ちちがの臭いはセックスで強くなる、ワキガの知識をつけよう!

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ちちがの臭いはセックス中には普段よりも強くなるということ

鼻をつまむ女性

ちちがの原因は、わきがやすそわきがと同じで汗腺のなかでもアポクリン腺が原因のものです。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺がありますが、エクリン腺から出る汗はほとんど水です。なので、細菌が付着する量も少ないのです。しかし、アポクリン腺から出る汗には老廃物などが溜まっているので、そこに細菌が付着して臭いの原因になります。アポクリン腺は脇の下、性器の周り、乳首、耳の穴、などに集中します。なので、ちちがやわきがやすそわきがや、耳の穴の耳くそが湿るということになります。よく耳垢がしめっている人はちちがやわきがの可能性が高いというように言われますが、これはあながち間違いではありません。耳垢が湿るというのは、耳の中のアポクリン腺から出る汗が原因なので、他の部位にもアポクリン腺が多い可能性が高いのです。なので、耳垢が湿っている人はちちがの可能性も高いということになります。
そしてアポクリン腺は単純に運動をしたり気温が高いという理由よりは、興奮したり緊張したときに多く汗が分泌されます。なので、セックスでの興奮はちちがの臭いが当然強くなることにつながります。ちちがやわきがの臭いにはフェロモンが含まれるので、セックスでは有利になる可能性も高いのですが、特に日本人はちちがの臭いが苦手な傾向にあるので、強くなるにしても限度というものがあります。なので、ちちが対策というのがあった方が良いでしょう。

興奮するとちちがの臭いが強くなる

上述の通り、興奮するとアポクリン腺が活発になり、においが強くなるということになります。なので、セックスは特に興奮状態になるのでちちがのレベルが高まります。ちちがのフェロモン効果はあるのですが、なるべくなら清潔にしておく方が良いでしょう。これはちちがだけでなく普通の体臭対策でも同じことですが、清潔にするということが重要です。セックス前にはシャワーを浴びて、体をよく洗うというようなことになります。最近はお湯だけで体を洗うというのが乾燥予防に良いとされており、実際にそれが体質に合っている人もいます。しかし、ちちがなどの人の場合は皮脂の分泌も多かったりするので、お湯だけで洗うというのはあまりあっていなでしょう。なので、石鹸でよく洗った方が良いです。ちちがだからといって乳首を保湿するというようなことは必要なくて、とりあえずよく洗っておくというのが重要です。香水なども使っても良いのですが、においを消そうとして多めに使用するのはあまりおすすめできません。ちちがと香水が混ざってより変なにおいになる可能性が高いです。なので、多少はちちがのにおいは仕方ないということはあります。完全に消すというのは無理なので、ちちがのにおいはあるけれども、ある程度抑えておくという発想になります。後述しますが、普段の生活でちちが対策に気を付けるべきことというのもあるので、それらを実行すると良いでしょう。

ちちがたいさくに運動や食事

アポクリン腺からの汗には多くの老廃物が含まれるのですが、普段から汗をよくかくということによって、このにおいを軽減することが可能です。またアポクリン腺がそれほど多い人でなくても、運動不足などで汗を普段あまりかかない人の汗は臭くなりがちです。なので、普段から汗をかく習慣があった方が良いということになります。また食事に関してはバランスよく栄養を摂取することが大切です。体の健康状態が悪いと、他人にとって汗の臭いも不健康なにおいになります。健康的な体の場合は汗のにおいもあっさりとしているのですが、不健康な人の汗はどろどろしていてくさい場合が多いでしょう。これは内臓や肌の機能が衰えているために、老廃物が体に溜まっているからです。体の老廃物を出すのは汗だけではないので、他の機能が弱るということは汗の臭いにも影響を与えます。なので健康状態の改善がにおい対策にもなります。なので、筋トレや有酸素運動によって健康状態を改善します。有酸素運動は汗をかいたりするのに良いのですが、筋トレは体の機能を高めます。筋肉はポンプのように血流を促す効果があるので、体に老廃物が溜まりにくくなります。また筋肉が肥大化すれば内臓や肌の機能も高まるので、健康になり、体に老廃物が溜まりにくくなります。これは体の臭いを改善することにもつながるので、バランスのとれた食事や、筋トレや有酸素運動で体を動かすのが良いでしょう。

セックス前にはシャワーを

セックス前にシャワーを浴びるというのは当然重要です。上述のように運動によって日ごろから体の状態をよくするということと、清潔にするということを心掛ければ、状況はかなり改善します。太り過ぎや痩せすぎの場合も体臭がきつくなりやすいのです。体型によって内臓や肌の機能も変わってくるので、その機能を高めるには筋肉を付けて脂肪を落とすというのが役立つのです。そして、健康で丈夫な体の方がにおいがしにくいということです。ここは看過されがちなのですが、体の健康状態は体臭にかなり影響を与えるのです。不健康な体は内臓の機能も落ちるので、老廃物を体外に出す機能が弱まります。しかし、内臓を直接的に鍛えるのは難しいので、筋肉を鍛えることによって体の機能全体を吊り上げれば良いでしょう。筋肉が強化されれば、内臓も一緒に強化されます。筋肉を強化すれば代謝が上がり、成長ホルモンの分泌量も増えるということが原因になります。日本人は有酸素運動ばかりに力を入れる傾向にあるのですが、相乗効果も高いので、どちらも行った方が良いでしょう。そして、どちらかを選ぶのであれば、筋トレの方がお得です。有酸素運動は運動不足の解消や汗をかくという点では良いのですが、無酸素運動のように代謝を大幅に高めるというようなことはできません。なので、無酸素運動によって体の機能そのものを高めてにおいの大元を絶つという手順を踏むことになります。

アポクリン腺からのにおいとどう向き合う

アポクリン腺を手術で除去するという方法もありますが、あまりおすすめされておらず、それは体に老廃物をため込むことになるからです。アポクリン腺を除去すればその分体の中にいらないものが溜まってしまうことになるからです。なので、なるべくなら清潔にしておくということや、普段から運動や食事に気を付けるということでアポクリン腺への対策を行うと良いです。セックスのときや緊張したり興奮するとより強くなるのですが、それは避けられないでしょう。心理状態をコントロールするのは難しいので、あくまでも肉体の方から変えていくというアプローチです。このようにしていけば、完全にアポクリン腺の臭いが消えるわけではないのですが、ましなにおいにはなるでしょう。また相性のあう異性にはメリットのあるアピールになるということも覚えて置くと良いです。原始時代はこのフェロモンの効果が非常に重要でしたが、現代ではあまりフェロモンのにおいで相手を判断しようとは思わないでしょう。しかし本能的に惹かれているということはあるはずです。これは無意識のうちにフェロモンのにおいをかぎ取っているということにもなるのです。最近はフェロモンがどちらかというと薄そうな感じの人が好まれますが、人それぞれ案外違うものです。なので、アポクリン腺への対処と同時に、自分に相性の合う人を探すというのがセックスでもにおいをきにしすぎないポイントになります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング