独特のニオイがあるワキガは親から子供へ遺伝される体質

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

独特のニオイがあるワキガは親から子供へ遺伝される体質

ライムの薄切り

ワキガは独特のニオイがするものとして知られています。そのニオイの特徴としては土のようなにおい、ゴボウのようなにおいなどきついものであるとされています。これはワキガが普通の汗が出るエクリン汗腺からではなくアポクリン腺から出る分泌液が皮膚の表面にある皮脂や雑菌などと混ざりあうことで出てしまうからです。また普通の汗は無色でさらさらとしていますが、アポクリン腺から出る分泌液は乳白色から黄色っぽい色をしており、粘り気があります。そんなワキガの人の使った服やタオルなどを借りるとワキガがうつるといわれています。しかしこれは事実ではなく、実際にはワキガの人のニオイが一時的に肌についているだけで、シャワーを浴びることによってすぐにニオイは消えます。ですから人から人へとうつることはありません。なぜならワキガは体質だからです。ワキガである親から遺伝として受け継がれるので、人から人へとうつることがないのです。ですから、もしワキガが人から人へとうつるものだと誤解している人がいれば間違いだということをさりげなく教えてあげると良いでしょう。そういった誤解がもととなってからかいの対象とされ、ワキガであることをコンプレックスに感じてしまうことがあるからです。ワキガは体質なのですが、親がワキガじゃない場合は遺伝されることももちろんありませんから、自分がワキガであると感じているのは思いこみである可能性が高いです。

ワキガは子へ受け継がれる優性遺伝

親からの遺伝というと優性遺伝と劣性遺伝があります。ワキガは優性遺伝となっている体質なので、親のどちらかがワキガであれば50%の確率で子へと体質として受け継がれます。もし両親がワキガであれば80%から100%の確率で子へと受け継がれるものです。逆に言えば親がワキガの体質を持っていなければ、自分が気になっているニオイはワキガではないということになります。もし自分のニオイが気になっていてもしかしたらそうかも?と感じている場合は親御さんにワキガの体質はあるかどうか確認してみるといいです。そしてそうだという答えであれば実際に医師に診察してもらって受け継がれているのかということを確認してみましょう。医師が確認する時は鼻でニオイをかぐこと、そして親がその体質を持っているかどうかなどの確認をします。それによって本当にわきがであるかということを最終的に判断します。わきがのニオイは子供の頃はほとんどの場合ありませんが、思春期頃になって生理や夢精などが始まる頃になるとニオイがするようになることが多いです。小さい頃からニオイがしている場合は重度のことも少なくありませんから、医師と相談しながら対策をとるようにするといいです。最初からニオイの自覚がある人は少なく、人から指摘されて気づくことが多いのでその事実に傷つくこともあります。そういう時にはお子さんに対してきちんとフォローをできるように知識を得ておくことが大事です。

わきがが遺伝されるのを防ぐことはできる?

現代の医学では今のところ遺伝であるわきがを防ぐ方法はありません。そのため、もし遺伝された場合はなるべくニオイがしないように工夫をしておくことでうまくつきあっていくしかありません。大人になってしまえば手術やミラドライなどの方法でアポクリン腺を除去し、ニオイを気にならないレベルにまですることは可能です。しかし子供の頃、特に成長期の時は例えアポクリン腺を除去したとしてもまた再生してしまう可能性があります。すると何度でも手術などを受けなければいけなくなるのです。費用も高いですから気軽に受けられるものではありませんし、やはり成長期の間はニオイをなるべく抑制するようにいろんな方法を実践するのが良いでしょう。現代はわきが専用の制汗剤なども販売しており、かなり高い効果を得ることができますので、こまめに汗をふくこと、わきが向けの制汗剤を使うことなどしてニオイを抑制するといいです。ワキの毛が生えている場合はワキの毛を処理しておくことでもニオイを抑制することが期待できますし、着るインナーも綿素材のものを着ることで通気性も良く、汗を少しでもかきにくい状態にすることができます。他には味の濃いものはなるべく食べないようにしたり、ストレスをためないようにすることも有効な方法です。ストレスはいろんなことにおいてあまり良い影響を与えませんが、わきがに関してもニオイがきつくなる原因となっているのです。

子供のわきがはいつ頃にわかるの?

日本人は欧米諸国よりもわきがの体質を持っている人は少ないといわれていますが、それでもやはりそういう体質を持っている人はいます。その場合、子供にも遺伝される可能性があるのですが、わきがの原因となる分泌物が出るアポクリン腺が活発になる年齢が思春期頃だといわれていますので、年齢的には男の子は9歳から13歳にかけて、女の子は7歳頃から12歳頃にかけてです。小学校の中学年頃からわきがのニオイが出てくる可能性があるということになります。しかし現代では欧米化の食事や運動不足などもあって低学年頃からニオイがするようになる場合もあり、肥満体型の場合はさらに高確率でまだ小さな頃にニオイが出るようになることもあります。自分ではわからないことも多いので、親御さんが気づいてケアをサポートすることが大事です。また食事面でも油っこいものばかり食べないようにしたり、味の濃いものを避けたり、適度に運動をするようにするなど工夫をすることも大切です。もしニオイがわかるようになったらまめに汗をふくことやわきが向けの制汗剤を使うことを教えてあげたりして自分でもケアできるようにしてあげるようにするといいです。もしまだ自分でケアするのが難しい年齢であれば親御さんが手伝ってあげるようにすると安心です。成長と共にアポクリン腺は活発になってくるので自分の体質のことを理解できるように説明してあげるのも良いでしょう。

子供さんでも簡単にケアできる方法

わきがのニオイが出た場合、子供さんでも簡単にニオイを抑制する方法があります。それがわきがクリームを使うことです。わきが専用なのでニオイを抑制する成分が配合されており、朝つけることで夕方までニオイを予防することができるなど評価も高いです。価格はそれぞれで違いますが、安いものであればドラッグストアで1000円台で購入することができるものもあり、効果も高いので人気です。いろんなクリームを比較してから使いやすいものを購入するといいです。子供さんがわきがかどうかをチェックできる簡単な方法として耳垢が湿っているかというのを確認するという方法があります。わきがの人は耳垢のアポクリン腺からも分泌液が出ていることから耳垢が湿っているのが特徴だからです。また、よく着ている服のワキの下が黄ばんでいる場合もわきがである可能性が高いです。特にわきがで中度以上の場合は耳垢は完全にキャラメル状に湿っていますのですぐにわかります。最終的な確認は皮膚科ですることができますので、耳垢などでわきがの可能性が高いなと感じたらクリニックで確認をしてもらうのが良いでしょう。子供さんがわきがであることがわかったとしても親側が過剰反応をしないようにすることは最も大切なことです。親の反応を見て子供さんは不安を感じるからです。中学生や高校生くらいになってニオイがきつくなった場合にはボトックス注射などの方法をとることも考えるのもありです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング