女性のデリケートゾーン。ワキガの知識

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

悩み多い女性のすそわきがのセルフケアの方法や対策の仕方

スカートをはいた女性

女性のデリケートゾーンというのは、あまり自分自身で見る機会のない部位です。しかし、尿や便、生理の出血などにより臭いが気になるという人は多いでしょう。汗自体は無臭でも、雑菌が分解することで臭いにつながります。アポクリン腺という汗腺がある人は、すそわきがといって、独特の臭いを発生することもあります。アポクリン腺というのは生まれつき持っている人とない人に分かれるため、すそわきがというのは決して不衛生だから起こるというわけではありません。
すそわきがなど、デリケートゾーンの臭いが気になる時はどうしたらいいのでしょうか。まず、汗や生理の出血は自分では止めることはできません。臭いを軽減するためには、雑菌が繁殖する前に臭いの元を取り除く必要があります。
手軽にできるケアの方法としては、トイレに行った際にシャワートイレを使用するということです。生理中は出血だけでなく、ナプキンがあるために蒸れやすい状態になっています。下着は通気性のいいものにして、ナプキンはこまめに取り換えましょう。きつめの下着は湿気がこもってしまいますし、ピッタリとしたサイズのデニムもデリケートゾーンにはよくありません。おりものシートを使っている場合も、長時間同じものを使っていると雑菌が繁殖してしまいます。日頃あまり意識しないことですが、毎日の生活の中で少し見直してケアをするだけで、すそわきがなどの臭いは改善できます。

自宅でできるすそわきがのケア

女性にとって、すそわきがというのはとても悩ましい問題です。できれば誰にも知られずにこっそりとケアしたいと考えるでしょう。そこで、自宅でできるケアの方法を探っていきましょう。手軽なケアとして汗拭きシートがありますが、全く効果はありません。あくまで一時しのぎ的な方法で、香料などが入っていると混じり合って余計臭いが気になるようになります。同様にアロマや香水などのケアも効果がないばかりか、変な臭いになってしまい逆効果ですので注意しましょう。
馬油がすそわきがに効果があるという話を聞いたこともあるでしょう。馬油は馬の脂質から取れる油のことですが、肌への浸透力が高く抗菌作用もあります。雑菌の繁殖を防ぐ効果はありますが、そこまで高い抗菌作用ではないので、すそわきがの臭いに負けてしまう傾向があります。使う場合は、入浴後などの清潔な状態の時に塗るようにしましょう。あくまで気休めとしてのケアで、塗ったからといって臭いが気にならないレベルにすることはできません。
殺菌作用があり、家庭においてある人も多いオロナインやメンソレータムなら雑菌に効果があるのでではないかと考える人がいますが、絶対に使ってはいけません。すそわきがの臭いを止める効果がないばかりか、刺激が強いのでデリケートゾーンへの使用は女性器にとってもよくありません。敏感な部位なので、ケアをするときは安全性を考えて行う必要があります。

ミョウバンや重曹のケア

ミョウバンは、ナスの漬物にも使われる自然界にある物質です。見た目はザラメのような形状ですが、汗を抑える効果と殺菌作用があります。汗をおさることで、雑菌の繁殖を抑えて、殺菌作用もあるため、すそわきがには効果的な方法です。女性器にもやさしい成分ですが、直接付けるのではなく、水2Lに対してミョウバンを50g入れて1日馴染ませたものを、気になる部分にスプレーしてみましょう。小さなスプレーに入れれば、持ち歩きも可能です。
重曹も消臭効果のあるものとして、家庭に用意されていることが多いです。お菓子などに入れてふくらませる役割もありますが、食用と工業用の2種類が販売されています。買う時は、体にやさしい食用を選ぶようにしましょう。白い粉末状で、比較的扱いやすい形状をしています。重曹には湿気を取り去る作用もあり、湿気がこもりやすいデリケートゾーンに適していると考えられます。しかし、研磨剤としても使えることから、直接擦ったりすることは辞めましょう。刺激が強すぎて、粘膜がただれてしまいます。ミョウバンと同様に、水に溶かしたものをスプレーするといいでしょう。
どちらも初めて使う場合は、薄めの濃度から始めて、お肌に合わないと感じたらそれ以上行わないようにしましょう。すそわきがのケアで、大切な女性器を傷つけてしまってはいけません。会わない場合は掃除や部屋の消臭など、他の用途に使うようにしましょう。

セルフケアをする上での注意点

すそわきがのケアは、デリケートゾーンという繊細な部位に対して行わなければいけません。デリケートゾーン用の刺激の弱いせっけんなども販売されていますが、どれも使う場合はゴシゴシこすることなく、やさしく丁寧に扱うようにしましょう。アンダーヘアが伸びていると、湿度が高くなり、尿や生理の出血が付くために雑菌が繁殖しやすくなります。ハサミで短く切るだけでなく、効果を求めるのなら脱毛という方法もあります。剃ってしまうと、お肌を傷つけることがあるので注意しましょう。
すそわきがというのは、1回せっけんで洗ったら臭いがなくなるというものではありません。ミョウバンや重曹などのスプレーも同様で、少しずつ行っていくことが大切です。継続することで、自分でも雑菌が繁殖しにくいためには、体を締めすぎない服装などが分かってくるでしょう。手術や病院での治療などもありますが、恥ずかしいということもあり、自分でできるケアを積極的に取り入れて、臭いを軽減しましょう。刺激の強いメンソレータムは使用しないことや、アロマや香水がよくないということも覚えておきましょう。臭いが気になると、いい香りでごまかしたくなる気持ちが出てきます。しかし、臭いと香りが混ざってしまうと、驚くような臭いになってしまうこともあります。アロマの精油の中には、デリケートゾーンには刺激が強すぎる物もあるので、直接ぬることは絶対にしてはいけません。

すそわきがのケアの方法

すそわきがというのは、体質であって決して恥ずかしいことではありません。近年は社会全体が臭いに対してデリケートになっているために、自分が臭っているのではないかと過剰に反応する傾向もあります。実際、すそわきがだと思い込んでいる女性が、そうではなかったという例も珍しくありません。
すそわきがでなくても、デリケートゾーンというのは、ある程度臭いがあって当然な部位です。完全な無臭にすることはできませんが、人が気にならないレベルにすることは十分可能です。デリケートゾーンを清潔にして、雑菌を繁殖させないことを念頭におきましょう。自宅では、デリケートゾーン用のせっけんを使って丁寧に洗い、通気性の良い自然素材の下着を着るようにします。衣服もぴったりとしたものよりは、ゆったりしたデザインの方がいいでしょう。
外出先では、ミョウバンや重曹のスプレーを使いますが、ない場合はシャワートイレも効果的です。公共トイレのシャワートイレに抵抗がある場合は、市販されているビデを持ち歩きます。生理中は臭いが特に気になる時期です。ナプキンをこまめに取り換えて、湿度が高くならないように、気を付けましょう。血液というのは、栄養価が高いので雑菌がとても繁殖しやすくなります。アンダーヘアに付着すると取りにくいので、ムダ毛の処理や、脱毛という方法も考えてみましょう。臭いが軽減されれば、女性としての自信にもつながります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング