香水とデオドラントの臭いが混ざるということの注意点

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

香水とデオドラントの臭いが混ざるということの注意点

赤い花びらと香水

香水というのは汗や体臭に混ぜるということを想定しています。しかし、もちろん香水とデオドラントの臭いが混ざるということは想定していません。これは香水を二種類混ぜるようなもので、当然臭いとしては違和感のあるものになります。香水は少しだけ香る程度に付けるということが重要ですが、デオドラントに関してもそれは同じです。しかし、二種類の香水を付けるようなものなので、臭いが強くなり、また混ざっているので変な臭いになります。このことには注意した方が良いでしょう。仮に香水もデオドラントも良い臭いであったとしても、その二つを混ぜて良いにおいになるとは限りません。むしろ良くないにおいになる可能性の方が高いでしょう。たまにやってしまう人がいるので、ぜひ注意した方が良いということになります。この点に注意して、最終的にどうするかは人それぞれですが、香水もデオドラントも付けたいということであれば、無臭のものを付けるということになります。ただ香水は汗のにおいと混ぜて使用することを想定しているので、デオドラントは使用しない方が良いというのはあります。香水は体臭を紛らわせるものでも無臭で使うものでもなく、体臭と混ぜて使うということが想定されています。正確にはフェロモンというのは重要で、脇の汗に多いフェロモンのにおいと香水のにおいと混ぜることによって良い感じのにおいにするということになっていくのです。

香水を使用する際の注意点

上述の通り、複数のにおいが混ざるというのは望ましいことではなくて、香水と体臭だけの状態がベストということです。これは注意点で、体臭ならなんでも良いというわけでもないのです。フェロモンのにおいというのは同じ人でも、その人の生活状況によって臭いが変わってきます。そもそもフェロモンというのは厳密にどのようなにおいというのはないのですが、脇の汗に多く含まれると言われています。そして、その匂いというのは体調や体の健康状態を如実に表すバロメーターでもあり、異性に特にそれがわかります。フェロモンというのは異性へのアピールに使われるものだったのですが、その状態や、体の健康状態や強さというのが無意識のうちに相手に察知されるということになります。特に太っていたり、細すぎたり、筋肉がなさすぎるという状態は異性に魅力的に映りにくいということになります。これは外見だけの問題ではなく、においとしても本能的に異性が対象外と認識するということです。特に異性に魅力的に映るフェロモンのにおいというのは、男女ともに健康的な状態です。なので、栄養状態を良くして、運動を行うというのが非常に重要なのです。運動というのも、無酸素運動も有酸素運動も重要で、特に無酸素運動が重要です。これは後述するのですが、無酸素運動と有酸素運動は相乗効果があります。そういうことなので、フェロモンのにおいの改良のためにもぜひ両方行います。

香水と体臭だけでにおいを完結

デオドラントをどうしても利用したいのであれば、無香料を使うということで、体臭は抑えるだけです。何かしらのにおいと香水のにおいが混ざると逆効果になる可能性も高いでしょう。なのですが、あくまでも体臭と混ざるのが自然ということになります。しかし、だからといって体臭を強くすることはしない方が良いでしょう。実際海外では、わざと汗をかいて香水を付けることで匂いをアピールするという人もいます。しかし、日本ではそこまでのにおいは誰も求めていない可能性が高いです。良いにおいでも悪いにおいでもきついと不快に感じるものなのですが、日本人はにおいに敏感なので、その基準値が他の国よりも低い傾向にあります。なので、強い体臭と香水の組み合わせはあまり好まれません。なので普段から健康な生活をし、有酸素運動を行って汗をかくということを行うことによって、なるべく体臭そのものは弱めておく方が良いでしょう。健康にもその方が良いです。そして筋トレによってにおいをよくするということになります。フェロモンは異性の生物としての生命力の強さというのが重要なので、単純に生命体としての強さを鍛えた方が良いでしょう。生物としての強さに香水のにおいを混ぜるということが、アピールになっていくのです。これは男女とも同じことで、自身の生命力を高めていくということが、香水の魅力を高めることにもつながります。なので香水のためにも頑張るのが良いです。

無臭のデオドラントはどのブランドが良いか

無臭のデオドラント製品はわりとどこの業者も出していて、Banや8×4やBioreでも出しています。上述の通り香水の機能を考えると、他のものを付けない方が良いのですが、どうしてもという場合は、上述のように無臭のものを付けるということになります。においが混ざらないということには注意してください。香水は自身の体臭とのミックスで勝負するということになります。体臭はどうやっても出てくるものなので、完全になくすということはできません。しかし、有酸素運動で普段から汗を流すことによって、匂いを抑えるということが可能になります。また筋肉は血流のポンプの役割を果たすので、代謝が良くなり、内臓の機能や肌の機能が高まります。内臓が体の老廃物を出すという機能もあるので、筋トレによってその機能が高まることは、体に老廃物が溜まりにくくなるので、加齢臭などの予防にもなります。香水と加齢臭という組み合わせは危険なので、加齢臭がある場合はむしろ香水は辞めた方が良いでしょう。香水にあう体臭にする必要性があります。それは無酸素運動と有酸素運動と栄養管理でしょう。香水は体臭がきつい人の場合は相乗効果で悪化しますが、逆に体臭が良い人の場合は香水によってフェロモンの魅力が高まるので、よりプラスの相乗効果があるということになります。なので、マイナスの体臭を香水で消すということはしない方が良いでしょう。清潔にすることも重要です。

香水と体臭をトータルコントロール

体臭単体で考えないということが重要で、内臓や肌の機能を高めることが体臭の改善につながるのです。加齢臭を香水で消そうとするようなことが一番危険ということになります。においが混ざって最悪のにおいになりかねないということになります。そして加齢臭の予防法としては筋トレが重要です。日本人は有酸素運動はする人が多く、それは実際メリットがあります。しかし体の機能を高めるのは無酸素運動の方で、無酸素運動をすることによって体の老廃物を出す機能も高まりますし、肌の機能も高まります。肌の機能が落ちると体臭も当然きつくなります。体は放っておくと老化してさびついていくので、そうすれば体臭も当然きつくなります。なので、それを防ぐためには筋トレは行った方が良いでしょう。そして体臭のことだけでなく、他の体の健康機能のためにも筋トレはやった方が良いです。有酸素運動との相乗効果もあるので、無酸素運動の後に有酸素運動を行うということが重要になります。健康になるということは体臭も良くなるということです。無酸素運動や有酸素運動が香水と関係があるのかと一見思うかもしれませんが、上述のような内容からかなり関係があります。そして、体臭問題を改善しないうちに香水を利用するということはあまりメリットがないということも上述の通りになります。そして、香水はむしろ体臭が良くなければ混ざって変なにおいになるので難しいところでしょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング