香水には体臭によって相性がある?フルーティーなフレーバーに合うのは

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

香水には体臭によって相性がある?フルーティーなフレーバーに合うのは

たくさんの香水

男性でも女性でも、自分の体臭が気になってしまうという人は多いでしょう。臭いがキツイと周囲の人に不快な思いをさせてしまいますし、何より自分が恥ずかしい思いをしてしまいます。そのような時に役立つのが手軽に臭いをごまかしてくれる香水なのですが、選び方を一歩間違えると臭いと混ざり合ってとんでもない臭いへと変化してしまうこともあるのです。それぞれの人ごとに体臭の特徴や種類というのがあるのですが、それに応じて相性の良い香水はある程度決まってきます。例えば、中年男性に多い加齢臭の場合は油分や脂質の多いムッとするような臭いが多いため、これをごまかそうとして香りの強いタイプを付けてしまうと加齢臭と香水が互いにケンカしてしまい、よりキツイ悪臭へと変化してしまうのです。濃くて強い系統の臭いである加齢臭には、スッキリとした柑橘系の爽やかな香りがうまくマッチしてくれるので、レモンやオレンジ系のフルーティーな香りが最適ということになります。また、夏場など汗をかきやすい人の場合、酸っぱい汗の臭いをカバーしてくれる石鹸やラベンダーといったフローラルな香りの方が相性が良くなります。
香水そのものは同じ香りなのですが、実際に人が付けるとその人の体臭や体温によって変化し、千差万別の香りへと変わっていきます。自分の臭いにどんなタイプの香水が似合うかはそれぞれ異なるので、より不快な臭いにしてしまわないように相性を考えて香水を選ぶ必要があります。

香水選びの前にまず体臭チェック

体臭が気になるからと言って、手当たり次第に香水を試してみるのはあまりおすすめできません。芸能人が使用していたり人気の高いブランドの商品か否かということを香水選びのポイントにしている人も多いですが、上述したとおり自分の臭いと相性の良いものを使用しないと効果的に良い香りを発することはできなくなります。せっかく香水を使ってもキツイ臭いがより酷くなってしまっては元も子もないので、好きな香りではなく自分の臭いと相性の良い香りを選ぶことが大切なのです。
自分に合う香水を探すためには、まず自分の体臭がどのようなタイプなのかを知る必要があります。加齢臭系の脂ぎった濃い臭いなのか、それとも汗の臭いが強いのか、はたまたそれらとは全く違った臭いなのか等、個人ごとの臭いの特徴を知ることから始めましょう。自分で自分の臭いを分析するのは難しいので、できれば家族や気の置けない友人などに頼んで臭いを教えてもらうと良いでしょう。臭いをチェックしてほしいと言い辛いこともあるでしょうが、この場合は休日などにあえて数日同じ服を着てみて臭いをしっかり染み込ませ、それを後日自分で嗅いでみるという方法もあります。チェックの前にコーヒーの粉や豆の香りを嗅ぐと、臭いを感じる機能がリセットされて体臭をより判別しやすくなるのでおすすめです。自分の臭いの特徴や傾向が分かったら、それと相性の良い香りを探していくようにしましょう。

フルーティーな香りが似合う体臭は

香水に香りによって様々な系統があるのですが、その中でも人気が高いのがフルーティー系の香水です。フルーツの瑞々しさや爽やかなイメージを感じさせるフレーバーで、スッキリとした柑橘系からセクシーさを醸し出すベリー系などが特に人気があります。このようなフルーティーな香りと相性が良いのは、ワキガや加齢臭などの油っぽいキツイ体臭になります。特に柑橘系の香りには嫌な臭いを包み込んで封じ込めてしまう作用があり、強い臭いを内部に取り込みつつ良い香りを発してくれるという理想的な働きをしてくれるのです。柑橘系の香りは普通にフレグランスとして嗅いでも爽やかで良い香りと感じる人が多いので、キツイ臭いに悩んでいる人には最適な相性となります。
反対に、フルーティーな香りとあまり相性が良くないのは汗などの酸っぱい系統の体臭です。もともとフルーティー系の香水には酸味もプラスされているので、汗っぽい体臭の人がこれを使用するとますます汗臭さが強調されてしまったり、おかしな臭いへと変化してしまうこともあります。汗臭い人の場合は、フルーティー系よりも爽やかさの強い石鹸などの香りが相性が良くなります。
このように体臭ごとに最適な組み合わせは異なるので、人気だからと言って何でもかんでもフルーティーな香水を使ってしまうのは避けておきましょう。また、ひと口にフルーティーと言ってもその内容は様々あるので、購入する場合はよく検討するようにしましょう。

フルーティーな香りが楽しめる香水3つ

もともと香水を利用するのは男性より女性の方が多いものですが、こと体臭を消すためという目的では男性にも盛んに利用されています。フルーティー系の香水は女性向けの商品が数多く販売されているため、男性でも女性向けの商品を利用していることもあります。大切なのは自分の臭いに合うかどうかなので、女性向け男性向けにこだわらず人気のあるフルーティー系香水をチェックしておきましょう。
おススメ1つ目は、フィロシコスオードトワレです。イチジクのフレッシュな花や葉の香りだけでなく、樹液や樹脂といったウッディな香りもほのかに香る香水で、大人の女性や男性に人気が高いです。ウッディが強すぎるとおじさん臭さを強調してしまいますが、この香水はほのかに香る程度なのでその心配もありません。2つ目は、イングリッシュペアー&フリージアコロンという香水です。熟したばかりの爽やかで瑞々しい洋ナシの香りとフリージアの甘い香りがミックスされた香水で、甘すぎず爽やかすぎないので男性でも違和感なく使用できます。3つ目は、人気の香水ブランドが手掛けているクロエオードパルファムです。ライチやピオニーといったフルーティーな香りから始まり、ローズなどの甘くフローラルな香りへ変化してアンバーやムスクのセクシーな香りで締めくくるというゴージャスな仕上がりは、華やかさも演出したい女性にピッタリです。他の人気香水と比べて、価格的にも比較的お手頃なのが嬉しいポイントです。

臭いとの相性をテスターで確認しよう

香水は系統やブランド、商品ごとにそれぞれが様々な香りを作り出しています。いずれも香りやテクスチャーが微妙に異なり、自分の臭いと相性の良いものを使用しないと満足な使用感や効果を得られないことも多いです。また、例え自分が好きな香りでも体臭と混ざり合うと残念な臭いへと変化してしまうというケースも珍しくないので、臭いが気になっている人の場合は事前によく相性を確認しておくことが大切です。ブランドなどにもよりますが、香水は決して安いものではないので購入する前にしっかりテスターで試してみるようにしましょう。通販では難しいですが、店舗であればだいたいどこの販売店でもテスターを準備しており、自分の肌に実際に付けて香りを確かめることができます。自分で相性がよく分からない場合は、友人や家族と一緒に行って香りを確認してもらうと良いでしょう。テスターは便利なサービスですが、だからと言って次から次に試してしまうと香りが混ざり合って訳が分からなくなってしまいます。このため、テスターを使う前にある程度香水のジャンルや銘柄を絞り込んでおき、数種類だけを実際に付けて確認するようにしましょう。
香水は、うまく自分に合ったものを選べば効果的に気になる臭いをカバーしてくれる頼れる存在です。その力を最大限に引き出すためにも、自分好みの香りを付けたい気持ちをグッとこらえ、相性の良い香水を探して利用していきましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング