ワキガの臭いに関する感覚は日本と海外では異なっている

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ワキガの臭いに関する感覚は日本と海外では異なっている

花のにおいをかぐ女性

日本人は世界的に見ても、清潔を気にしていて、ワキガに限らず臭いに敏感です。また、海外ではワキガの人口は日本とは比較にならないくらいの割合で存在します。黒人の場合は過半数がワキガですし、白人でも3割くらいはワキガと言われています。もちろん同じワキガの人でも人それぞれワキガのレベルは異なります。なので日本でワキガだと珍しいので恥ずかしいということになりがちです。また慣れていない人が多いということもあるでしょう。海外では国によってはワキガは普通のことという認識なので、臭いがあってもそれほど気にしないということになります。もちろん多少は海外でも清潔感という観点では気にするでしょうが、汗をかいて臭いというのは当たり前と考えるということです。ワキガの臭いにはフェロモンが含まれていると言われますが、海外ではそれを利用するというくらいの人も多いです。あえて多少汗をかいてデートに行くというようなことで、それが異性へのアピールになるとも考えられているということです。ワキガの原因というのはアポクリン腺から出る汗です。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺がありますが、ワキガの人というのはこのアポクリン腺の方が生まれつき多い人です。このアポクリン腺は脇や性器周りや耳の中に集中します。なので、耳垢が湿っている人はワキガの可能性が高いと言われており、耳垢が湿る原因はアポクリン腺からの汗なので、一理あります。

日本人はワキガが少ない

上述の通り日本人は海外に比べてワキガが少ない民族です。なので、純粋な日本人よりはハーフの人などの方がワキガの人が多いでしょう。最近はこのような考えというのが一般化しているので、多少ワキガでも人それぞれということにはなるのですが、本人は気にしている可能性が高いです。そして医師もあまり手術は勧めておらず、可能な限りは清潔にするということと、気にし過ぎないということを勧めています。というのもアポクリン腺は汗腺なので、切除するのはあまり体の機能として良くないということです。アポクリン腺をすべて切除すればワキガを改善することは可能なのですが、汗を体外に出す機能が弱まるということになるので、体に老廃物が溜まりやすくなるということになるのです。これは人体には望ましくないでしょう。そして、ワキガの臭いというのは、生活習慣でも悪化します。生まれつきワキガの人は匂いがあるのですが、肥満になったり運動不足になったり栄養バランスが偏って体に老廃物が溜まると余計にワキガの臭いはきつくなるのです。なので、普段から生活習慣を整えて、運動をするということが重要です。脂肪を燃焼させて、体に筋肉をつけておくと良いでしょう。筋肉は肌や内臓や血流を改善する効果があるので、筋肉があると体に老廃物が溜まりにくくなります。逆に筋肉がなくて脂肪が多い体というのは臭くなりやすいです。年齢とともにそうなりがちです。

日本人は清潔好きな性質

靴を脱いで家に入るということや、毎日必ずお風呂に入らなければ気持ち悪いというように清潔で、それ以上の人も多いです。頻繁に手を洗ったり汗をふかなければ気が済まないという人も多いでしょう。そのような状況なので当然臭いにも敏感で、ワキガもその対象になります。これはワキガの人にとっては厳しい環境なのですが、最近は国内にも海外の人が増えて、ある程度寛容になってはいます。手術はしないにしても、上述の通り生活習慣や運動を行って健康的にするということになります。異性に対するアピールにもなるのですが、それは健康的な体の状態であることが前提になります。普通の人よりも匂いが強い分より健康状態が外に出ているようなものです。異性にも察知されやすいということになるので、健康状態が整っていればアピールにもなりえるのですが、逆に不健康な状態であれば完全にデメリットになるということでしょう。
それと同時に潔癖症の人が増えているのですが、これは外で遊んだりしないということが原因の一つです。子供の頃から清潔すぎる環境で育っているので、汚い環境への耐性が極端に弱く、ウイルスなどにも弱いということです。予防注射というのがありますが、あれは弱めたウイルスを体に入れることで抗体を作っています。それと同じで、外で遊んだりすることで弱いウイルスを体に入れて抗体を作ることができるのですが、清潔にし過ぎると弱くなります。

日本は臭いに気づきやすい生活習慣

日本では清潔にするのが当然という感じなので、みんながにおいに気づきやすい生活習慣になっています。これはくさいと目立つので、清潔にしておかなければならないという意識をより高めます。ただ人間の体というのはある程度はにおいがあるものなので、ある程度は仕方がないでしょう。また上述の通り健康的であれば、異性へのアピールになる体臭というのもあります。なので、清潔にしておいて、体を健康的にしておくということになります。健康的な体の場合は汗のにおいも健康的になるので、匂いとしても問題ないものになりやすいです。逆に普段からまったく汗をかいていないということや、食生活が偏っていて、不健康な体になっている場合は匂いがきつくなっていきます。日本人は肥満には気を付ける場合が多いのですが、筋肉量の低下に敏感過ぎると言えるでしょう。筋肉が低下していくと、どんどん顔のしわなども増え、体の機能が下がっていくのです。老廃物を自力で体外に出す機能も弱まるので、結果的に汗がどろどろになりがちになります。これは老廃物を綺麗に分際して排出できていないのです。内臓や血管の機能が高いと体に老廃物は溜まりにくいのですが、筋力が低下すると血管や内臓の機能も弱まるので、結果的に汗に老廃物が多く含まれるようになります。これは汗で老廃物が出るのであれば良いと思うかもしれませんが、代謝が良ければそもそも体に老廃物が溜まりません。

結局は生活習慣が重要

体臭というのはある程度仕方のないもので、どうしようもない部分もあります。しかし、不健康な体というのは臭くなりやすく、また筋肉がないという状態は致命的なものでしょう。なので、まずは脂肪燃焼と筋肉の肥大化を目指すのが男女ともにおすすめです。細すぎたり太り過ぎている体というのは妙なにおいがしやすいものです。妙な臭いに対して人は違和感を感じ、それを気持ち悪く感じるでしょう。その状態は避けたいので、健康体で筋肉がある状態というのを目指すのです。海外ではワキガの人は多いのですが、筋肉を鍛えるような習慣も多いので、体がきれいな状態になっています。肥満の人ももちろん多いのですが、それと同じくらいかそれ以上にマッチョな人というのも男女ともに多いです。女性でも筋肉を鍛えるというのは、筋トレが体の機能を高めるので美容や健康に良いということを知っているからです。女性でマッチョな体を見せるために筋トレをするという人は少なく、むしろ肌や内臓など全身のためにやっている場合が多いでしょう。また有酸素運動のみで痩せた場合には辞めると太る可能性が高いのですが、筋肉を付けておけば勝手に痩せやすい体になります。代謝が高まりますし、成長ホルモンの影響で体脂肪を燃やしやすい体になります。そのときだけ効果のある運動よりも、筋肉という資産として身になる運動である筋トレの方がメリットが多いということなのです。それが欧米流です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング