ドライマウスによる口臭の原因と対処と唾液の分泌について

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ドライマウスによる口臭の原因と対処と唾液の分泌について

右腕を上げている女性

ドライマウスは口臭の大きな原因となります。ドライマウスとは、何もしていないのに口の中が乾いてしまうという症状のことです。ドライマウスになってしまうと、口の中で雑菌が繁殖しやすい環境となり、口臭や虫歯、歯周病などの口腔内トラブルにもつながってしまいます。
ドライマウスによって引き起こされる虫歯や歯周病も口臭の原因の一つとなってしまうので、さらに口臭が気になるようになってしまいます。
ドライマウスによって引き起こされる口臭の臭いは、食後の臭いとは違い、生理的に嫌な臭いとなり、周りに不快感を与えてしまいます。
ドライマウスの症状は、口臭だけではなく、口の中の粘着きや、食べ物が飲み込みにくい、さらに重症となってしまうと、口の中の乾燥によりひび割れを起こしてしまったり、それに伴い、舌に痛みを生じて食事をとることが出来ない、しゃべりづらいなどの症状や、味覚がおかしくなる、口内炎ができやすくなってしまうなどの症状を引き起こしてしまいます
唾液が減ることによって、免疫機能も失われてしまうため、虫歯や風邪をひきやすくなってしまうなど様々なトラブルの原因となってしまいます。
ドライマウスによって口臭をはじめとする様々な症状が引き起こされてしまい、放っておくと日常生活にも影響を与えてしまうものとなってしまうので、こういった症状を感じた場合には早めに対処することがトラブルを回避するためには重要です。

日常生活の中の主な原因はどこにあるか

主な原因としては、まず、口呼吸が挙げられます。通常は呼吸は鼻から行うことで、鼻の中の湿った粘膜の空洞である副鼻腔を通り、副鼻腔は多くの壁に仕切られ乾燥しにくい状態となっていることに対し、口呼吸は口の中の粘膜が呼吸によって直接乾燥してしまいます。
緊張も交感神経が優位に働いてしまうことで、唾液の分泌を抑えてしまいます。一時的な緊張なら問題はありませんが、常にストレスを感じている状態の場合、交感神経が働いてしまうため、唾液が出づらくなってしまいます。
咀嚼回数が少ないというのも、噛むことによって唾液を出す唾液腺を刺激し、唾液腺の周りの筋肉が働くことで、唾液腺から唾液を押し出すので、唾液が出やすい状態となりますが、柔らかいものばかりを食べていることで、唾液の分泌量を減らしてしまいます。
アルコールも、利尿作用が働くことで、体内の水分を少なくしてしまい、その状態が続くことで、唾液の分泌を減少させてしまいます。他に利尿作用を引き起こしてしまうものとしては、タバコのニコチンやコーヒーや緑茶などに含まれるカフェインなどが挙げられます。また、タバコだけでも口臭の原因となってしまいます。
最近のパソコンやスマートフォン、ゲームなどによって、姿勢が悪くなってしまうことも首にある唾液腺を前かがみの姿勢によって圧迫されてしまうことによって、唾液が出にくくなってしまいます。
唾液が少なくなるということが一番大きな問題となってしまうため、唾液よって口の中の水分量を安定させることが大切となります。

対処法として口の中の潤いを保つために

対処法の一つとして、まず、ストレスをためないようにし、リラックスした状態を作ることが大切です。運動をしたり、好きなことをしたりすることによって、リラックスすることができます。さらに、不規則な生活をしていることも、自律神経を乱れさせて、唾液の分泌量を減らしてしまう原因となります。そのため、普段から規則正しい生活を心がけることも大切です。
部屋を乾燥させないということも重要です。エアコンが効いた部屋は、乾燥しがちなので、乾燥機などをうまく用いて、部屋の乾燥を防ぐことが大切です。また、特に冬場は、空気が乾燥するため、部屋の中の湿度調整はしっかりと行うことが大切です。さらに、マスクの着用をすることも効果的です。
また、口呼吸をなるべくしないようにすることも対処法の一つです。鼻づまりなどが起こって口呼吸になってしまうという場合には、鼻づまりの対処をすることも必要です。
表情を豊にすることえ表情筋を活発にすることで、表情筋を活発にし、唾液を分泌させる効果があります。
食事中は、よく噛んで食べることを心がけることも大切です。噛む回数を増やすことで、唾液の分泌量を増やすことができます。
小まめな水分補給も重要です。水分補給には、糖分が入っていない飲み物が効果的です。また、飴をなめたりガムをかんだりすることも、唾液の分泌を促すことに繋がります。
口臭を防ぐためには、唾液の分泌が重要となります。

ドライマウスによる口臭対処法

ドライマウスによる口臭を防ぐために、唾液の分泌を促すため、唾液腺のマッサージをするということも効果的です。マッサージの際には強く押しすぎずに優しくすることが大切です。唾液腺は、まず、耳下線という上の奥歯のあたりを後ろから前に回すように10回くらいマッサージします。舌下腺は、顎の下にあり、親指で押すように5回くらいマッサージします。
舌を動かすストレッチも効果的です。上下左右に動かしたり、舌先で円をかくように大きく回してみたりすることで唾液腺を刺激します。
身体を脱水症状の状態とする、カフェインやアルコール、ニコチンといった利尿作用がある嗜好品をできるだけ我慢することも重要です。
喋っているときなどは、なるべく水分を摂って口の中が乾きすぎないようにすることも必要です。それによって、喋っていることで乾燥しがちな口の中を潤して、口臭の原因となるドライマウスを防ぐことになります。さらに、朝の口臭は、特に口臭が強くなります。それは、口の中が乾燥によって、細菌が増殖している状態にあるからです。そのため、朝起きてすぐにまずはうがいやゆすぎを行うことで、口の中で増えた口臭の原因となる雑菌を口から出すことができ、また朝食を摂ることで、唾液の分泌を促すことにもつながります。
また、歯科疾患の一つなので、歯科や口腔内科、口腔外科に行って治すということも洗濯の一つなります。重症の場合にはそういった施設で治してもらうことも選択肢の一つです。

ドライマウスの口臭を防ぐためには

ドライマウスによって引き起こされる口臭の原因は、口の中が乾燥することで、雑菌が増えて、口臭を発するというものです。その口臭を防ぐためには、口を乾かさないようにすることが大切です。
食事の時にはしっかりと咀嚼することや、口呼吸をしない、ストレスを溜めないこと、姿勢を正すことなどによって、唾液の分泌を促すことができます。アルコールやタバコによるニコチン、緑茶などに含まれているカフェインなどは、利尿作用を引き起こし、身体の水分量を減らしてしまうので、気になる場合には控えることも必要です。
部屋の乾燥を防ぐことも必要です。エアコンなどが付いていると部屋が乾燥しがちなので、加湿器などを使って湿度を調整し、マスクをするこということも、口の中を乾燥させないためには有効です。
ドライマウスによる口臭は、雑菌が増えることによって引き起こされる虫歯や歯周病も原因の一つとなるので、口腔内を清潔にして、口臭を防ぐために、歯磨きをすることも大切です。
朝の口臭がきついのも、唾液の分泌が少ないことで、雑菌が繁殖していることが原因なので、朝おきたら口をゆすぐなどをして、朝食を食べて、唾液の分泌を促すということも大切となります。
重症となってしまった場合には、口腔外科や歯科などで診てもらうことも選択肢の一つです。また、ドライマウスによって引き起こされた虫歯や歯周病による口臭も解決することができるので、口臭を治すためにはとても有効です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング