漂白剤を洗濯にプラスすると、服の臭いも落ちてオススメ

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

漂白剤を洗濯にプラスすると、服の臭いも落ちてオススメ

洗濯物と子供と赤ちゃん

自分の体の臭いが気になっているという方はとても多いです。
なんとなく汗をかいたときに臭い、また仕事をして、家に帰るときに自分の臭いに気づくこともあるでしょう。
もちろん、年齢的なこともあります。
中年以降は、加齢臭ということで、油が古くなったような臭いが発生するというのは誰でもあることです。これは、女性もありますが、比較的男性の方が感じやすいという傾向があります。
自分の臭いに気づいてしまいますと、そこから不安になってしまったり、今臭いがしていないかと気になってしまったりして、コンプレックスになることもあります。
消極的になってしまったりすることもありますし、性格的なところで変化が起きることもあります。

しかし実は、洗濯の方法でその臭いの原因となってしまっていることもあるのです。
洗濯をしたつもりでいても、臭い菌が服に残っていたり、生乾きのままきていますと、それが余計に臭い始めてくるということもあり、特に男性の一人暮らしだったりしますと、適当に服を洗うということもあり、意外とそれが原因であるということに気付かず、自分のボディーケアだけ行ってしまっていて、問題解決にならないということもあります。
服の臭いを解決したい場合には、柔軟剤は使っているという方でしたら、漂白剤をプラスしていきましょう。
タダ汚れが落ちるというだけではなく、臭いの元となる菌をやっつけてくれるということも期待できます。

普通の洗濯をしただけでは臭いは落ちない

体臭だと思っていた方も、一度選択方法を見直してみましょう。
もし、洗剤だけで洗っている方は、柔軟剤と漂白剤をプラスしてみる事をおすすめします。
まず、汚れだけでしたら、洗剤でも落ちることはあります。
もちろん、ワイシャツなどにつきやすい、襟元や袖口の頑固な汚れというのは、ただ洗濯機で洗っただけでは落ちません。
できれば、石鹸を使ったり、ポイント用のものを使ってこすって落とすようにしましょう。
その上で、一緒に洗います。
汚れの問題はこういった方法で行っていけばよいのですが、根づいてしまっている臭いの問題があります。
洗っても臭いが深く入り込んでしまっている場合もあります。
そういった場合、菌は広がってしまうこともありますし、場合によっては洗濯機自体がかびていて、それ服に着いてしまっているということもあります。
まずは機内の掃除もすることから始めていきましょう。最近ではそれ用の漂白剤というのも出ています。中がかびてしまっていたりしますと、すべての服に菌が繁殖してしまったりしますし、タオルなども臭いやすくなってしまいます。

普通の洗剤で洗うだけでは、菌に対応するところまではできませんので、乾かしても臭いが気になってしまうことがあります。また、特に部屋干しをしているということですと、生渇きになってしまったりして、余計気になることもあります。
最近では部屋干し用の洗剤も出ていますのでみてみましょう。
その上で漂白剤をプラスします。

汚れと臭いに効果がある漂白剤

あらっても、なんとなくくすんでいる、また、臭いが気になるということで、漂白剤を普段の洗いの時にプラスしていくことはとてもメリットがあります。
まず、汚れに対応しているということが1つあります。
漂白剤を使う事で、汚れを浮かせて落としたり、またしみこんでいるものをおとしやすくしたり、全体的な黄ばみを防ぐなどのメリットもあります。
主婦の方でしたら、多くの方が使っているのですが、一人暮らしの男性ですと、漂白剤まで手を出しているという方は意外と少ないのではないでしょうか。
しかし、これが体臭の原因となってしまっていることもありますので、ぜひ使ってみてください。
臭いの問題もクリアになりますし、おすすめです。
漂白剤は、洗剤と一緒に投入します。
場合によっては、入れる用のところがある場合もありますので、説明書を読んでみてください。
また、袖口や襟の部分につけて洗うという方法もありますが、この場合は他の服にいきわたらずにおわってしまうこともありますので、用途として部分洗いのために部分使いしたのであれば、別に少し減らした料を機内に入れるのも良いでしょう。
濃度というものがあり、あまり濃すぎてしまいますといけません。
全体的に使うことで、臭いの元となる菌をやっつける効果もありますし、もちろん黄ばみ、臭いなどの問題をクリアにしてくれます。
大き目サイズのものと、濃縮タイプで小さいパッケージになっているものがありますので好みに応じて選んでください。

漂白剤を使う際の注意点とは

洗濯用の漂白剤には、もちろんですが漂白作用があります。
ですから、白いものでしたら問題ないのですが、色柄物でその部分だけに使う部分使いをしてしまいますと、場合によっては色落ちをして、変なしみになってしまうことがあります。
もちろん、全体的にも使った場合にも、なんとなく服のカラーや柄が薄くなってしまうということもあります。
漂白剤によっては、色柄ものにも使えると記載されているものもあります。
そういったものですと、普通に使っても大丈夫なのですが、強力なタイプのものですと、こういった色落ちなどもありますし、その落ちてしまった色が、今度白いものにうつってしまうという二次災害がおきてしまうこともありますので、大事なもの、またパッケージに色柄大丈夫と記載されていないものでしたら、できれば分けて洗うことをおすすめします。
特に、買ったばかりの服ですと、色落ちしやすかったりしますので、漂白剤を使う際にはその点を注意して使うようにしましょう。
さまざまなメーカーから出ていますし、濃縮タイプですとさらに色落ちしやすくなることもありますので、記載されている注意書きなどもよく読んで使うようにしていきます。
最近のものは、色柄でも大丈夫なものも増えていますので、そういったものなら安心です。
服の臭いもクリアになりますし、臭い菌がなくなることで、体臭の悩みが少しなくなってきたということもありますので、使ってみましょう。

臭いが気になる方はぜひ使ってみてください

身体の臭いが気になるという場合、洗濯の方法が影響していることもあります。
臭いがあることで、とてもデメリットがありますし、自分に自信がなくなってしまうという方もいます。
しかし、洗濯方法に漂白剤をプラスすることによって、臭いの原因となっている菌をやっつけることができますので、洗濯ものとまじって臭いを感じることがなくなってきます。
また、もちろん臭いだけではなく、汚れが落ちやすくなりますし、洗剤と併用するのはとてもおすすめです。
また、さらによいニオイにしたい、肌触りをよくしたいということであれば、柔軟剤を使うということもおすすめです。
ちなみに、臭いを消すために柔軟剤をつかっても、菌はなくなっていないこともありますので、できれば目的としては肌触り、そしていい香りにするということで使う目的にしましょう。
菌をやっつけるということでの臭い対策としてはやはり漂白作用のあるものを使う事です。

柔軟剤にもいろいろな種類があり、最近では長くニオイが続くものもありますので、
弱めのフレグランス感覚で使われている方も多いです。
汗のニオイと反応して、柔軟剤のニオイがするものは、好評です。

洗濯するためのアイテムはたくさんありますし、ニーズに合わせて選んでいきたいところですが、体臭が気になる場合には、こういった漂白系のアイテムもプラスすることによって、改善することができる場合もありますので参考にしてみてください。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング