ちちがの毛の処理はどうやって行なうのが正しいのか?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ちちがの毛の処理はどうやって行なうのが正しいのか?

シャボン玉と女性

ちちがはワキガの胸バージョンというだけに乳輪周囲の毛の処理もしておくことで、ちちがのニオイを軽減することに役立ちます。ちちがのニオイは最初は自分で気づかないことも多く、パートナーや家族からなにげなく言われて気づき、その後コンプレックスになってしまうという人も少なくありません。なぜ乳輪の毛の処理をすることでちちがのニオイの軽減に役立つのかというと、ちちがの原因となる雑菌の増殖を防ぐができるからです。ちちがはアポクリン腺から出てくる分泌液が乳輪周囲にある皮脂や雑菌と混ざりあうことで独特のニオイが出ます。ちちがのニオイは例えるのであれば鉛筆の芯のニオイやネギの腐ったようなニオイ、香辛料のクミンのようなニオイなどがあります。ストレスなどがたまっている時にはさらにニオイはきつくなるといわれています。そうなっては自分もニオイが他の人にバレているのではないかと気になってしまいますし、それがストレスになってしまいます。するとさらにニオイが強くなってという悪循環になりかねません。少しでもちちがのニオイが軽減されることがあれば実践しておくほうが気持ち的にも楽になるでしょう。そこでどうやって行なえば良いのか知っておくことで、デリケートな乳房や乳輪も正しく処理することができます。コンプレックスのちちがのニオイを軽減するのに役立つ正しいやり方を覚えておくと良いです。ちちがだけじゃなく、毛深いという状態であれば悩みも増えてしまいます。

まずは体調を整えておこう

ちちがということですぐにでも処理をどうやってやろうかと考えたくなるのは理解できることです。しかしどうやって処理するのかという前にしなければいけないことがあります。それは自分の体調をしっかりと整えるということです。これはなぜかというと乳房や乳輪周囲はただでさえデリケートな部位であり、体調が悪い時には肌も弱っていることが多いのでそういう時に処理をしてしまうと肌荒れをおこしやすいのです。体調不良がどういう肌の状態を引き起こすかというと、例えば肌に炎症が起きてしまったり、肌に赤みが出てしまったりします。また体調が整っていない時だけではなく、生理の時も肌は敏感になっている時期なので処理をするのは避けたほうが良いです。寝不足の時も同様で肌が敏感になっているので、そういったことは行なわないほうが無難です。ちょっと咳が出てるだけだからと無理に行なうと肌荒れなどをしてもなかなか治りにくく、後々困ってしまうこともあるからです。実際には目には見えにくい小さな肌荒れが起きてしまっているにも関わらず、気軽に自己処理などをしてしまっている人も少なくありません。例えば黒ずみや乾燥、ニキビの問題なども起きてしまいがちです。特に乾燥肌や敏感肌の人は肌トラブルが起きてしまいやすいので注意が必要です。ちちがのなんとかしたいということを考えるのであれば、どうやって肌荒れなどが起きないようにするのかを考えるのも大切なことです。

針とレーザーを組合わせる

自己処理をするのはとても気を使う必要があります。理由としてカミソリだと黒ずみやかさつき、炎症などが起きてしまうことがありますし、クリームの場合は刺激が強めなので乳輪などのデリケートな部分にはあまり向いていません。そういう意味ではすっきりとキレイに処理することができて、ちちがのニオイの軽減にも効果的なレーザーを選択するのが効果的でしょう。どうやって脱毛をしたら良いのかというのを考える時に光や針も思い浮かぶのではないでしょうか。しかし光は黒色に反応するような仕組みになっていますので乳輪の上に使用することができません。また針は黒色に反応するものではありませんが、1回の施術にかかってしまう時間がレーザーなどより長くかかってしまうということや毛穴の一つ一つに極細とはいえ、針を入れて行なうので痛みが伴うという点が胸の脱毛をするにはあまり向いていないというのがデメリットです。レーザーも黒色に反応するものですが、乳輪の周辺であればきれいに処理することができます。ただし乳首や乳輪にはレーザーは使うことができません。これらの理由から乳輪周囲は針で行い、乳房は範囲も広いのでレーザーで行なうという風に分けてするというのも行なうようにするというのもありです。ちちがの改善をするために脱毛をするという風に考えるのではなく、ちちが以外でも女子度を上げるためにするという風に考えるとモチベーションも上がります。

たまにであれば自分で剃るのもあり

ちちがのニオイの改善になるためにどうやって余計な毛をきれいにするのかということを考えた時、時々であれば自分でシェービングジェルとカミソリできれいにするのもありです。ただし少しでも肌への負担を減らすために肌を十分に温めておくことが大切です。これは肌を十分に温めることによって無駄な毛が柔らかくなり、肌にカミソリがあたった時に負担がかかりにくくなるのです。注意すべきことはカミソリを直接肌にあてないようにすることです。必ずシェービングジェルを使うことが大事です。カミソリが滑りやすくなりますのでその分肌への負担が少なくなるからです。そして同じ場所を何度も剃らないということも意識しておくほうが良いです。剃り残しがあるとその場所を何度でも往復して剃りたくなりますが、そうすることで肌への負担も大きくなってしまいます。そして使うカミソリは常に清潔なものを使いましょう。カミソリで処理をする時には目に見えにくいだけで表面は必ず少しずつ削れてしまっています。つまりその削れている部分からばい菌が入ってしまい、炎症が起きてしまうことになりかねません。もちろん経済的なことを考えると毎日新しいかみそりにするわけにもいきませんし、最低でも1か月に一度は新しいかみそりに交換するようにしたほうが良いです。もちろん1か月たっていない時であってもカミソリの状態があまり良くない場合はすぐに交換をしておくほうが良いです。

ちちがの改善に効果的な方法を見つけよう

ちちがの改善に毛をきれいに抜いたり剃ったりすることが効果的であるといっても、その後のことも大切です。ちちがの状態が改善されたとしても肌荒れがひどくなってしまっては今度はそっちのことで悩むことになってしまいます。きれいにした後はしっかりと保湿しておくようにしましょう。きれいにした後で保湿を怠ると肌がガサガサになってしまうからです。保湿をしっかりとすると肌の表面が少し削れてしまっている状態であったとしてもそれをカバーすることができ、炎症を起こしにくい肌を保つことができます。カミソリで剃ったり、脱毛をしたりすると肌がいつもより乾燥しやすい状態になっていますので何もしないでおくというのは絶対にしないでおかなくてはいけません。普通のボディクリームよりは尿素の入った保湿力の高いクリームを用意しておくのがおすすめです。ちなみに乳輪の周囲に毛が濃く生えてくる時期は妊娠中や産前産後、授乳中などがあります。これはホルモンバランスが関係しているためです。この乳輪周囲の毛については個人によって生え方もいろいろとあります。濃くて長い毛が数本生えているという場合、薄いものではあるけれど10本以上も生えている場合、濃い方の中には乳輪を囲むようにしてびっしりと生えているということもあります。これはどっちにしても見た目の問題で放置しておくわけにもいかない状態です。特に女性は恋人や旦那さんにその状態を見られるのは避けたいという方も多いでしょうし、しっかり処理しておくといいです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング