脇汗をかかない方法を実践して快適に過ごせる環境にしよう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

脇汗をかかない方法を実践して快適に過ごせる環境にしよう

花と子犬

汗をかきやすい人の悩みの一つとして、洋服に汗の染みが残ってしまう事があげられるでしょう。特に、脇のあたりは変色しやすい上、他人からも目立ってしまうため、放置しておくと不潔に思われてしまうかもしれません。インナーならば脇汗の染みがついてしまっても他人から見られることがないため問題ありませんが、夏場はTシャツ1枚で過ごすこともあるため、困ってしまいます。漂白剤を使用したり、クリーニングに出したりすれば少しは染みが取れると思いますが、完全に綺麗になるわけではありません。そこで、脇汗をかかない方法や、少しでも抑えられる方法をご紹介させていただきます。発汗量を左右する原因はいくつかあります。それは、基礎代謝が高くて体の巡りが良い事、緊張や不安などで精神的に安定していない人、食生活が乱れている人などです。もし、生活習慣を見直すことで改善できる方法があれば実践してみると良いかもしれません。しかし、生活習慣に関わらず、原因が分からない人は、なるべく洋服につかないように工夫をすることが大事でしょう。特に、夏場に白いTシャツを着る予定のある人や薄着になる予定のある人、会社でクールビズを推奨されている人は、汗をかかない方法と、洋服になるべく吸収させない手段の両方を実践しなければ、問題になってしまう可能性もあります。まずは、自分自身と向き合って、原因を探してみましょう。必ず解決できます。

汗をかかないようにするには

まず、水分を過剰に摂ってしまう人は、生活習慣を見直しましょう。当たり前ですが、汗をかくという事は、水分を摂取している事が大前提です。体に必要な水分量は1日1.5リットルから2リットルと言われています。しかし、注意しなければならない事があります。それは、この水分量というのは必ずしも水として飲まなければならない量というわけではないという事です。お米に含まれている水分や、お野菜に含まれている水分も全て込みで出ている数字なのです。よって、2リットルのペットボトルに入った水を一日で全てのみ切ってしまうという人は、今すぐ見直した方が良いです。一時期、水をたくさん飲むことは体のデトックスに良いと言われて多くの女性が必要以上の水を飲むようになりました。しかし、過剰摂取してしまうと汗として余計な水分を排出しなければならなくなるため、脇の染みになる原因にもなってしまうと考えられます。更に、水分の過剰摂取をすることで血液の濃度が薄まってしまいます。その結果、貧血を起こして倒れてしまったり、低血圧を引き起こして気分が晴れなくなってしまう原因にもなってしまいます。健康に良いと言われている事でも、やりすぎは禁物という事は必ず覚えておきましょう。毎日、お米や野菜など水分を含んでいるものをバランス良く摂取している人は、1日に1リットル程度、夏場でも1.5リットルの水を飲めば、十分だと言えるでしょう。

食生活を改善すること

次に、食生活を改善することが大事です。脇の下にある汗腺は、食事の内容によって刺激されてしまうと言われています。例えば、毎日肉ばかり食べて野菜や果物を食べない人は、コーヒーなどのカフェイン系をたくさん摂取する人、カップラーメンなどのインスタント食品を頻繁に摂取する人は、汗の量が増えるだけではなく、臭いもかなり臭くなってしまうでしょう。その上、油っぽい汗になってしまうため、洋服に染みがついてしまうと落とすのが大変になってしまいます。臭いが伴ってしまうと、周囲にも迷惑がかかります。特に、最近ではスメルハラスメントという言葉が誕生してしまった事からわかるとおり、臭いも周囲へのエチケットやマナーとして気をつけるべきものとなっています。臭いの伴う汗をかかない方法として、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている緑黄色野菜や果物、また、動物性ではなく植物性のタンパク質が豊富に含まれている豆腐や納豆を積極的に摂取してください。体の中を綺麗にすることで、わきの下の汗腺が過剰に働くのを防ぐこともできるでしょう。このようなタイプの問題に悩まされるのは、一人暮らしの人や、料理が苦手な人が多いです。野菜や果物を買って調理をするのが面倒な人は、カットフルーツやカット野菜を摂取するところから始めましょう。生野菜やフルーツよりは栄養素が低いですが、食べないよりはましですし、少しは症状が改善されます。

精神的に不安定な人は注意

ストレスがたまっている人や、精神的に疲れている人は、ホルモンのバランスが乱れているため通常より脇の下の汗腺の働きが活発になっている事があります。洋服についた染みを気にして汗をかかない方法を研究したり、パッドを入れて染みを抑えたりするなど様々な工夫をしている人もいますが、精神的な問題が改善されない限りは、過剰に汗が出てしまうでしょう。当てはまると思った人は、まずはパウダー入りの制汗剤を持ち歩き、脇から出る分子をパウダーでカバーしましょう。そして、精神を休めるために、好きな場所へ遊びに行ったり、音楽を聴いたりして楽に過ごす時間を作ってください。この時、なるべく非日常的な空間にいた方が効果的なので、仕事や勉強に関わるものが目につかない場所へいたほうがいいです。それが難しい人は、一度深呼吸をして、心を無の状態にしてみましょう。そして、楽しい事を考えてみてください。少しの間かもしれませんが、緊張や不安から解放された気分になれるはずです。このようにして、心をリラックスできる方法が見つかると、汗の量が少しずつ減ってきます。かかない方法を見つけるのではなく、少しでもリラックスする方法を見つける事がコツです。そして、パウダーを持っているから洋服が汚れる事はないと考えるだけでも、だいぶ落ち着いて過ごせるようになるでしょう。先ほど述べた水分の摂取量も大事ですが、心のケアも重要な項目です。

汗をかかないようにする方法のまとめ

以上、汗をかかないようにする方法と対策をご紹介させていただきました。原因としては、水分の摂取量や食生活の乱れ、不安や緊張からくるものなど、様々です。しかし、原因が何であっても必ず対策すれば洋服が汚れずにすむ方法が見つかります。最近では、貼るタイプの脇汗パッドも販売されています。汗腺が集中している場所に貼っておくと、汗を吸い取り洋服につかないようにできる商品です。透明でかさばるものではないため、夏場に薄着をする際に利用すると良いでしょう。また、制汗スプレーで汗の分子をカバーした後にパッドを貼れば、より効果的なので精神的にも安心して過ごせる可能性もあります。冬場であれば、シート型ではなく、少々厚みのあるクッション型を利用するのも良いです。厚みはありますが、最近販売されているものは通気性が良いため、蒸れずに済みます。ご紹介した方法を実践しても脇汗の量が減らなかったり、不安に思ったりする人は、病院へ行くのも手段の一つでしょう。最近では、美容整形外科や皮膚科へ行けば診てもらうことができます。ボトックス注射というものを打ってもらうと、数日後から汗の量が減り、平均して半年ほどは効果が持続するようです。しかし、副作用として、筋肉を麻痺させる可能性もあるようなので、最終手段として考えると良いでしょう。また、脇への注射は汗腺が多いため有効ではありますが、痛みは大きいと思うので覚悟は必要です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング