ちちがの臭いで前戯に集中出来ない問題

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

前戯で気になることがあるちちがの臭いの効果的な対応方法

ビーチの男女

男女が肉体で交流を行う場合、ほぼ必ず行なわれるのが前戯ですが、この時気になる臭いがあると集中出来ないものです。
汗臭い程度なら事前のシャワーで洗い流せますが、これがちちがとなると、気になる度合いは大幅に差が広がります。
ちちがは、端的に言えば胸に発生するわきがなので、顔を近付ける前戯であれば、コミュニケーションにおける無視出来ない妨げとなるでしょう。
自覚症状が気になる、あるいは相手の臭いにちちがを疑う時は、前戯の前に対応を考えることが大切です。
体臭に自覚がある場合は、意識的に相手を避けようとしたり、前戯を省略して本番に入ろうとします。
ただ、これでは相手が不審に思いますし、折角の交流機会が損なわれるので、気になる臭いには手を打つことが必要です。
反対に、相手の臭いが少し気になる位なら、前戯中に鼻呼吸を制限することで、臭いの影響を最小限に抑えることが出来ます。
しかし、本格的なちちがは強烈なので、呼吸を工夫して乗り越えるのは難しく、直ぐ相手にバレてしまう可能性があります。
ちちがは隠すのが難しく、待っていても解決しませんから、臭いの気になる程度に合わせて、効果的に対応することが肝心です。
自覚症状には体臭の軽減、相手のちちがにはさり気ない気配り、この二つがちちがの問題を改善する切っ掛けとなります。
ちちがの臭気はわきがと共通ですが、日頃のケアで軽減出来ますし、洗浄直後は臭わないので、これらの特徴を上手く活かすことがおすすめです。

お互いの時間を台無しにするちちがの放置

恋人同士、または夫婦が体を重ね合わせる機会は、お互いの愛情を確かめたり、絆を深める大切な時間となります。
愛し合う者同士であれば、多少の臭いは問題になりませんが、臭気の原因がちちがとなれば話は別です。
前戯の際は特に、お互いの体と顔が接近するので、気になるちちがの臭いは最高潮に達します。
ちちがを放置したままでは、貴重な前戯の時間が短くなったり、交流の機会すら減ってしまう懸念が生じます。
お互いの関係をちちがが引き裂けば、最早笑い話にもなりませんから、ちちがの自覚や懸念があるなら、早めに効果的な対処を行う必要があります
絆が深い間柄は、案外逆にちちがについて言い出し辛かったり、気が付いていても見て見ぬふりをすることが少なくありません。
ちちがの印象的で特徴的な臭気は、一度嗅げば鼻と記憶に残り続けるので、今後は無視したり気にしないようにするのが難しくなります。
体で触れ合うなら、やはり何も気にせず純粋に交流するのが一番ですから、ちちがは早めの段階で対処を心掛けましょう。
とはいっても、直接的に指摘を行なえば相手を傷付けたり、言葉を口にした本人も傷付いてしまうものです。
さり気なく気遣ったり、気にしないふりをしてちちがに対処する方法がありますから、自覚症状の確認と合わせて対応を始めることが重要です。
本来、肉体を介した精神的な交流はとても純粋で、そこには余計な雑念や混じりけはないのが特徴です。
前戯中に体臭が気になるとしたら、それは折角の交流機会の価値が低下して、交流の純度が低くなっていることを意味します。

ちちがの自覚症状がある人に役立つ改善方法

体臭の強さが気になったり、ちちがの疑いが濃厚で自覚症状がある場合は、体の洗浄と洗浄後のケアが役立ちます。
体を洗う時は、なるべく念入りにお湯で汚れを流し、泡立てた石鹸で良く洗ってから、湯船に浸かって毛穴を開きます。
入浴を行うと、水圧や体温の変化を受けて毛穴が開き、老廃物が外に出やすくなります。
シャワーだけでは、中々気になる臭いの原因の軽減は難しいですから、出来るだけ入浴を心掛けることが一つ目のポイントです。
二つ目は入浴後に行う体のケアで、この段階の対処法が、その後の体臭を大きく左右する要因となります。
身につける下着は勿論、洗濯上がりの綺麗な物が基本ですが、本当に綺麗に洗えているか確認すると良いでしょう。
一見綺麗に見える下着でも、実は目に見えない汚れが蓄積していたり、臭いの原因となっている場合があります。
新品であれば問題ありませんが、繰り返し着用した下着は、時々除菌して汚れのリセットを行うと効果的です。
一方、体の方は直接塗るタイプの、デオドラントを使用するのが有効です。
使用量は増えますが、塗る範囲は広範囲に、そして繰り返し厚く塗るのがちちがを改善するコツとなります。
他にも、食生活を見直して肉を減らしたり、運動習慣を始めて汗で老廃物を排出するのも良い方法です。
後は前戯を行う前に、シャワーを浴びて気になる部位を念入りに洗えば、自覚症状がある気になる臭気の改善を実現することが可能です。

パートナーの臭いには最適な対処が必要

体臭が気になると直接伝える、それも一つの方法ですが、愛情で結ばれる間柄であっても、ストレートな意見は余計に気になるものです。
気持ちを伝える側も、言った後に後悔することがありますから、まずは伝える必要があるか自問自答することになります。
ちちがが強烈で、尚且つ本人には自覚症状がなく、前戯に全く集中出来ないのであれば、勇気を出して伝える必要があるでしょう。
所が、大抵の臭気には対応の余地がありますし、前戯前に一工夫加えるだけで、大幅に気にならなくなるまでに減らせます。
例えば、一緒に洗いっこしようとパートナーを誘って、前戯の始めに体を洗う機会を加えれば、相手を傷付けずに体臭を減らすことが出来ます。
更に、その際には気持ちを盛り上げるつもりで、湯船にお湯を溜めて入浴を勧めるのが理想的です。
前戯の時に、臭いが気になって仕方がない部分は、大切な部分だから洗わせてとお願いして、優しく洗ってあげるのもテクニックとなります。
相手は、体を洗うことで大切にしてくれていると思いますし、裸の付き合いでより愛情が深まるので、結果的に前戯とその後が盛り上がります。
気になる体臭の問題も、対処のやり方を少し工夫するだけで、誰も傷付かずお互いのメリットとなる結果に繋がります。
気持ちを正直に口にするのは、必ずしも良いこととは限りませんから、状況に合わせ最善な方法を検討して、実践に移すことが愛情のある関係に求められます。

ちちがは強力でも対処の余地があります

わきがといえば、本人が自覚していなかったり、自覚していても対処が難しくてお手上げ、というイメージがあります。
ちちがもまた臭気の特徴や強さ等で、わきがと共通点が多い症状の一つです。
気になる場合はとことん意識してしまうものですが、軽減方法は少なからず存在するので、諦めずに対処を試すことが重要となります。
自覚症状に対しては、体の洗い方や洗浄後のケア、下着の洗浄方法が対処に結び付きます。
パートナーの問題は、さり気なくをキーワードにして、清潔の維持や体臭予防を手助けすることが現実的です。
医学的に治療する方法もありますが、これは本人の納得と決断が不可欠なので、最終手段に残しておくことになります。
セルフケアを促したい時は、体臭の自覚を持たせることが効果的ですから、一度体臭を洗い流した上で、衣服や下着に付着した臭いをさり気なく嗅がせるのが一番です。
お互いが自覚を持って、話し合ったり相談可能となれば、今度は協力し合いながら、お互いの助けになることが出来ます。
体臭は誰でも、個性を持っていたり臭気を発しているので、全く体臭が感じられなかったり、臭気を纏っていない人はいません。
重要なのは、体臭には特徴や臭気の程度が存在して、それがお互いの関係性に影響していたり、コミュニケーションの妨げになっていると気が付くことです。
特徴的な臭気でも、工夫と努力の継続次第で改善しますから、愛情を持って取り組み始めることが、お互いの関係を深めるチャンスに変わります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング