以外と知られていないちちが、臭いは胸毛脱毛で改善するのか?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

以外と知られていないちちが、臭いは胸毛脱毛で改善するのか?

花束を持っている女の子

わきがや局部のわきが(すそわきが)は巷間良く知られていますが、ちちがという臭いに悩まされる病気があります。ちちが、の文字を見ればよく分かるようにちち、つまり乳輪周辺から臭いを出すのでちちが、と言うわけです。男女共に発症する可能性がありますが、胸周辺からにおいを発する点ではわきがと良く似ています。ただ場所的特長をいえば、わきについては男女問わず成人期以降は大方の人では発毛してくる場所です。もちろん女性はお手入れする方が多いでしょうが、放置すれば毛が伸びてくるのは男女共通の生理的機序と言えます。また局部から臭いを出す、すそわきがの場合も第2次性徴期以降は多くの場合発毛してくる箇所で発症します。わきがとすそわきが、臭いトラブルの発生場所はいずれも体毛が密集しやすい場所である点で共通しています。
ところが、ちちがの場合体毛が生えているかどうかはかなり個人差があります。どちらかと言うと日本人の場合は目に見えて胸毛が密集して生えているという人は少ないとさえ言えます。
ところで脱毛すると臭いが改善されるので、ちちが対策に胸毛脱毛の施術を受ける人も多いと言われています。わきがやすそわきがも毛が多い場所の臭いトラブルです。となると毛の密集地帯は臭い発生とどのような関係があるのでしょうか。それとも無関係なのでしょうか。この論考では知名度の低いちちがの特徴と毛の関係、改善策について考察していきます。

脱毛とちちがの臭いの関係について

臭いが発生するのは毛に覆われた場所に多いと言う事実を先ほど指摘しましたが、毛が多いことと臭いが強くなることに関係はあるのでしょうか。毛が多いことが単純に臭いも強くなるという関係性にあると言えるのでしょうか。この関係を考える前にちちが、の発症メカニズムについて解説しましょう。
わきが等の一連の皮膚の臭いトラブルは、汗腺の一種であるアポクリン腺が多く分布する場所を発生母体にしています。アポクリン腺は皮脂を分泌し皮膚表面を酸性に維持することで細菌バランスを維持し、皮膚の外敵に対するバリア機能を保持する役割を担っています。この皮脂には細菌のエサとなるたんぱく質も多く含まれるため、皮脂成分は細菌により分解されますが、この分解過程で臭いが発するわけです。そしてアポクリン腺はわきや局部などに多く分布しています。つまりわきが等はアポクリン腺が多い場所歯証しているわけです。ちちがの発症場所である乳輪にもアポクリン腺が比較的多いとされています。臭いと直接関係するのはアポクリン腺だったのです。にもかかわらずちちがの改善のために脱毛を選択することが多いのはどうしてでしょうか。この点については、細菌と毛穴周辺の関係に注目する必要があります。
毛穴には皮脂や古い皮膚のかけらである角質などが多く存在しています。しかも毛が天井代わりとなりシャワーなどでも汚れが流されないまま滞留し続けることがあります。

ちちがが脱毛して改善する理由を改めて説明

毛に覆われている場所では皮脂や角質が容易に滞留するので、知らず知らずのうちに細菌増殖のための好条件が出来てしまっているのです。しかも体毛が多い場所とアポクリン腺が多く分布する場所は一致することが多く、そのまま放置しては臭いがますます悪化する可能性があります。ちちがになる人は胸毛が多めの人が多いことからも、毛を除去することは皮膚表面で臭いが発生しにくいコンディションに導く効果を期待できるので、胸毛脱毛すれば、ちちがが改善することもしばしばあるわけです。
それでは臭いのしない健康な皮膚状態とはどのような条件の下で可能になるのでしょうか。
皮膚の臭いは常在菌のバランスが崩れることに原因があるとされています。私たちの皮膚には様々な細菌が混在しています。腸で言えば善玉腸内細菌と悪玉細菌が混在しているような腸内環境をイメージすれば分かりやすいでしょう。健康な皮膚ではこれらの細菌バランスが均衡が取れており、善玉常在菌が皮脂を分解して、皮膚に潤いを与えハリのある状態をキープしています。ところが外的刺激などで過剰な皮脂が分泌されるようになると、悪玉常在菌が勢いを得て繁殖し悪臭を放つことになるわけです。ちちがの場合も同様です。
そこで臭いのする場所の胸毛を脱毛処理すると、皮脂や古い角質が毛に抱きこまれていた環境が解消されるので、悪玉細菌のエサの供給源を立つことが出来るのです。結果的に悪玉細菌が勢いを失い、臭いの改善を期待できるわけです。

胸毛脱毛をするなら、専門家に頼むのが一番

ちちが対策に根本的治療はアポクリン腺の除去手術をうけることですが当然メスを入れるので身体的負担もありますし、高額な手術費用も必要になります。よほどの重症でない限り、脱毛処理が現実的選択肢にはいるわけです。世間では自家用の脱毛処理機も発売されています。色々な効能が謳われていますが、自分でちちが克服のために自家用機を使うのはどうなのでしょうか。まずコスト面から見てみると値段がお手軽なものはパワーもお手軽なので効果は期待できないでしょう。それなりの効果も期待できるものをチョイスすればそれなりの値段がします。決して安いとはいえない場合もあります。適切な使用法を心がけないと皮膚トラブルや最悪の場合皮膚感染症などにかかってしまうリスクを抱えます。
それでは専門家の助けを得る場合はどうでしょうか。まず他人の手で処理してもらえるので剃り残すことはありません。使用する治療機器も被験者の体質や皮膚状態に応じて適切なレベルに調整することが出来るので効果については安定したパフォーマンスを得ることが出来ます。ちちがの処理では敏感な箇所にあるので施術後の肌トラブルも心配です。この点も専門家は治療による皮膚への負担や加熱などへのケアも含めての脱毛処理になるので皮膚トラブルの心配もより少なくなるといえます。最近では事前予約制を取る美容外科なども増えているので、プライバシー保護も十分に図られています。

脱毛でちちがの悩みから開放されよう

ちちがも他の場所の臭いトラブルと同様のメカニズムで発症します。過剰な皮脂と皮膚表面の善玉常在菌と悪玉常在菌のバランスが崩れることでちちがになるわけです。体毛は汚れや皮脂を抱え込み、さらなる悪玉細菌の増殖を呼び、毛穴周辺の毛穴づまりなどが解消されないと更に細菌繁殖と悪臭の増悪をきたすと言う負のスパイラルに陥ります。胸毛処理はちちがの元凶である皮脂と古い角質が皮膚表面に留まり続ける環境を解消させます。細菌の増殖しやすい外的条件が劇的に改善されるので、ちちがの改善に寄与することが期待できるのです。
脱毛処理には自家用のものと、専門家の施術を受ける方法の大別すると2つの方法があります。
自家用のものでは必ずしも性能が安定せず、所定の成果を手に出来なかない可能性があります。ある程度以上のパフォーマンスを希望すれば相応に高額なものを購入する必要があり、総額的には必ずしも安く収まらない可能性もあります。素人が脱毛するとアフターケアがおざなりになる可能性が高く、思わぬ皮膚トラブルのリスクも負っていることになります。
専門家の施術を受けることの最大の特性は安定した治療効果を期待できることです。機当然治療機械の性能も優れているため、各人の現在の皮膚の条件に合わせて調整することも出来ます。施術後は皮膚トラブル防止のための十分なケアも受けることが出来るので、自分の手で行うよりも安全にちちが対策を受けることが出来ます。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング