加齢臭はどんな臭いがするかを例を挙げて説明していきます

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

加齢臭はどんな臭いがするかを例を挙げて説明していきます

小瓶とグラス

加齢臭は、中高年から発するものです。つまり、この臭いは多くが皮脂と汗の混合で、代謝が衰えながらも個人個人の今までの食生活や疲れから来る代謝異常と言っても良いでしょう。具体的に挙げられる臭いとしては、ロウソク、古くなった天ぷら油の臭い、チーズのような臭いなど様々で、たまに老人特有の良い匂いがする場合もあるようですが、総じてあまり良い印象は持たれません。そこでここではそれぞれの臭いについて解説しながら、どのような対策をすることが加齢臭対策に最も良いのかを説明してきます。加齢臭でお孫さんに嫌われないように、又いつまでも若々しくいられるように例を挙げて具体案を提示していきますので、今気になっている方は良く読んでしっかりと対策してください。知らず知らずにお孫さんや若い人を加齢臭で遠ざけていた人は、この対策によってもっと多くの若い人やお孫さんと交流できるようになります。若い人と交流することによって、更に気持ちが若返れば、どんな人も行動範囲が広まり、痴呆の防止にもなり、加齢臭を持つ人達にとって良い例となるでしょう。実際この加齢臭については、本人が悪いのではなく、今まで知らなかった知識を身につけ対策する機会が無かっただけなのです。加齢臭であれば、どんな臭いでも必ず原因があります。原因さえ解決すれば加齢臭はきっとなくなりますので、日々の生活習慣にもう一度目をしっかりと向け直してみてください。

古くなった天ぷら油の臭いがする場合

古くなった天ぷら油の臭いがする場合は、肝臓を痛めているか肝臓の機能が低下している可能性があります。東洋医学では臭いを5種類に分けて、それぞれを五藏に当てはめています。油臭いのは肝臓に当たり、実際に加齢臭は、汗と皮脂が混じり合って分泌されていますので、肝臓の調子が悪かったり、肝臓の機能が低下していると、脂肪を代謝できなくなり、その脂肪分が酸化して汗となって出てくるのです。つまりこのような人は油ものを摂取する食生活が多いのか、アルコールの摂取が多いのかという事が考えられます。もし、該当するようであれば、先ずは油ものの摂取やアルコールの摂取を少しずつでも減らしていきましょう。減らしていくことで古い天ぷら油のような感じがなくなれば、原因からしっかり対策できた証拠です。もしかしたら、完全に油ものやアルコールをなくさなければ難しいかも知れません。しかしながら、それは自分自身の長年の食生活によって肝臓が悲鳴をあげている事を示していますので、どんなに辛くても食生活を改善していくことで、周囲の人の嫌悪感も少なくなりますし、自分の健康に大いに寄与します。一挙両得できる機会を得られたわけですから、食習慣を変える事は大変ですが、この機会に頑張ってチャレンジしてみてください。このような単純な例であれば、自分の覚悟次第でどんな加齢臭でも改善していきます。言い換えると、改善しない加齢臭は決してありません。

ロウソクのような臭いがする場合

ロウソクのような臭いは、古本にも譬えられますが、皮脂の成分や活性酸素の増加が原因と言われています。若い人でもこの皮脂と活性酸素は分泌されていますが、加齢によって加齢臭と言われるほどに増加していくのです。これに対する対策は、この皮脂や活性酸素の発生を減少させれば良いわけですから、動物性タンパク質の食事を抑えることが肝要となってきます。そしてビタミンCを摂取する事で活性酸素は抑えられますので、サラダやフルーツを意識的に摂取しながら動物性タンパク質を抑えた食生活に転換する必要があります。言い換えると、若い頃から今までの食生活によって加齢臭が出て来ている可能性がありますので、食生活の転換は不可欠です。急激な食生活の転換は、本人の行動力や思考力を低下させる恐れがありますので、徐々に行ってください。活性酸素自身は、行動や思考をたくさんした結果、大量に分泌しているものですので、それ自身を咎めるものではありません。目的によって食生活を変えて行くという考えを持つ事が大切です。この点に関しては肝臓の機能低下と異なり、完全に無くす必要がない場合も多いのです。少しずつサラダやフルーツ類を食生活に入れていき、タンパク質を減らしていくことで容易に実現できる可能性があります。問題なのは、それによって本人の意思や行動力が低下することですので、しっかりと目的を持てさえいれば、楽しく変えられるでしょう。

チーズのような臭いがする場合

今まで書いて来たように、食生活から来る事は間違いありません。チーズに似ているということはチーズに似たもの、つまり乳製品の摂取が多い事から加齢臭が起こっている例となります。しかし、チーズを食べ過ぎている人とそうでない人がいます。そうでない人はロウソクの場合と同じくタンパク質の摂取過多によってこの加齢臭が来ていると考えて良いでしょう。つまり、摂取するものは同じようなものであっても、個人差によって加齢臭が変化します。又、それを感じた人の経験や感覚等によっても変わるのです。従って対策としては、ロウソクの場合とほとんど同じとなります。タンパク質の摂取をできるだけ減らしていきながら、サラダやフルーツ類を積極的に摂取していく事が大切です。チーズのような場合は、チーズが好きな人に取っては好感を持たれるかも知れませんが、万人が好感を持つことはなく、加齢臭であればどんなものでも嫌がられる可能性の方が高いのです。軽く考えずに、食生活の改善を意識していきましょう。特に、普段からタンパク質の摂取過多を感じている人であれば、当然長年積み重なっているはずですので、病気になる一歩手前かも知れません。つまり加齢臭対策をすることで、自分自身の身体をより良い方向へ持って行っているという事も感じてもらえれば、加齢臭対策だけでなく、健康に大きく貢献することになるのです。どのような加齢臭も健康に対する危険信号だと考えると良いでしょう。

全てが食生活の改善によって良くなります

以上3つの例を挙げて、加齢臭対策を書いていきましたが、全ての加齢臭の原因が、長年の食生活の偏りによるものですから、食生活にどのような偏りがあるのか、自分自身を知ることにもなります。例に挙げたものには、当然ながら個人差がありますので、加齢臭であれば先ずは食生活を見直してみてください。これは再三書いているように、臭いの問題だけではなく、自分自身の内臓の健康状態が主要な原因なのです。少しの危険情報も疎かにせずに、しっかりと対策することで、加齢臭がなくなれば、周囲の人に嫌な思いをさせることも少なくなり、自分の健康をより良い状態にして保っていけると考えれば、これによって未来の健康まで明るくなります。歳を重ねていくと、あらゆる事に諦めがちになりますが、このような少しの対策をコツコツと積み上げていくことによって、歳を取ってもできることがたくさんあり、食生活が改善してくれば日々の生活も楽しくなり、徐々に若返っているような気分になるでしょう。健康は、失ってから初めて気づく人が多いものです。このようなサインを見逃すことなく努力する事で、より若々しい歳の取り方を若い人の見本として見せてあげることも高齢の方の使命ではないでしょうか。そして、それが自分の生きがいにも大きく繋がってくることは間違えありません。生活習慣の改善は大変な事ですが、この機会に是非思い切ってチャレンジしてみてください。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング