実は男性よりも女性のほうが要注意!加齢臭対策の必要性

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

実は男性よりも女性のほうが要注意!加齢臭対策の必要性

草木と女性

加齢臭というフレーズを耳にすると、とかく年配の男性の発する独特の体臭のことだと思われがちです。でも実は年齢を重ねてゆけば男性だけでなく女性にも独特の、いわゆる加齢臭が発生するのです。おじさんのものだと思い込んでいたあの独特のにおいが自分にもしているなんて、にわかには信じられないという人もいるかもしれませんが、実は年齢を重ねて女性ホルモンの分泌が減少することに伴って確かに女性にも加齢臭が発生します。そもそもこのおじさんの特徴だと思われていた脂くさいようなちょっと青臭いような独特のにおいの原因はノネナールと言う成分で、これは中年以降の人の皮脂の中の脂肪酸が酸化することによって独特のにおいを発生させるものです。若い年代の皮脂にはこの脂肪酸がほとんど含まれていないため、一定の年齢を重ねた中高年の人の体に発生する特有のにおいだということから加齢臭という名前が付けられたようです。そしてこの臭いの原因であるノネナールは男性だけでなく女性にも40歳を過ぎたあたりから年齢を重ねるごとに増加して行くのですが、男性のほうがより皮脂の分泌量が多いため、においを強く感じるだけだといわれています。そうのうえ若い頃は体内の抗酸化物質の働きで細胞が酸化するのを防いでくれるのですが、年齢を重ねると抗酸化物質の働きも弱るため、細胞が酸化しやすくなり皮脂の酸化も進んでしまうために臭いが発生するというメカニズムです。

女性に起こる加齢臭の原因と対策

男性だけでなく女性の体にも皮脂の酸化によってノネナールの影響によって加齢臭が発生するのですが、とくに若い年代の頃には体内の女性ホルモンの働きによって皮脂の分泌が抑えられていたものが、40代を過ぎる頃になると女性ホルモンの分泌が少なくなり、その代わりに体内の男性ホルモンの働きが活性化することによって皮脂の分泌量が増えます。その結果皮脂の酸化によって独特のにおいを発することに繋がります。つまり実際には男性同様に加齢臭を漂わせる要因は間違いなく自分自身に備わっているにもかかわらず、加齢臭は男性のものという思い込みによって自分自身が加齢臭を撒き散らしているとしても気がつきにくい点が男性よりも厄介だといえます。加齢臭の原因物質のノネナールは酸化した皮脂とパルミトオレイン酸という物質が結びつくことで発生します。そしてその脂肪酸がヘキサデセン酸という物質になるため、このヘキサデセン酸という成分の発生する量を抑制することが加齢臭対策には有効です。とくに気になるのが頭皮です。頭皮は体の他の部分よりも皮脂や汗の分泌量が多いため、毎日シャンプーしているのに枕の臭いをかいで見るとおじさんの特許だと思い込んでいた臭いを感じるときは要注意です。でも、もし確かに加齢臭がするとしても、対策としては頭皮が気になるからと必要以上に洗いすぎると、むしろ皮脂の分泌を促進させてしまい、かえって逆効果になってしまうこともあるので要注意です。

香水に柔軟剤、女性は強い香りを使いがち

現在洗濯用の柔軟剤にも以前のものよりも強い香りのついているものが少なくありません。洗濯石鹸のさわやかで淡い香りというのはかなり昔のイメージで、洗濯石鹸にも柔軟剤にもフレグランス効果の高い製品が選ばれるようになっています。とくに女性はそうした強い匂いのものに囲まれていることが少なくありません。洗濯時の洗剤や柔軟剤の香りだけでなく、制汗剤、ヘアケア剤、スタイリング剤、スキンケア用品、メイクアイテムにいたるまで、様々な強い香りを持つものを男性よりもたくさん身につける機会があるのが女性の特徴です。その上頭皮のにおいが気になるからと強いにおいのするシャンプーで念入りに洗ってしまうと、本来は頭皮を守るためにある程度は必要な分まで皮脂を奪い、結局それを補うためにさらに皮脂の分泌が過剰になってしまうことにつながることもあるので要注意です。どうしても頭皮がべたついたり臭いが気になったりするときにはコットンにふき取り用の匂いの少ない化粧水か、ないときには緑茶やウーロン茶などを含ませてふき取ることも効果的です。そのときにあまり除菌作用の強いデオドラントシートなどよりも頭皮に刺激の少ないものを使うほうが臭いの元であるノネナールを上手く吸収して取り除きやすくなります。このときに除菌効果の高すぎるものを使ってしまうと、頭皮に必要な常在菌まで殺してしまい余計に頭皮環境を悪くしてしまうので要注意です。

臭いをさらに強い匂いでごまかす方法は最悪

自分の体から嫌な臭いがするのを感じると、必要以上に神経質になってつい洗いすぎてしまったりすることで頭皮や顔、体全体の皮膚にダメージを与えてしまう可能性もあります。臭いが気になるときには清潔にすることはもちろん大切なことなのですが、強すぎる力で洗ったり必要以上に多くの回数洗ったり、シャンプーなどを付けすぎてしまうことは百害あって一利なしです。また、体臭を気にする人にありがちなのが、自分の臭いをごまかすために、より強い匂いをまとうという方法です。電車の中やエレベーターの中など、すぐに逃げ出すことの出来ないような空間で自分のすぐ近くにこうした強い臭いを放つ人がいると本当に苦痛なものです。さらにその上加齢臭のような独特のにおいがほかの匂いと混ざってしまうと、はっきり言って最悪の状態になるのは間違いありません。加齢臭だけでなく例えば部屋の消臭剤でも同じことが言えます。臭いの元をきちんと取り除くことなく、強い香りでごまかそうとすると、臭いが交じり合ってさらにひどい臭いのする空間になってしまうことと同じです。加齢臭のような生理的に自然に起こるものはことさら忌み嫌う必要はないのですが、別の匂いが加わることで不快感が何倍にもなってしまうことはとくに女性の場合は要注意です。加齢臭を撒き散らすよりも周りの人間にとっては何倍も迷惑な存在になる可能性が高いということを肝に銘じておきましょう。

女性の加齢臭予防対策に効果的なこと

女性にも加齢臭があることは自然なことなのですからむやみに恐れる必要はないのですが、出来ることなら嫌なにおいは最小限にとどめたいものです。まず自分に出来る対策としては、一日一回きちんとシャンプーをしてその後ドライヤーでしっかりと乾かすことです。髪が生乾きだと雑菌が増えて汗臭の発生の原因になるので要注意です。食生活では肉食に偏りがちな食事を見直し、腸内の善玉菌を増やすために食物繊維をしっかりと取れる食事内容に変更するようにします。若い頃よりも抗酸化力が低下しているために体内の酸化によってノネナールを発生させることに繋がるので、抗酸化物質の豊富な食材をふんだんに取り入れた食事内容にすることも効果的です。特別な食材ではなく、たとえばバナナやにんじん、ほうれん草などのようにごく普通の食卓に上る食材の中にも抗酸化物質の豊富な食材はたくさんあるので上手に毎日の食事に取り入れるようにしましょう。加齢臭を予防する効果のあるという石鹸やクリーム、消臭スプレーなどもたくさん市販されています。強い匂いを使うことにはとくに要注意で、臭いを別の匂いでごまかすのではなく、あくまでも根本から臭いを発生しにくくするためのケアを心がけることが理想です。対策としては基本的には過剰な皮脂の分泌を防ぐことと、皮脂はなるべく早く取り除くこと、そして体内の酸化に気をつけることが大切で、普段の生活の中でこれらの事に気を配りながら臭いの発生しにくい体作りをしましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング