加齢臭の臭いを防ぐには耳の後ろを洗うことも忘れずに

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

加齢臭の臭いを防ぐには耳の後ろを洗うことも忘れずに

目を閉じている女性

年齢を重ねてくると、自分の臭いがどんなものなのか気になってくるのではないでしょうか。特に家族がいる場合には、奥さんや子供たちから指摘されてようやく気がついたという方も少なくありません。自分の体臭がどんな臭いなのかは普段の生活では気がつきにくいのですが、誰でも加齢臭は多かれ少なかれ出てくるものなので、気にしすぎるのは逆効果です。よく言われるのは耳の後ろから何となくくさい気がするとは言われるものの、自分で耳を触ったりしてすぐに分かるわけではありません。耳周辺から加齢臭がすると言われるわけとしては、普段の入浴で体や髪は洗うのは当たり前だったとしても、耳まできちんと洗う人は少ないからだと指摘されています。普段から耳の周りもきちんと洗っているのであれば、頭からつま先までくさいと言われるような状態にはならないはずです。また、耳の後ろは想像している以上に皮脂の分泌が多く、加齢集の元になりやすい成分が多く溜まってしまう場所だと思ってもいいでしょう。もちろん耳だけでなく体からは皮脂が分泌されていますので、本来は全身から加齢臭は漂うものだと思っておいて下さい。特に上半身から癖のある加齢臭は感じられやすいので、年齢を重ねてきたら一度ぐらいは自分の臭いがどうなっているのか気にかけてみてもいいでしょう。自分は感じていなくても、相手からくさいと思われていていつの間にか他の人と距離ができていたということにもなりかねません。

加齢臭が耳の後ろからすると言われる理由

人の体の皮脂などを元にして加齢臭は作られるのですが、その表現も図書館のにおい、古いたんすや枯れ草などいろんな言い方をされます。そうかと思えば加齢臭も酸化した油のような人を近づけさせられない何とも表現しがたいような体臭になっていることもあります。最近は耳の辺りから臭いがしやすいと言われているのですが、それは普段から意識して洗う場所ではないからだと言われています。それに、耳の形を考えればよく分かるのですが、汗も流れ落ちて溜まりやすいために、皮脂やいろんな雑菌類と組み合わさって様々な加齢臭を作り出してしまうのです。しかも残念なことに揮発しやすく拡散しやすいので、他の人にくさいと思われてしまいやすいのです。女性たちによくくさいと言われることも多いと思いますが、身長の関係上女性の鼻が男性の耳の辺りの高さに来たりすることもあるので、その事もあって加齢臭を感じ取りやすくなってしまうので、何とかして欲しいと苦情にまで発展してしまうことにもなるのです。加齢臭は一度発生してしまうともう諦めなくてはいけないような気持ちにさせられるかもしれませんが、毎日のスキンケアなどを心がけていくことで耳周辺から発生する原因を少しずつ減らしていくこともできます。諦めずに頑張ってケアをしていくことで、嫌な加齢臭を周囲に与えることもなく、自分自身でもにおいを気にせずに生活できるようになってくるでしょう。

洗い残しのないように気をつけよう

毎日入浴をしていても、忙しくなるとシャワーだけさっと浴びて終わりという方も多くなるでしょう。また、普段洗うのは誰もがにおうだろうと思うような脇やデリケートゾーンなどを中心に洗うだけで、後は洗髪をして終わりということもあるかもしれません。加齢臭が耳の後ろからすると言われていたとしても、うっかりそこまできちんと洗わないこともあります。洗い残しのないように、洗髪や洗顔をする時に耳まで綺麗にすると自分で癖をつけるようにしましょう。首周りを洗う時と一緒に洗うというように、他の体の部位とセットに考えて洗うようにすれば耳の後ろを洗い忘れるということも防げるようになります。ただ、男性の場合は周囲から指摘されるととにかく洗わねばならないと気負ってしまって、ごしごしと力を入れて力任せに洗ってしまいがちです。ここで注意したいのが洗いすぎです。洗い残してしまうと汚れが溜まっていく一方ですが、洗いすぎると必要な皮脂や潤いまで落ちてしまうため、皮膚が乾燥してしまったりするなど、これもまた加齢臭の元になってしまうのです。耳はそれほど広い範囲ではありませんので、洗顔をする時のような柔らかくきめ細かな泡を作って優しく触れるように耳を洗ってください。そして泡が残らないように綺麗にすすいでから水分を拭き取っておきましょう。綺麗に優しく洗い、すすぎ残しがないようにすることでスッキリと清潔な耳になります。

加齢臭は全身のケアも大切

加齢臭は耳の後ろと指摘されたらそこだけからしか臭いが出ないと思っている方もいるでしょう。けれども人の体は全身から皮脂が出ますし、汗もいろんな部位から流れ落ちていきます。耳の後ろから皮脂が出やすいのは確かですが、だからと言って加齢臭が出てくるのは耳だけではなく、全身から出てくると思ってケアをしていくことが大切です。耳を綺麗に洗うだけでなく、出先でも少し気になるようであれば専用のタオルを用意して耳を軽く拭いてあげるだけでもかなり臭いが軽減されます。また、体も普段から綺麗に洗っていると思いますが、その時も力任せに洗うのをやめて丁寧に優しく洗い、汚れをすすいで清潔さを保って下さい。衣類に関しても毎日新しいものに取り替えるなどして、雑菌がつきにくいような環境を整えることも大切です。このように外的要因の対策をしていくことも大事なのですが、加齢臭が気になりだしてくると体そのものが酸化してきている可能性もあります。こってりした食事やインスタント食品を減らして野菜を意識して食べたり、抗酸化作用のある栄養素が摂取できるサプリメントなども良いでしょう。年齢を経てくるとよく体が錆びてくると言われます。加齢臭もその一環で発生するものだと思えば、心身のケアをしていかなくてはと思うのではないでしょうか。食事や運動もしっかりと行って、体の内外から加齢臭を撃退できるように努力をしていきましょう。

年齢を気にせず生活するために

加齢臭がし始めたらそろそろ年かもしれないとため息をつきたくなる事もあるでしょう。家族や友人同僚などから指摘された時のつらさはいいようのないものです。年齢が気になってくると体臭も気になってくるでしょうから、耳の後ろを洗うように心がけるだけでなく、普段の生活でも食事内容や運動がどれだけできているのか一度確認してみると良いでしょう。臭いがするのは誰でも当たり前ですが、加齢臭と言われてしまうほどのレベルになってくると、周囲にいる人たちにくさいのだと迷惑をかけている可能性があります。入浴時もカラスの行水ではなく、洗髪やボディの洗浄、耳周りなど細かいパーツも意識して洗い、そして洗い終えたらきちんと汚れを残さないようにすすぐことも大切です。洗い過ぎも注意ですが、洗った後のすすぎが不十分であればそれらがまたにおいを作る元になってしまうので、頑張って体を洗った意味がなくなってしまいます。年齢を重ねてくると仕事も忙しくなってきますから、とりあえず食べるものも適当になってくるでしょうけれども、不摂生をするとそれも加齢臭に繋がっていきます。肉や野菜はバランスよく食べられるようにして、体の酸化を防ぐように心がけてみて下さい。普段の食事でバランスよく栄養素を取れていないと感じたら、サプリメントなども併用して体の錆つきを軽減させましょう。年齢や体臭を気にせず生活できる習慣を心がけて過ごして下さい。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング