異常なまでに顔から汗が多い原因は病気?それとも気にしすぎ?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

異常なまでに顔から汗が多い原因は病気?それとも気にしすぎ?

驚き顔のネコ

暑いときには誰でも汗をかきます。もともと汗っかきの人であれば、暑くなって汗をかくのはいつものことと思うでしょう。
しかし、中には顔にばかり汗をかいてしまう場合があります。全身から出るは普通ですが、顔だけに異常に汗が出るという場合には「もしかしたら病気では?」と心配になってしまうものです。
男性でも体臭が気になったり、女性だとそれに加えて化粧崩れが気になるなど、周りからの目が気になってしまうのが悩みです。汗をかくのは当たり前のことですが、最近では清潔志向で「汗をかくのは恥ずかしいこと」という考えが広まっていますから、本人にとっては深刻な悩みになります。気にしないことが大切と言われても、これだけ出てしまうのは異常なのではないか、と余計に気になってしまうこともあります。
ここでは、なぜ顔に汗をかくのか、1日どれくらいの量なら普通なのか、なぜ大量に汗が出るのか、などについて解説していきます。
何も知らずにこの状態と付き合っていくのは辛いものですが、原理と原因がわかれば対処できる可能性もありますし、場合によっては考え方を変えるだけで改善できる可能性もあります。もしかすると普通の量であって、自分が気にしすぎというケースもあるかもしれません。ここでしっかり知識を身につけて、改善方法はないか、そもそも自分の状態はおかしいのかについて考えていきましょう。そうすれば気持ちが落ち着くはずです。

なぜ顔から汗が出るのか

顔に多くかくようになる原因で多いのが、運動不足です。発汗が起きるのは、体温が上がりすぎて体がオーバーヒートしないようにするためです。脳細胞は40度を超えるとダメージを受けて後遺症が残ってしまうことがあります。インフルエンザにかかって高熱が出て脳に後遺症が残ってしまうことがあるのも、体温が上がりすぎて脳細胞のたんぱく質が変性してしまうためです。
これが起こらないように、体は汗を分泌して熱を逃がす働きをしています。汗を分泌する腺には2種類ありますが、体温調整の働きを担っているのはエクリン腺です。これは全身に約300万個あって、130個〜600個/1平方センチメートルの割合で分布しています。
しかし、エクリン腺の活動が活発な部位は決まっています。運動不足などで汗をかくことが少ない生活をしていると、汗腺がうまく働かなくなって下半身や腕といった心臓から遠い場所のエクリン腺が休眠してしまいます。
これに対して、顔はよく動き、心臓から比較的近いので顔のエクリン腺が下半身や腕のエクリン腺の代わりに汗を出そうとして、顔汗が多くなってしまいます。
運動不足だけではなく、最近では夏でもエアコンのある生活が当たり前になってしまい、汗腺の働きがうまくいかなくなっている人が多いです。これに対しては、なるべくエアコンを使わない生活を心がけたり、運動をして汗腺を鍛えるようなトレーニングをすると対策になります。

1日の量はどれくらいが普通?

そもそも人間はどれくらいの汗をかくかというと、だいたい1日に1〜1.5Lが平均です。ただ、この値はあくまで平均であって、温度、カロリー摂取量、カロリー消費量によって変わってきます。
一番の役割は体温調節で、人間の体温は36〜37度が平熱として保たれています。もしこの体温を保つのが難しい状況になると、汗の量を増やす必要が出てきます。気温が高くなったり、高カロリーな食事を摂取したり、運動をしてカロリーを大量に消費すると体内でたくさん熱が作られるので、それだけクールダウンしなければならなくなります。
成人の場合は安静にしていても1日200〜400ml出ますし、多いときだと1時間で2〜3Lかくこともあります。とても多いときには1日で10L以上出ることもあります。
なので、もし「異常なのでは?」と気になっている人でも普通の量が出ているだけという可能性もあります。どれだけ出ているかどうかを測定するのは難しいですが「みんなそれくらい出ている」と知っておけば気持ちが楽になって気にならなくなるかもしれません。
暑いとき、緊張したとき、辛いものを食べたとき、運動した時など、そういうときに多くなるのは普通ですから、あまり気にしすぎないことが大切です。
ただし、体の病気が原因で異常が出ている可能性もあるので、その場合には適切な治療を受けるようにしましょう。1日1〜1.5Lであれば普通だと考えてOKです。

顔汗が多くなる原因とは?

顔から汗が多くなってしまう原因としては運動不足などから起こる汗腺の衰えがあげられますが、それ以外に顔面多汗症という病気の可能性もあります。局所的な大量の発汗は原因がまだはっきりわかっていませんが、自律神経の働きの乱れが原因と考えられています。
自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、交感神経の働きが活発になりすぎると精神的な発汗が起こります。逆に副交感神経の働きがしっかりしていれば、ブレーキがかかるので異常な汗はかかなくなります。
これが起こるのが自律神経失調症で、体の恒常性を維持している自律神経のバランスが乱れてしまうことで顔面多汗症になることがあります。
そのほか、更年期障害も原因になることがあります。女性ホルモンの分泌が低下すると自律神経の働きが乱れるため、血管拡張や収縮がうまくできなくなることで症状が現れます。これは原因として比較的多いです。
また、甲状腺機能亢進症は全身の代謝が高まる病気なので、これにより症状が出ることがあります。身近な病気では、糖尿病で高血糖状態が長く続くことが原因になる場合もあります。高血糖状態で神経が傷つけられて末梢神経が障害されると、自律神経の働きが低下して発汗異常が起こることがあります。
根本的には自律神経の2つのうち、アクセルの働きをする交感神経が働きすぎることが顔汗が多くなる原因として多いです。もし暑くもないのに汗が止まらない場合は病気を疑って見る必要もあります。

気にしすぎずに自律神経を整える

運動不足だったり、エアコンで常にクールダウンする生活を続けていると、心臓から遠い部分のエクリン腺の働きが鈍くなって、顔汗ばかりが多くなってしまう可能性があります。もし運動不足を感じているならば、激しい運動ではなくても良いので少し体が温まるくらいのウォーキングやランニングなどをしてみましょう。また、岩盤浴やサウナなどを利用してもいいでしょう。夏場にエアコンを使い続けることも原因になることがあるので、エアコンはできる限り使わずに自然な環境の中で生活してみましょう。
体や心の病気が原因になるケースでは、自律神経の乱れが関係していることが多いです。交感神経が働きすぎて、局所的な発汗が起こると考えられています。
そもそも人間は1日1.5〜2Lの量であれば普通なので、あまり気にしすぎないで気持ちをリラックスさせることも大切です。一応医療機関を受診して体に問題がなければ、自律神経を整えるために心を落ち着けるトレーニングを行うといいでしょう。心の病気が関係しているのであれば、心療内科や精神科を受診すれば薬を処方してもらうこともできます。
「自分は異常なのではないか?」と一人で悩まずに誰かに打ち明けることで、問題が解決することもあります。今では色々な対処方法があるので、悩みすぎないようにしましょう。もし病気が原因の場合は、その原因を取り除いてしまえば困っている状況も改善していくでしょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング