ダイエット中におならが臭い原因とダイエット臭の関係

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ダイエット中におならが臭い原因とダイエット臭の関係

洗濯ばさみで鼻をつまもうとしている男性

ダイエットを始めてから、おならが臭いと悩む人は多いです。おならの臭いや頻度は人に相談しにくいため、一人で悩んでしまう人もいるかと思いますが、おならは決して体に悪いものではありません。腸内に溜まったガスが排出されることはとても自然なことで、スムーズな排便のためにもおならは必要なものです。しかし、実はおならには発酵型と腐敗型の二種類があります。発酵型は臭いが無いことが特徴で、これは腸内の善玉菌が多いためです。そのため臭いが無い場合は、例え頻繁に出ても気にする必要はありませんし、むしろ健康である証拠だといわれることもあります。問題は腐敗型です。腸内に悪玉菌が多く、腸内環境が崩れているとアンモニアや硫化水素などが含まれた臭いおならが出てしまいます。この原因として、ダイエットのために食事制限を行った結果、十分な栄養素を体に補給できておらず、自律神経の働きが鈍ってしまうために起こります。自律神経は胃液の分泌などにも深く関係しているため、胃液の分泌が悪くなると食べ物がきちんと消化されないまま腸に届いてしまいます。そうすると腸は十分に消化されていない食べ物を溶かすために、悪玉菌を活性化させて食べ物を腐敗させようと働きかけます。悪玉菌の優勢は体にさまざまな悪影響を与えることで知られており、下痢や便秘などの症状を引き起こすだけでなく、こういったおならの臭いにまで影響してしまいます。

おならが臭いのはダイエット臭が原因?

ダイエット臭とは、ダイエットをしているときに普段はあまり発しないような臭いが体から出てしまうことです。独特な臭いをしていることが特徴で、甘酸っぱいような、果物が腐敗したようなそんな独特な体臭です。人は自分の臭いには敏感なため、ダイエット臭にも自身では気が付かないことが多く、人から指摘されて初めて気が付くということも多いようです。原因としては、間違ったダイエット方法が挙げられます。食事制限のみでダイエットを行い、順調に減量をしていっても途中で体重が減らなくなるときが訪れます。これは食事制限を行った結果、体が少量のエネルギーで生活できるように基礎代謝を低下させることが原因です。基礎代謝はダイエットを行う上でとても大切です。基礎代謝が高ければそれだけ痩せやすく、逆に低ければ太りやすい体になってしまうのです。ダイエット臭は無理な食事制限で基礎代謝が低下していく過程で発生するといわれています。おならが臭いのも、ダイエット臭が発生するような間違った生活習慣を送っていることが影響しており、正しい食事制限とダイエットを行っていれば、ダイエット臭も臭いおならも発生する確率は低くなります。ダイエットをする人はきれいになりたいという目標があるからこそ行っている人が多いと思いますが、例え体重が減っても人に不快感を与えるような体臭を発するようであれば意味がありません。おならとダイエット臭は、生活習慣と間違ったダイエット方法という原因で密接に関係しているのです。

糖質制限&タンパク質が原因

糖質制限はきちんと行うことで高い効果が期待できるといわれているダイエット方法ですが、あまりに厳しく、極端に行うことはダイエット臭の原因にもなります。糖質の摂取を控えると、当然ですが体内の糖質が減少します。ですが糖質は体のエネルギー源です。そのため不足したエネルギー源を補うために、体はケトン体といわれる物質を作り出します。ケトン体はアセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸の総称であり、肝臓で作られます。そしてこのアセトンはダイエット臭の原因になるといわれており、血中や汗、呼吸に混ざりこむことによってケトン臭独特の臭いが発せられます。ケトン臭は汗をかくだけで強く臭うだけでなく、口臭や尿としても臭うことが特徴です。そのため、トイレの際に悪臭がした場合はケトン臭が発生している可能性が高いです。通常ケトン体はたんぱく質や脂肪をエネルギーとして使用する際に発生し、少量であれば体臭などもまったく気になりません。しかし極端な糖質制限の他にも、食事制限によってたんぱく質の摂取を控えてしまうことで強いダイエット臭が発生してしまいます。対策としてはやはり極端な糖質制限や食事制限は控えることが大切です。厳しい制限を行うほど、一時的に体重に変化はみられるかもしれませんが、健康とダイエット臭を防ぐためにはまずゆるやかな制限から行うことがおすすめです。また、食事制限のみでなく、適度な運動を取り入れることも効果的です。

食物繊維不足または過剰が原因

食物繊維の摂取は便秘改善に良い効果をもたらすとして知られています。ダイエット中は便秘に悩まされる機会も多く、また便秘はダイエットにも悪影響を及ぼすため改善したいと考えている人は多いです。しかし、食物繊維のとり過ぎは逆に腸内環境を悪化させてしまいます。食物繊維は適度にとると腸に良い効果をもたらしてくれますが、過剰にとることによって腸のぜん動運動が活発化しすぎてしまい、下痢などの症状を引き起こす可能性があります。また食物繊維には水溶性と不溶性という二つの種類があるのですが、特にこの不溶性食物繊維をとり過ぎることは便秘の悪化に繋がります。不溶性食物繊維の過剰摂取は便を硬くしてしてしまうからです。かといって不足することも問題です。ダイエット中に便秘になるのは、食事制限によって食物繊維が不足することが関係しています。そしてこのように腸内環境が悪化することにより、ダイエット臭も発生します。また、便が長く腸内にとどまることにより悪玉菌が増え、おならも臭くなります。食物繊維の一日の摂取量の目安は男女で平均して17~19グラムとされており、この量を目安にすることで腸内環境の悪化を防ぎ、ダイエット臭も防ぐことができます。ダイエットには野菜が良いといわれることもありますが、何事も過剰摂取や不足することは良くありません。また、水溶性と不溶性の食物繊維が含まれている食べ物はそれぞれ異なるため、意識して摂取することが大切です。

ダイエット臭を防いで健康的に痩せるために

極端なダイエットは健康を害し、ダイエット臭を発生させる原因となってしまいます。ダイエットの目的は人それぞれですが、頑張った結果体調を崩してしまったり、人に不快感を与えるような臭いを発してしまうことは誰しもが望んでいないはずです。特にダイエット臭は食事制限のみでダイエットを行うことで発生するため、臭いを防ぐためには食事制限のみでなく、運動も一緒に取り入れることが大切です。運動をすることによってダイエット臭の原因の一つとなる基礎代謝の低下を防ぐことができ、またリバウンドも防ぐことができます。そして運動は体臭を抑える効果もあります。体を動かすことによって沢山の汗をかくと、汗と一緒に体の中の余計な老廃物が排出されます。汗にもサラサラしたものとベタベタしたものがありますが、運動によって流れる汗は体に良いサラサラとした汗です。ダイエット臭は汗をかくだけでも発生することがありますが、それはいわゆるベタベタした汗であり、運動をすることによって改善することもできます。また食事制限を行う場合でも、不足している栄養をきちんと補給することを意識し、無理なく行うことがダイエット臭を防ぎ、改善するためには大切です。食事や運動については普段から意識することによって未然にダイエット臭を防ぐことができます。発生してから対策を行うよりも、発生しないような生活を送ることが健康的に痩せるためにも大切です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング