加齢臭を食生活から防ぐ方法と改善する方法について知ろう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

加齢臭を食生活から防ぐ方法と改善する方法について知ろう

花を抑えている女性

おやじ臭いと言われることのある加齢臭ですが、40歳前後から男性女性問わずだれでも発生するようになるのです。
しかし、同じ年齢の人でも強い加齢臭を放っている人もいれば、反対ににおいがあまりきつくない人もいるのです。なぜそのような違いが生まれるのでしょうか。
加齢臭の原因物質は、ノネナールです。ノネナールは、皮脂中の9⁻ヘキサデセン酸と過酸化脂質が結合してできたものです。
過酸化脂質は、年をとることで活性酸素の分泌が増えるにしたがって増加するのです。
若い人では、活性酸素を分解する酵素が活発に働いているため、体内で発生する活性酸素の増加を防ぐことが出来ます。この力を抗酸化力と言いますが、この抗酸化力は偏った食生活や不規則な生活習慣、加齢などが原因で活性酸素を分解する酵素が減少してしまうことによって弱まってしまいます。結果過酸化脂質が増加し、ノネナールが発生しやすくなるのです。
年をとっても加齢臭のしない人は、この抗酸化力が高いと言えます。
つまり加齢臭を防ぐためには、この抗酸化力を高めることが必要になります。
加齢臭を高めるためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動や食事の見直し、サプリメントの活用などがあげられます。
特に活性酸素の分泌は食べるものによって大きく変わってくるため、加齢臭の予防と改善には食生活の見直しが大切になってくるのです。
食生活を見直し、加齢臭をしっかり改善させましょう。

加齢臭は防げる!食生活による改善方法1

加齢臭を抑えるためには抗酸化力を高めること、つまり酸化を抑えることが重要になってきます。
酸化を抑えるための食生活とは、野菜中心であり動物性の脂肪を控えることが大切になります。
加齢臭の改善に最適とされる食生活は、私たち日本人が昔から続けている和食のような食事と言われています。
魚や納豆、みそ、豆腐など昔から親しまれてきた和食が加齢臭にとって一番効果的とされているのです。
しかし、昔に比べると最近では焼き肉やステーキ、角煮などの肉類を食べる習慣が増えてきました。
肉類があまりよくないと言われる理由には、余分な脂を摂ってしまうことにあります。また、肉を食べると腸の中で消化されるのに時間がかかってしまい、そのことが原因で刺激臭が多く作られてしまうのです。その刺激臭が腸にダメージを与えることで、体臭へと繋がっていってしまいます。
それだけではなく、健康に悪いと言われている油物やお酒などのアルコールは、においを強めてしまう直接の原因となるとされているため注意が必要です。
反対に魚や大豆製品を食べると、余分な刺激臭の発生を抑えることも期待でき、酸化を防止する成分も同時に吸収できるため加齢臭を防ぐにはとても効果的な食べ物なのです。
肉の油は、においの原因になってしまいますが、魚の油は酸化を防止する効果があるため積極的に摂取しましょう。ほかにも、オリーブオイルやクルミの油、えごまの油なども酸化の防止に良いとされているため、普段の食生活に上手に利用することで加齢臭を防ぐことが出来ます。

食生活による改善方法2

揚げ物や脂肪分の多い肉類、マヨネーズや卵黄などの脂っこいものの食事に注意すること以外にも、改善方法があります。
それは、体の酸化を抑えるビタミンCやビタミンE、ポリフェノール、βカロテンなどの栄養素を多く含む食品を摂取することです。
体内に活性酸素が発生し、増加すると加齢臭の原因物質であるノネナールの生成を促してしまいます。この活性酸素の発生を抑制する働きがあるのは、ビタミンCとビタミンEなのです。
ビタミンCとビタミンEの効果の一つに、抗酸化作用があげられます。
活性酸素から酸素を奪うことで、活性酸素の働きを弱めてくれる働きによって、加齢臭の原因物質ノネナールが生成されにくくなるのです。
ビタミンCを多く含む食品には、ピーマンやパセリ、ケール、ゴーヤ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜があげられます。
ビタミンEは、アーモンドやトウモロコシ油、アンコウの肝、抹茶、鰻、かぼちゃに多く含まれています。
ビタミンCやビタミンEは、現代の日本人の食生活では不足しがちな栄養素とされています。
ビタミンCは熱に弱いため、加熱すると壊れてしまいます。そのため、ビタミンCを効率的に摂取するためにはビタミンCを多く含む食品を生で食べるなどの工夫が必要になります。
そしてビタミンEは、油に溶ける脂溶性のビタミンであるため、油いためなど脂分と一緒に摂取することが大切になります。またビタミンEはビタミンCと一緒に摂取することで、抗酸化力を高めることが出来ると言われています。
抗酸化力の高い栄養素を日常の食事に積極的に取り入れましょう。

食生活による改善方法3

他にも、加齢臭を防ぐための食生活があります。
まず一つ目は、腸内環境を整える食事をすることです。
腸の中の状態も、実は加齢臭に影響してきます。加齢とともに腸の中の免疫や代謝に必要な働きをする善玉菌が減り、反対に悪玉菌が増えるようになります。悪玉菌は消化されなかったたんぱく質やアミノ酸を分解し、きついにおいの原因となる物質を作り出してしまうのです。そのため、悪玉菌が増えて腸の中の環境が悪くなると加齢臭がひどくなる原因になります。善玉菌が増えると、腸内環境が整い、加齢臭を抑えることが出来るのです。
善玉菌を増やすものには、食物繊維を多く含む野菜があげられます。食物繊維は善玉菌のエサになり、便通も整えてくれるのです。また、ヨーグルトや納豆、漬物、お酢などの発酵食品も善玉菌を増やし、腸内を整える働きをサポートしてくれます。
二つ目は、緑茶を飲むことです。
緑茶に含まれるカテキンには、抗酸化作用があります。またカフェインも含まれており、このカフェインには利尿作用があります。利尿作用によって汗を減らす働きがあるため、体臭そのものを抑えることが期待できるのです。
緑茶は、加齢臭の改善、予防に効果のある和食にも合うため、食事をする際にはコーヒーやジュースなどよりも緑茶がおすすめなのです。
三つめは、リンゴ酢を使うことです。
りんごとお酢のどちらにも、消臭作用があります。活用方法としては、サラダ用ドレッシングや酢の物、ピクルスなどお酢の代わりに様々な料理に手軽に利用することが出来ます。

食生活による改善方法のまとめ

加齢臭には、生活習慣の中でも特に食生活が深くかかわってきます。
普段何気なく口にする食べ物が、将来年をとるにつれて加齢臭を悪化させてしまうかもしれないのです。
加齢臭を防ぐためにも、普段からしっかりと食事を管理することが大切です。
今回あげた、改善方法を以下にまとめます。
一つ目は、酸化を抑える抗酸化作用の高い食事をすることです。過酸化脂質の分泌を抑制する働きのある抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂取していきましょう。
二つ目は、脂肪分を多く含む食事は避けることです。
角煮や焼き肉、ステーキなどの脂肪分を多く含む食事を続けていると、健康に悪いだけではなく腸内環境を悪化させにおいをきつくする原因を作ってしまいます。また、肉類の脂肪分には酸化を高める作用があるため、できるだけ脂肪分の多い肉類の摂取を避けるようにしましょう。
三つめは、魚や納豆、みそ、豆腐などの和食中心の食生活にすることです。
日本人が昔から続けてきた和食は健康だけでなく、きついにおいの予防にも効果的です。魚の油は、酸化の防止に効果的です。積極的に食事に取り入れましょう。
四つ目は、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどを多く含む食品を摂取することです。
ビタミンCやEには抗酸化作用があります。これらの栄養素が含まれる野菜、特に緑黄色野菜中心の食事がおすすめです。
五つ目は、腸内環境を整える方法です。
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす食物繊維や乳酸菌を含むヨーグルトなどの食品を積極的に摂取しましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング