加齢臭とミドル脂臭は違う?何歳から臭いが増えるのか

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

加齢臭とミドル脂臭は違う?何歳から臭いが増えるのか

両手を広げている女性

人間であれ動物であれ、生き物であればみんな独特の体臭というものを持っています。私たち人間の場合、特に一定の年齢に達した男性から臭う加齢臭が有名ですが、最近はテレビコマーシャルなどでミドル脂臭という言葉を耳にすることも増えてきました。名前が違うだけで臭いの中身は一緒なのか、それとも全く別物なのかよくわからないという人も多いでしょうが、結論から言うとこの2種類の体臭は原因物質も特徴も全く異なる別物なのです。
加齢臭とは、名前の通りある程度年齢を重ねた人からよく臭うようになります。男性に多いというイメージが強いですが、実は女性でも独特の臭いがしてしまうこともあるのです。加齢臭の原因はノネナールという物質で、これが皮脂と混ざり合うことで反応したり雑菌が繁殖し、あの強烈な臭いを発してしまうようになるのです。だいたい40代から50代に入ると加齢臭を発するようになる人が多く、年齢が一つの判断基準になるとされています。一方のミドル脂臭は、ジアセチルという物質が主な成分になっています。原因物質も別なら臭いが分泌されやすい場所も加齢臭とは異なっており、何より臭いを発する年代が大きく異なります。このように、加齢臭とミドル脂臭は一見すると同じ体臭の話のように聞こえますが、詳しく内容を見てみると様々な違いが存在するのです。臭いの対策をどのように取れば良いかも異なるため、自分がどちらに入るのか知っておくことが大切です。

ミドル脂臭の特徴とは

ミドル脂臭とは、簡単に言えばミドルという名前の通り30代から40代にかけて発生しやすい体臭のことを指します。もともと加齢臭は40代に入ってから増加すると言われてきましたが、実際には20代後半頃から強く独特な臭いがしてしまう人も多くいました。こんなに早く加齢臭が始まるものなのか、と専門家の間でも訝しがられていたのですが、ある化粧品メーカーの研究によって一般的な加齢臭とは原因となる物質が異なっていることが分かったのです。20代の若者から加齢臭が増え始める40代までの体臭を調査したところ、加齢臭の原因であるノネナールという物質よりもジアセチルという成分の方が多いことが判明しました。つまり、20代後半から30代までの中間世代が発しているのは加齢臭ではなく、ジアセチルを原因とした別の体臭だということを突き止め、これをミドル脂臭と名付けたのです。この体臭の特徴としては、主に後頭部のあたりから限定的に発生したり、脂っぽく不快な汗の臭いだということなどが挙げられます。こういった特徴は加齢臭とは微妙に異なるもので、ミドル脂臭独特のものだと言えます。中には生ごみが腐ったような臭いと表現されることもあり、女性にはかなり嫌がられています。臭いの強さが最も強くなるのは35歳から45歳の10年間とされており、人によっては早めの加齢臭も始まって大変な体臭になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

ミドル脂臭は何歳から増える?

一般的に加齢臭は40代50代に入ってから強烈な臭いが発せられるようになると言われていますが、ミドル脂臭の場合は何歳から臭うようになってしまうのでしょうか。もちろん何歳からというのは個人差もあるため一概には言いきれないのですが、一般的には30代の後半あたりから増えると言われています。この体臭の原因はジアセチルという物質なのですが、これは私たちの汗に含まれている乳酸という成分が、皮膚の常在菌によって分解されることで生み出されるものです。厄介なのはその臭いで、何度も使い回して鼻を衝くような悪臭を放つ油のような独特の臭いを放つのです。ノネナールを原因とした加齢臭よりも空気中に拡散しやすいという特徴を持っており、周囲の人にすぐ気づかれてしまうのも悩みの種です。何歳から臭いが増えるようになるかというと、やはり汗の分泌やその中の乳酸の量が増える35歳頃が挙げられるのですが、汗腺が発達しているような人は20代でも臭いが増えることもあります。主に自分の後頭部周辺から臭いを発してしまうため、なかなか自分では気づけないのが難点です。何歳からというボーダーを当てにすることなく、たまに家族などに後頭部をチェックしてもらい、臭いを発していないか確認することも大切です。特に若い男性はコンプレックスに感じて悩みを抱えてしまうこともあるので、早めに発見して適切な対策やケアを行っていくようにしましょう。

ミドル脂臭のお手入れ方法

加齢臭と同じく、ミドル脂臭も臭いに気付いたらすぐにケアを行うことが重要です。もともとこの体臭は頭皮に分泌される汗を雑菌が分解することで発生するため、頭皮の汗をしっかりシャンプーで洗い流すことで軽減させることができます。30代の男性ともなると、毎日分泌される皮脂や汗はかなりの量になりますし、頑固にこびり付いて落ちにくい特徴があります。このため、より確実なケアを求めるなら2度洗いも必要となるのですが、この場合は汚れを落とす代わりに頭皮へのダメージが大きくなってしまいます。爪を立てたり、思い切り力を入れて洗ってしまうと頭皮を傷つけ、湿疹や乾燥など他のトラブルの原因になってしまうので、優しく指の腹でマッサージするようにシャンプーしていきましょう。シャンプーする際、後頭部は手を回しにくいのでついつい適当に洗ってしまいがちです。襟足はもちろん後ろの首筋にかけても、しっかり念入りに洗うようにしましょう。
シャンプーの方法だけでなく、使用するシャンプーの成分などにも注意するとより効果が高くなります。カンゾウやケイヒといった植物由来の成分が、臭いの元となる乳酸の発生を予防する効果があるとされているため、これらの成分が含まれたシャンプーを使用するのもおすすめです。
さらに、臭いが強くなる年齢に近づいたら普段の食生活に注意することも大切です。血行が悪化していると臭いの原因となる乳酸がたっぷりと分泌されてしまうので、血行を改善できるよう栄養バランスの取れた食事や運動も続けるようにしましょう。

ミドル脂臭をケアして快適な生活を

このように、加齢臭とは違った特徴や原因を持つミドル脂臭は、それに適した対策を行わなければ臭いを軽減させることはできません。そのためには、まずこの体臭の特徴を知ることから始めましょう。汗の中に存在する乳酸という物質が、肌に住んでいる常在菌の働きによって酸化することで臭いを発してしまうことや、加齢臭とは違うジアセチルという物質が原因となっていることなど、独特の性質をしっかり理解しておくことが大切です。また、何歳から臭いが増えるようになるのかも気になるところですが、加齢臭が増える前の30代後半から40代半ば頃までが臭いのピークとされています。この年齢になると、後頭部から首の後ろにかけての部分から、油が古くなったような臭いや生ごみが腐ったような臭いがするようになります。
臭いが気になる場合は、臭いの発生源である頭皮や首の後ろをしっかりシャンプーすることでケアできます。最近はミドル脂臭の認知度も高まってきたため、消臭効果を持ったものや、原因物質を生み出してしまう乳酸の分泌を抑える効果のあるものなど、様々なタイプのシャンプーが市販されています。これらを使い、首の後ろまで指を使って丁寧に洗うようにしましょう。力を入れて洗ってしまうと頭皮を傷めて逆効果になってしまうので、優しく洗うことがコツです。臭いがきつくなる年齢になったら、このように知識を付けて最適な対策を行っていきましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング