女性が毎日使えるおすすめのデオドラントウォーターの特徴

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

女性が毎日使えるおすすめのデオドラントウォーターの特徴

花のにおいをかぐ犬

大量に汗をかいた後で放っておくと、だんだん嫌なニオイになってきます。皮膚から出たばかりの汗はニオイはほとんどしないので、すぐに拭き取ってしまえばニオイが強くなってくることはありません。ただ、ジムに通っている時や日課のランニングをこなしている時のように意識的に運動している時は良いのですが、ワキや背中に自然にかいた汗をこまめに拭くのは難しいものです。
俗にいう汗臭いニオイというのは、汗や皮脂が酸化して発生するものだったり、汗を分解する際に出るものだったりします。そして皮膚に付いた垢と一緒に衣類が汗を吸収すると、時間が経つにつれて雑菌が繁殖してくるので、何とも言えない不快なニオイになってしまいます。
男性と比べると女性は汗が少ないのですが、これは女性ホルモンのエストロゲンに汗を抑える働きがあるためです。しかし、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンには、体温を上昇させて発汗を促す働きがあるので、女性ホルモンのバランスが崩れて大量に汗をかくようになることもあります。
このように、気温や体質の変化で汗の量が多くなってきたと感じた時は、気軽に使えるデオドラントウォーターで、汗のニオイ対策をしてみましょう。とてもサラッとした液体なので体全体に使うのに便利で、汗をかきやすい背中やデコルテなどの広い範囲に使うことができます。首や耳の後ろにも使いやすいので、全身をまんべんなくケアしたい時に向いているデオドラント製品です。

フレッシュな香りとサラサラ感が特徴

デオドラントウォーターは、クリームタイプよりもライトな使い心地になっていて、塗りにくい部分にもサッと使える特徴があります。香りの種類も豊富に揃っていて、爽快感のあるミントやメンソールといった定番の香りをはじめ、フレッシュでフルーティーな果実をベースにした甘い香り、お風呂上りのような石鹸の香りやベビーパウダーのような香り、大人っぽい雰囲気が楽しめるローズなどのフローラル系の香りもあり、女性が普段使いしやすいやさしい香りや華やかな香りが選べます。汗拭き用のボディシートと同じ香りの物を選ぶようにすれば、外出先でも手軽にニオイ対策ができるので良い香りが長続きします。
デオドラントウォーターは、単なる香りの付いた液体ではなく、殺菌効果のある成分やニオイの発生源になる汗を抑えるためのパウダーが配合されています。ですから汗の嫌なニオイと香料が混じって、おかしな香りになることはありません。イオンのパワーで消臭するタイプもあり、わきがにも効果があるデオドラントウォーターを選べば、エクリン腺から出る無臭の汗ばかりでなく、普通の汗よりも強いニオイがあるアポクリン腺から出る汗のニオイをブロックすることも可能です。
デオドラントウォーターに含まれているパウダーには、皮膚をサラサラにするという特徴もあるので、通勤や通学の途中で汗をかいてしまい肌がべたついて気持ち悪くなる、という女性にもおすすめです。

どこでも使えて肌にもやさしい

スプレータイプのデオドラント製品は使用する時にシューと音がするので、こっそり隠れてスプレーしても音でばれてしまうことがあります。デオドラントウォーターは液体とパウダーを混ぜる時にカチャカチャと音がするくらいなので、更衣室やトイレなど人気のある場所で使用したい時におすすめです。
デオドラントウォーターは、使いたい部分に合わせて容器の形状が選べるという特徴があります。シャワーを浴びた後や出かける前にたっぷり使いたい場合は、化粧水のようなボトルタイプが便利です。ボトルが大きめなのでバシャバシャ使えて、小さめのスプレー容器に詰め替えすればお出かけ先でもデオドラントケアができます。
汗をたくさんかいてしまう方は、いつでもどこでも使えるスプレータイプが便利です。持ち運びに便利な小さい物や使用頻度が高い方におすすめの大きいサイズまで色々とあり、自分では塗りにくい背中のニオイケアも、スプレータイプなら簡単にできます。
ピンポイントで集中的にニオイ対策をしたい場合は、ロールオンタイプがおすすめです。工作で使うノリのように、スポンジ部分から液体がしみ出してくる物や、容器の先に付いたボールを転がして塗っていく物があります。塗るのに時間がかかるため、背中などの広い部分に使うのは不向きですが、耳の後ろやワキなどの細かい部分に塗りたい時に向いています。
汗を抑える特徴があるデオドラントウォーターですが、使用する時は汗をシャワーで流したり、タオルでふき取ったりして、肌が乾いている状態にしてから塗るようにしましょう。

使ってみた時のメリットと

パウダーインが特徴のデオドラントウォーターは、クリームタイプのようなベタツキがなく、汗のせいで肌と衣類がくっつくのを避けたい時に便利です。ただ使用前にはボトルをよく振っておかないと、サラサラ効果が実感できないこともあります。パウダーが多いと衣類に付いた時に白くなってしまうことがあるため、色の濃い服を着ている時は注意しましょう。
デオドラントウォーターの口コミでは、香りが長続きしないというコメントもあります。確かに液状なので水に流されやすく、強い香料を使用していないため香りが飛びやすい面もあります。そのため、消臭効果を長持ちさせるには、定期的に塗り直す必要が出てきます。こまめに塗り直しできるのなら良いのですが、塗り直しできずに効果が薄れてしまうような場合は、液体よりも消臭力が持続するクリームタイプを使ってみましょう。
ただ、強力な消臭力がある成分は肌に負担をかけることがあるので、立て続けに使用できなくなったり、肌にトラブルが発生したりするケースもあります。デオドラントウォーターは体質によって合う合わないはありますが、それほど強力な成分は含まれていないため、肌に対する刺激が少なく使いやすいところがメリットになっています。
わきが臭が強い場合は、一般的な製品ではニオイを抑える効果が実感できないこともあるので、わきが専用に作られている製品を選んでみましょう。ピンポイントで使うためクリームタイプが多くなっていますが、リキッドの製品もあります。

一年中使えるデオドラントウォーター

汗をかくのは気温や湿度が高い夏だけに限らず、秋や冬でも暖かい室内にいる時に汗をかいてしまうことがあります。春や夏よりも厚着をしている分だけ汗をかきやすくなり、ちょっと動いただけでも背中やワキが汗でベタベタしてしまうこともあります。
そして季節に関係なく、香りの強い食べ物を好んでよく食べていると体臭が強くなることもあるので、消臭ケアをしていても汗の臭いが強くなっていると感じたら、食べ物を変えてみるのもニオイ対策になります。
デオドラントウォーターは、ニオイ対策のために一年中使えるアイテムです。香りの種類が豊富なので、季節に合わせて選べるところも魅力です。気温と湿度が高くて不快指数が上がってしまうような季節には、体をひんやりさせるようなクール系の香りが最適です。香りのこもりやすい冬なら、爽やかな中にも温かみのある香りがピッタリです。その日の気分や出かける場所、ファッションに合わせて選ぶのも良いですし、好みのフレグランスをつける感覚でニオイ対策ができます。
頻繁に汗をかくことは、体にたまった老廃物を外にながすことになるので、美容のためにも汗をかくのは良いことです。実際に運動をして汗をよくかく人は、運動不足で汗をかかない人よりもニオイが少ないといわれています。運動したり入浴したりしてたくさん汗をかいた後は、消臭効果があって香りも楽しめるデオドラントウォーターを肌にたっぷりの塗っておくと、心地よいサラサラ感の中で過ごせます。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング