加齢臭は女にもあるので原因を特定して解消していこう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

加齢臭は女にもあるので原因を特定して解消していこう

女性と花

加齢臭と言えば中年男性の臭いというイメージがあるかもしれませんが、女でも発生するのです。
男は30代~40代に見られるのに対して、女は50代から発生するのが一般的です。
男性ホルモンや皮脂分泌は男ほど多くないので臭いは比較的弱いですが、皆無というわけではありません。
喫煙習慣、ストレス、食生活の乱れなどによって臭いが強くなることはあります。
ヘビースモーカーだと男に匹敵するほど加齢臭を発しているケースもあるので、タバコは早めにやめるべきでしょう。
性別を問わずに加齢臭物質のノネナールの影響は受けるので、遅くとも40代からは生活習慣の見直しから始めてください。
病気や生活習慣病にならなければ、生活習慣を見直すという機会は少ないかもしれませんが、肥満が進行している方は注意するべきです。
肥満というのは生活習慣病の始まりとも言われており、ここから動脈硬化、糖尿病、メタボなどに進行することが多いわけです。
以前より体臭がきつくなった、頭皮の臭いが気になるようになった、などの自覚症状がある方は注意が必要でしょう。
体臭は原因を特定しない以上、解消するのが難しいものです。
誰しもある程度の臭いはありますが、自分で不快だと感じるレベルなら周りにも迷惑をかけています。
特に鼻炎や花粉症による鼻づまりがある方は、臭いに気づきにくいので注意するべきでしょう。
臭いを過小評価している方は意外と多いですが、周りにはしっかりとバレています。

ノネナールと皮脂量の関係とは

ノネナール分泌が増えるだけでは、加齢臭はそれほど強くなりません。
ノネナールと皮脂が混合することで特有の臭いを発生させるため、皮脂量を減らしていく対策が必要となります。
自分の皮脂分泌量には気づきにくいかもしれませんが、頭皮を見れば比較的わかりやすいです。
頭皮は非常に皮脂分泌が多い部位なので、非常に臭いが発生しやすいわけです。
顔から近いというのも臭いが気になりやすい理由であり、毎日洗髪しているのに臭うという方は注意が必要でしょう。
臭いが以前より強くなっている場合、強くする理由があると考えて間違いありません。
加齢によって代謝力が低下するので、脂肪代謝がうまく行われなくなることで皮脂を増やしてしまうケースはあります。
それによって皮脂が増えると、ノネナールと反応することで加齢臭を強くしてしまうわけです。
加齢臭対策の基本は洗浄とデオドラントによるケアですが、皮脂を調整していく対策も必要となります。
食生活において脂肪の摂りすぎを控えて、運動をして代謝力を高めていく対策がおすすめです。
身体が冷えている方は代謝が低くなりやすいので、毎日ゆっくりと入浴する必要性もあるでしょう。
湯船にじっくりと浸かることで、身体を芯まで温めて代謝促進することができます。
代謝がよくなれば加齢臭物質の発生を抑えることができるため、デオドラントの効果も上がることでしょう。
身体の内と外からのケアを並行することで、臭いの原因を取り除いていきましょう。

女性ホルモンの減少と加齢臭

加齢臭が気になり始める女の人は、50代から体臭が強くなってきたと答えていることが多いです。
体臭は生活習慣が影響するものであり、常に臭いが一定ということはありえません。
自分では自覚していなくても、臭いが強いときもあれば弱いときもあります。
女で加齢臭が気になる場合、女性ホルモンが減少している可能性があります。
女らしさを形成するホルモンが減少することは、男に近づいていると言ってもよいでしょう。
男性ホルモンの分泌が相対的に増えてくるため、ノネナールや皮脂分泌も多くなって加齢臭が強くなるわけです。
加齢臭は体質が影響しているので、体質改善としてホルモンバランスを整えていくことが大切になります。
そのためには睡眠の質から改善していくのが好ましく、肌のゴールデンタイムより少し前に眠ることをおすすめします。
ゴールデンタイムとは22~2時までの間のことで、肌の修復が最も活発に行われる時間帯なのです。
21~21時30分くらいに眠るようにすれば、ゴールデンタイムに突入する前に心身を休めることができます。
睡眠時間は8~9時間程度が好ましいので、起床時刻を計算して就寝時刻を決めていくといいでしょう。
朝7時に起きる必要がある方なら、前日の21~21時30分くらいに布団に入りましょう。
睡眠時間が多少長くなっても、ゴールデンタイムより前に眠ることがホルモンバランスを整えるために役立ちます。
女性ホルモンの減少を抑えることは、加齢臭の原因を抑えることにもつながるのです。

加齢臭対策を30代後半から始めたい理由

女の人が加齢臭を気にし始めるのは50代からと言われていますが、あるとき急に発生するものではありません。
少しずつ加齢臭を発生させる体質に変化していき、30代後半くらいから準備期間に突入していると考えてよいでしょう。
女性ホルモンが減少する30代後半からは、特に生活習慣の乱れには注意してください。
例えば太りやすい体質は遺伝だから仕方ないという方は多いですが、遺伝だけで肥満になるものではありません。
むしろ遺伝よりも日々の生活習慣のほうが大きく影響しており、生活習慣の乱れによって太りやすい体質に変わってしまうのです。
体質改善には時間がかかるものであり、適切な生活習慣を積み重ねても6ヶ月以上はかかります。
規則正しい生活を続けることは習慣化させる必要があり、それによってホルモンバランスを整えることも可能になるのです。
長年にわたって乱れた生活習慣を続けていて、あるとき急に変えようと思っても簡単なことではありません。
だからこそ若いうちに健康的な生活習慣を確立し、その状態を継続していくことが大切となります。
加齢臭の原因の多くは生活の乱れにあるため、遅くとも30代後半からは対策を始めてください。
身体に体脂肪を蓄えないこと、代謝を促進していくこと、冷え性を解消することなどが鍵となります。
肥満対策も加齢臭を抑えるために役立つので、適正体重を維持する工夫も必要です。
体重が増えてきた場合は、食生活の見直しや運動によって落としていきましょう。

加齢臭の原因を知ることから始めよう

女の人が加齢臭対策をするには、加齢臭の原因を知ることが何より大切となります。
ノネナールと皮脂分泌が主な原因となっているため、これらを抑えていく対策が必要です。
規則正しい生活を送ることでホルモンバランスを整えて、身体のリズムを改善していきましょう。
女性ホルモンの減少にともなってノネナールや皮脂分泌が増えてくるので、30代後半からはケアを始めたいものです。
遅くとも40代からは生活習慣の見直しをして、生活習慣病は改善していく必要があります。
喫煙する習慣がある方は、加齢臭物質を体内で大量に分泌させるため、早めに禁煙をしてください。
ストレスや食生活の乱れなども関係しており、特に肥満の状態にある方は皮脂分泌が増えることで体臭が強くなりやすいです。
ストレスは女性ホルモンの分泌を減少させる原因ともなるため、睡眠の質を改善するなどの対策が必要でしょう。
夜ふかしをして睡眠リズムが崩れると、身体のリズムも崩れてしまうのです。
それによって体質までも悪化し、加齢臭を発生させやすい身体に変化していきます。
質のよい睡眠をとることは加齢臭予防として大切なので、ゴールデンタイムを意識した睡眠をとるようにしてください。
質のよい睡眠は身体をクリアにして、ストレス耐性も高めてくれるのです。
1日8~9時間の睡眠時間を確保することで、疲労とストレス対策ができます。
不規則な生活習慣を見直していくことで、臭いの原因をなくしていきましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング