加齢臭の臭いは石鹸で洗って落とすのが効果的な基本対策です

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

加齢臭の臭いは石鹸で洗って落とすのが効果的な基本対策です

唇に人差し指をあてる女性

加齢臭は体内から発生して皮膚に溜まるものであり、洗うことで消すことができます。
汗と皮脂を落とせば消えますが、ある程度時間が経過すると臭いが気になり始めます。
石鹸でキレイに洗っても、半日もすれば臭いが気になり始めるはずです。
わきが・すそわきがは最初に臭いやすく、デオドラントを使用しないと入浴してから1~2時間後には臭いが発生してくることが多いです。
洗っても数時間しか消臭効果がないなら意味がないと思うかもしれませんが、洗うことで臭いをリセットできます。
デオドラントで加齢臭対策をする場合、体臭を完全に消してから使用しないと効果が半減してしまうのです。
汗や皮脂が残った状態で使用しても、本来の消臭効果が発揮できません。
汗と皮脂が混合することでノネナールという原因物質が発生し、加齢臭が気になり始めます。
きちんと洗ってからデオドラントを使用すれば、24時間の消臭効果が期待できるでしょう。
1日1回の使用で効果を得られるように設計されているため、1日に数回使用しないといけないものは消臭作用が弱いと考えてよいです。
通常の石鹸で汚れをよく落とせない場合は、殺菌・制汗作用のある加齢臭用の石鹸を使用するといいでしょう。
汗と雑菌の繁殖を抑える作用があるので、ノネナールの発生を軽減してくれます。
デオドラントの効果も倍増するので、加齢臭専用の石鹸との併用をおすすめします。
わきが、すそわきが、耳の後ろ、頭皮などは特に臭いが強くなりやすいので念入りにケアしてください。

1日1回の入浴で身体を洗うこと

入浴回数は1日1回でよいので、毎日入浴して汗と皮脂を落としてください。
しっかりと洗うことで雑菌繁殖、ノネナール分泌を防ぐことができるのです。
加齢臭が気になる方の特徴には、シャワーで済ませることがあります。
汗というのは思いのほか頑固なもので、シャワーだけでは完全に落とせません。
皮脂や塩分を含有しており、入浴してやわらかくしないとよく落ちないのです。
入浴には身体を温めるという目的もあり、湯船に20分も浸かれば身体が芯から温まってきます。
それにより新陳代謝がよくなって、加齢臭物質を体外に追い出すことができるのです。
昔から肥満や冷え性の方は体臭が強くなりやすいと言われていますが、これは毒素を溜め込んでしまうからです。
毒素は代謝を低下させてしまい、さらに毒素を増やすという悪循環になります。
汗をあまりかかない方は体臭も弱くなると思うかもしれませんが、代謝が悪いと臭いを溜め込みやすくなります。
こうした方が汗をかいた場合、通常の何倍もの体臭を発してしまう場合があるのです。
体臭と加齢臭は比例関係にあり、体臭が強いほど加齢臭も強烈になると考えてよいでしょう。
毎日入浴をしてしっかりと洗って、デオドラント効果を高めながら代謝促進もしていきましょう。
デオドラントは身体の外側からのケアであり、代謝促進は内側からのケアです。
体内から加齢臭物質の発生を抑えていけば、デオドラントの効果も倍増するのです。

石鹸を使えば洗浄効果がアップする

石鹸は汚れを手軽に落とすために役立ち、さらに洗浄時の肌への刺激も軽減してくれます。
お湯だけで洗おうとすると、必然的にある程度擦らないと汚れが落ちません。
それにより肌の乾燥やヒリヒリ、炎症などを招いてしまう可能性があるのです。
過剰な乾燥が続くようだと、皮脂分泌の増加につながることがあるので気をつけましょう。
乾燥と皮脂分泌は無縁に思えるでしょうが、乾燥した状態が長期間続くと肌がバリア機能の低下に対抗するため皮脂を過剰に分泌してしまうのです。
適量が分泌されるなら肌にとってよいことですが、この場合は過剰分泌によってオイリーを招いてしまうわけです。
皮脂が増えるとノネナールの分泌も多くなるため、加齢臭がより強くなってしまいます。
石鹸を使用して洗うことは体臭対策の基本であり、肌が敏感な方ほど高級石鹸を使用したいものです。
添加物が含まれていないものは肌刺激が弱く、肌荒れ・かゆみなどを発生させにくいです。
加齢臭対策用の石鹸は殺菌・制汗作用に優れているので、臭いが気になりだした方は変えてみましょう。
男性は30代~40代、女性は50代から加齢臭が強くなりやすいため、このタイミングで本格的なケアを始めるのが理想です。
臭いが特に強い部分については、クレンジングオイルを使用して毛穴の内部から汚れを落としていきましょう。
皮脂酸化を防ぐためにも、毛穴は定期的にキレイにしておく必要があります。
週に1回のクレンジングをするだけでも、皮脂が溜まるのを防ぐことができるでしょう。

よく泡立てて洗うのが基本

加齢臭対策の基本は毎日石鹸で洗うことですが、正しい洗い方をしないと効果が半減します。
洗うときは決してゴシゴシと擦らずに、泡の力で汚れを落とすようにしましょう。
力を入れなくても汚れを落とせるように設計されているので、手の平でなでる程度でもよいのです。
ただ泡が少ないと洗浄力が落ちてしまうので、モコモコの泡ができるまでよく泡立てましょう。
キメ細かい泡は毛穴の奥底まで入り込んで、皮脂汚れを落としてくれるのです。
洗うタイミングは入浴時がベストであり、湯船に浸かる前よりも浸かった後のほうがよいです。
汚れがやわらかくなって落としやすくなるので、額に汗をかく程度までは湯船に浸かりましょう。
専用の泡立てネットを使用すれば、簡単にモコモコの泡を作ることができます。
石鹸の洗浄力は強すぎても弱すぎてもいけないので、自分に合ったものを探していく必要があります。
洗浄力が強いと乾燥肌になり、逆に弱いとオイリー肌になってしまうのです。
乾燥肌はかゆみ・炎症を引き起こすことがあるので、皮脂量を適量に調整していきましょう。
オイリー肌は加齢臭を強くする原因となるので、正常肌に戻していく必要があります。
正常肌の状態が最も加齢臭予防に適しているため、まずは肌を安定させる対策が必要となります。
肌が安定している状態は新陳代謝・ホルモンバランスが正常であり、加齢臭の原因となる皮脂やノネナールの発生を抑えてくれるのです。

加齢臭を消すためにできる日常ケア

加齢臭は程度の差こそありますが、年齢を重ねると誰にでも発生します。
消臭の基本は毎日洗って汚れを落としていくことであり、ここが不十分だとデオドラントを使用しても思うように効果を発揮できません。
完全に汚れが落ちていない状態というのは、汗や皮脂がまだ残っているわけです。
雑菌やノネナールが発生しやすい状態にありますし、すでに臭いがある状態でデオドラントを使用しても本来の効果は発揮できません。
そもそもデオドラントというのは無臭状態を維持させるためのアイテムであり、すでに発生している臭いを消すためには適していないのです。
1日1回の入浴をして、そのときにボディを洗うようにしてください。
シャワーだけだと体臭が強くなりやすいですが、これは汚れを十分に落とせないこと、新陳代謝を活性化できないことなどが原因です。
額が汗ばむ程度まで湯船に浸かることで、汚れが浮き上がって落としやすくなります。
石鹸を使用するときは十分に泡立てて、泡の力で汚れを落としていきましょう。
泡が少ないと洗浄力が低下してしまうので、専用の泡立てネットを使用するといいです。
加齢臭対策用の石鹸を使用すれば、臭いの原因となる汗や雑菌を抑えることができます。
肌を清潔に保つ作用もあるので、デオドラントの効果も長く続くことでしょう。
デオドラントを毎日使っているのに臭いが強いという場合は、汚れが残った状態で塗布している可能性があります。
加齢臭対策の基本は洗うことにあるので、無臭状態になるまで洗ってからデオドラントを使用してください。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング