柔軟剤の意外と強い香りに注意して使っていきましょう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

柔軟剤の意外と強い香りに注意して使っていきましょう

洗濯機と洗濯物

最近は柔軟剤も数多く販売されていて、良い香りであるという事を前面に出して売り出しているものも多く見かけます。以前より伝わりやすく、長持ちしやすくなったことで、服につきやすい気になるにおいも気になりにくくなるという事で人気があるようです。香りづけをするだけのための商品も売られていて、組み合わせによって自分好みのものを作るという事がテレビコマーシャルなどで勧められています。いいフレグランスは人の印象を良くするというイメージがあることで、多くの人が取り入れているようです。しかし、それによって弊害も起こっています。周りにいる人など、他の人にとっては不快に感じられることもあるのです。特に香りというものは防ぐことが難しいものです。隣にいる人が自分にとって不快なにおいを発していたらどうでしょうか。居心地が悪くなることが理解できることでしょう。自分にとって良い物であっても他の人も同じと感じるとは限りません。また、香水ならば香るという事を意識してつけるため、量などを調整することもありますが、柔軟剤の場合そういった意識がないためについつい多めに入れてしまい、強く香るという事になってしまう場合もあります。あまり強いと吐き気などを催すこともありますから、十分注意していきたいものです。いいにおいを付ければよいと軽く考えるのではなく、それが周りの迷惑にならないかどうか、しっかり確認して利用することが必要でしょう。

いつもの柔軟剤をチェックしてみよう

うちはずっと同じものを使っているから大丈夫、それほど臭いません。と思っている方ほど、迷惑をかけてしまいがちになるものです。まずは普段使っている柔軟剤をチェックしてみましょう。普段なかなか嗅ぐことはありませんが、使用する前の原液の状態で直接嗅いで見るとよいでしょう。強い香りで気分が悪くなるようなら、もしかすると普段他の人に迷惑をかけてしまっているかもしれません。温度や湿度によっては香りが強くなることもあるためです。また、自分は普段同じものを身に付けているので柔軟剤の強さを感じにくくなっていますが、他の人は普段触れていない香りですからより強いものとして感じてしまうことになります。特に人と密着する機会が多い満員電車などでは、十分注意しましょう。密着することでより強いものとして伝わってしまうことになりがちだからです。実際に強い状態で自分が嗅いでみてちょっと気持ちが悪いと感じたものや、長時間嗅ぐことが厳しいと思ったものについては、他の人にはより多くな不快感を感じさせるものになってしまいがちです。直接嗅いでみて強いと思ったものや、不快に感じたものであれば使用を控えたり、柔軟剤を入れる量を少なめにするなどして周りに迷惑をかけることがないように注意しながら使ってみるのもよいでしょう。普段の生活に置いて毎日使うものだからこそ、その選び方には十分注意していくようにしなくてはなりません。

臭いが残るのが逆効果になってしまう

長期間柔軟剤の臭いが残ると、洗ってしばらくたったものも臭く感じないという事で大きなメリットがあるといえます。外出しても香りが消えないことをアピールしていたり、いつでも花のような華やかさをまとえるといったイメージの広告もよく見ます。確かにそういったメリットはありますが、それによるデメリットがあるという事は考えておかなくてはなりません。香りによって不快なにおいをカットするタイプは、体臭を隠そうと強めに香ることも多く、そのにおいが長時間残ります。さらに、それに体臭などが重なることによって、余計におかしな香りになってしまう事もあるものです。汗の臭いだけならそれなりに理解できるものでも、他のものと混ざってしまうと吐き気を催すほどになる可能性もあります。特によく汗をかく方は、こうした強いものを使わないほうが無難だといえるでしょう。実際に汗をかいた時にどう臭いが変化するか、自分で確認しておくとよいでしょう。特に、帰宅の電車が混んでいるなど、汗をかいてから人と密着する場面に出会う方などは、汗の臭いとの兼ね合いを気にしながら、影響の少ない柔軟剤を選んでいきたいものです。逃げることができないものだからこそ、発生源となる人が考え、対処をしていくことがマナーといえます。汗はその都度きちんと拭き取るなどという形で汗の防臭を行い、臭いでカバーすることは最低限にしていくという事がお勧めといえます。

たくさん入れればよいわけではない

様々なフレグランスが選べるようになっている現代の柔軟剤は、選ぶのも香水選びのようで楽しいものです。より魅力的な自分を演出するためにたくさん香らせたいと考える方もいるはずです。しかし、あくまでこれは衣服の柔軟剤であり、香水ではありません。たくさん入れれば効果が高いというものではないのです。規定の量は商品ごとに記載されていますので、きちんとそれを守って使いましょう。それによって影響が強くなりすぎることを防ぐことができます。最近の洗剤はそれ自体が若干香ったり、柔軟な仕上がりになる機能があったりという事もあるので、そういったものにさらに柔軟剤を投入して過剰になりすぎないように注意していきたいものです。また、香ることだけを考えて多くの量を使う事は衣服や体をいためることにもつながります。量が多すぎて服がべたついてしまったり、肌に柔軟剤が触れやすくなることでも肌トラブルなどにつながりやすいのです。特に下着などは肌に直接触れるものですから、肌の弱い方などは柔軟剤に夜影響も気にしておきたいものです。このように、たくさん入れれば魅力的になれるという事はありません。適正な量をきちんと使い、制限していくことが重要なポイントなのです。柔軟剤を使うときには、適切な量かどうかをその都度確認していきましょう。エチケットや安全性といったメリットが生まれるほか、無駄遣いを防いでいけることで節約にもつながります。

周りの人のことを考えてみること

自分がキレイでありたいという事や、自分のお気に入りを使いたいという事は誰にとっても共通の願いではあります。しかし、皆がそれだけを考えて行動してしまうと、迷惑をかけてしまう事も多くなってきます。もちろん綺麗になりたい、という努力は必要です。しかし、人と接する場面、エレベーターや電車など不特定多数の人と密室に入るという状況が避けられない以上、そういったところで触れ合う人への配慮も必要になります。普段は何とも思わない選択ですが、その洗剤や柔軟剤の使い方ひとつで人への影響が変わっていくことになります。女性として美しいかどうかは、こうした周りの人への配慮ができるかどうかという事でも問われているといえるでしょう。だからこそ、着るもの、まとうものについてはきちんと自分で配慮をし、注意しながら管理していかなくてはならないのです。柔軟剤は普通に使えば、衣服の肌へのあたりを柔らかくし、衣服を傷みにくくしてくれるという効果もあります。さわやかに香る程度なら好感をもたれることも多いでしょう。素敵な人として認識されるためには、ただ素敵なものを身に付けるというだけではなく、その使い方や調整の仕方がみられることになります。迷ったら、周りの人にはどう感じられるのか、自分が不快に思ったのはどういった時だったか、と考えてみるとよいでしょう。このような形で、より素敵な人になれるように注意しながら柔軟剤を使っていきましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング