陰部から出る臭いはすそわきがの場合がある

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

すそわきがに悩む男性の自宅で行えるケア方法をご紹介

女性の足元

陰部は尿や雑菌の影響で臭ってしまうことがあります。生理的な臭いでもありますので誰しも発生する可能性があり、珍しいものでもありません。しかしながら気になる刺激臭を感じられて心配になる男性もいるのではないでしょうか。もし気になるほどの臭いが出ている場合、それはすそわきがという症状が原因になっている可能性があります。
この症状はわきがのような臭いを発生させ、陰部から刺激臭が発生するのが特徴です。臭いの種類としてはネギのようなツンとする臭い、鉛筆の芯のような苦みのある臭い、牛乳の腐ったような臭いなどいろいろです。
特にわきが体質の男性はすそわきがの可能性があります。わきがはアポクリン腺という汗腺から出る分泌物が影響しており、この汗腺を多く持つ男性はわきがを発生させやすい体質です。そしてアポクリン汗腺を持つ体質ですと陰部にも同じ汗腺が存在する可能性が高いです。そのため陰部からも刺激臭いがしてしまうのも無理はありません。
すそわきがの症状には程度がありますが、比較的軽度の場合ですとセルフケアによって対策をすることも可能です。わきがの症状をケア次第で抑えられるのと同様、陰部についても対策方法がありますので悩みを解消できる可能性があるのです。そして自宅で行える方法もありますから、どのように対策を行えば良いのかチェックしてみましょう。また、対策をする上での注意点もありますので併せてご紹介します。

食生活と生活習慣を改善することから始める

すそわきがを抑制するにはまず体質を変えなければいけません。そのためは食生活や生活習慣を見直すことが必要です。
はじめに食生活の改善ポイントですが、動物性たんぱく質の過剰摂取にならないようにすることです。肉や乳製品、卵などに含まれるたんぱく質のことですが、これらの食材にはコレステロールや脂肪分が豊富に含まれています。そして普段から多く摂取している場合ですとどんどん蓄積されていきますので皮脂腺からも脂肪酸が分泌されやすくなります。そしてアポクリン汗腺から出る分泌物と脂肪酸が混ざり合い、菌によって分解されることで悪臭が出てしまうのです。つまり脂肪分が体内に多いのも臭いを強くする原因ですので、動物性たんぱく質の摂取量には気を配るようにした方が良いでしょう。
続いて生活習慣で注意したいのがストレスを溜めないことです。ストレスは汗の分泌にも関係している自律神経との関連が強いのですが、強いストレスがあると自律神経の内の交感神経が活発になります。そして交感神経はアポクリン汗腺から出る汗を多くする要因でもあるのです。例えば緊張した時にかく汗は粘性があり、しかも臭いを発生させることがありますが、これは交感神経によってアポクリン汗腺が活発になっているからです。
普段からストレスを感じている男性は日常的に嫌な汗が出ており、それが臭いの元になっていますので、運動や趣味の時間を持つなどしてリフレッシュをすることが必要と言えるでしょう。

体を清潔に保ち消臭ケアを心がける

効果的なケア方法としては清潔な肌を保つことも欠かせません。特に陰部は雑菌が繁殖しやすいところであり元々臭いも出やすいです。その上ですそわきがの体質を持っていると余計に臭いも強くなってしまいます。そのためまずは雑菌を増やさないようにケアをすることが必要なのですが、体を洗う際には消臭作用のあるボディソープや石鹸を使用するのが良いでしょう。
消臭に期待ができる成分としては柿渋エキスやミョウバン、緑茶エキス、炭、銀イオンなどいろいろあり、こうした成分を含めた物も登場しています。全身のケアに使えますのですそわきがだけでなく、わきがが気になる時にも良いと言えます。
ただ体を洗うだけですと一時的な効果しかありませんので、デオドラント剤を活用して対策を行うことも考えた方が良いでしょう。
デオドラント剤の選び方がありますが、まず消臭及び殺菌作用がある物を選ぶことです。配合成分によって効き目が異なりますので、そこはよく確認しながら選択しなければいけません。
クリームタイプを選ぶのもポイントです。長く留まってくれますので持続性に期待ができ、また、クリームですと保湿効果があるというメリットもあります。皮膚が乾燥気味になるのも臭いを強くする原因であり、乾燥をしていると予防をするために自然と汗腺や皮脂腺の活動も活発になるのです。保湿を行うようにしないと臭いの元となる器官が過剰に作用するようになりますから、クリームによって保湿をするのも臭いケアのひとつの方法になります。

セルフケアをする上での注意点

上手くセルフケアをするための注意点として、まず多角的な対策を心がけることです。食生活や生活習慣の改善をはじめ、体を清潔に保つ、そしてデオドラント剤を使用することを対策方法として挙げましたが、どれかに集中して行えば良いというわけではありません。臭いの出やすい体質というのは簡単に改善されるものではありませんし、特にすそわきがのような刺激のある臭いは時に強力です。できる対策をまとめて行うようにしないと消臭は難しいと言えますから、例えばデオドラント剤のみに頼り切りになるなどの誤った対策にならないように注意が必要です。
過剰なケアをしてはいけないことも理解しておくことが大切です。体を清潔に保つことは大切なことではあるものの、とは言え洗い過ぎになると却ってすそわきがが強くなる恐れがあります。過剰に洗い過ぎると肌が乾燥しやすくなりますので体臭がきつくなりやすいですし、またゴシゴシと洗ったりすると刺激によって汗腺の働きも活発になります。臭いが気になると徹底的に洗いたくなる心理になるのも無理はありませんが、しかし過剰な洗い方は良くありませんから控えるようにしましょう。
他にも気にし過ぎないようにすることも大切です。男性は元々臭いが出やすいですから気になるものですが、しかし気にしてしまうと緊張状態になりそれがストレスになります。リラックスをすることも大切なケア方法ですから、あまりすそわきがについて深く悩み過ぎないことも必要なのです。

ケアのポイントを押さえて自力で解決

男性の悩みになりやすいすそわきがでもケアをしっかりと行うことで気にならないレベルまで軽減できる可能性は十分にあります。臭いの問題は自分だけでなく他人までも悩ませてしまうこともありますので、少しでも気になる時には対策を講じた方が良いでしょう。なお、すそわきがの症状を持っている場合でも自分では気が付いていないケースもあります。陰部ということもありチェックする機会がなかったり鼻が慣れてしまっていることもありますから、臭いが出ていないかよく確認してみることも必要です。
しかしながらすそわきがの問題において厄介なこともあり、それは程度には個人差があることです。軽い症状ですと外まで臭いが漏れてしまうことは少ないのですが、中程度以上ですと下着やズボンを通り抜けて外にまで悪臭を漂わせてしまいます。そして程度によってはセルフケアだけでは改善が難しいことがあるのも事実です。
もし強い臭いがする場合は病院での治療を受けるのもひとつの選択肢です。元から改善をしないと臭いが消えないことがありますので専門治療も時には必要と言えるでしょう。ただ、病院で治療を受けるのは陰部の悩みということもありハードルが高かったり、高い費用もかかってしまうのです。ですから病院での治療は最終手段とし、まずはセルフケアでの対策を行ってみるのがおすすめと言えます。無事に改善ができたケースも多々ありますのでトライしてみる価値があります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング