、足と靴の中を清潔に保つことで対処できます。

毎日のお手入れによって臭いを予防する

大切な靴に足の臭いが移らないようにするために、毎日の簡単なお手入れもしておきましょう。1日履いた靴はやはり足の汗とほこりで汚れています。外側はブラシで汚れをとりクリームを塗って仕上げ、内側は軽く絞ったタオルで汚れを拭き取りましょう。湿気がこもらないように乾燥剤を入れて日陰で乾かします。
雨に濡れた時はどうしたら良いでしょうか。どの靴でもそうですが、濡れた靴は完全に乾いてから履きましょう。出先であればくしゃくしゃに丸めた後、少しふんわりさせた新聞紙を詰めておくと早く乾燥します。湿ってきたら新聞紙を交換してください。壁に立てかけておくと水分が下に溜まりやすいので、水を吸収しやすくなります。他にも乾燥剤などと合わせると早く乾きます。雨が降ると分かっているときには新聞紙や替えの靴も一緒に持っていくと足が気持ち悪くなくて良いかもしれませんし、他の人の役にも立てるでしょう。
自宅に帰ってからは乾いたタオルで表面を拭き、新聞紙を丸めて中に詰め、湿ったら交換して乾かしてください。風通しの良い場所でシューズキーパーか新聞紙を詰めてしっかり乾くまで待ちましょう。ウッドシューキーパーですと消臭効果や型くずれ防止も期待できます。ウッドシューキーパーがない場合でも新聞紙を丸め、ティッシュペーパーに包んで割り箸で支えておくことで即席のシューズキーパーを作ることができます。
靴の臭いは湿気や雑菌の繁殖と大きな関係がありますので、乾燥させることがとても大切です。

靴の臭いは対処できるもの

このように革靴の臭いの原因が、風通しの悪い環境のもと足の汗や熱気、湿気によって繁殖した雑菌によるものであることが分かると対処の仕方も自ずと見えてきます。大切なのは靴の中を乾燥させ、清潔な状態にして雑菌の繁殖を防ぐことです。そのために中敷を敷くことで足の汗を吸わせたり、汗をかいた靴下を交換すること、毎日革靴を日陰干しにして乾かしておくことで対処することができます。消臭スプレーを足や靴の中にかけたり、靴下にあらかじめかけておくことができることでも臭いに対処できます。そして靴をローテーションで履くことによりしっかりと乾燥させ、水で汚れや汗を拭き取ることで清潔さを保つことができます。
一見面倒に思えるかもしれませんが、一つ一つは簡単な作業です。帰ってから消臭剤や乾燥剤をぽいと靴の中に入れるだけでもずいぶん違います。何にしても言えることですが、日頃からケアしておくことでいつも気持ちよく過ごすことができ、とっさの時にも臭いを気にすることなく靴を脱ぐことができます。お座敷も友達の家も怖くありません。
足の状態と臭いの関連が分かると、自分でも「このように対処できる」と思いつくかもしれません。コツコツした努力で快適な生活を送ることができますし、恋人や家族にも足の臭いで不快にさせることがなくなれば無駄に気まずくなることもないでしょう。エチケットの一つとしても足や靴の臭いを振りまかないようにしたいものですよね。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング