ちちがのケアはデリケートな部分なのでウェットシートが効果的です

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ちちがのケアはデリケートな部分なのでウェットシートが効果的です

洗濯物と赤ちゃん

ちちがは、乳首周辺に発生する特有の臭いのことです。
臭いが起こるメカニズムはわきがとほぼ同じであり、アポクリン腺から分泌される汗が原因です。
アポクリン腺からの汗は、タンパク質や脂質などが混ざっています。
この汗が皮膚の常在菌に分解されることで特有の臭いが発生します。
ちちがの臭いが起こるようになると周囲の人にも気づかれることが多く、不快感を与えることがあるので、なんとかして臭いを抑えたいと思うようになるものです。
臭いを抑える方法の1つとして、汗をかいたときなどは清潔なハンカチやタオルなどで臭いの原因となる汗を拭きとるという方法があります。
汗を拭いて清潔さを保つことで気になる臭いを抑えることができます。
外出するときは、事前にデオドランド商品などでケアをしてから出掛けるという方も多いようですが、汗をかきやすい季節は外出しているときに汗をかいてしまい臭いが起こることがあります。
そのようなときは、ウェットシートをバッグに携帯しておくと便利に使用することができます。
ハンカチやタオルでも汗を拭くことはできますが、ウェットシートはその都度新しいシートを使用することができるので、より清潔を保つことができます。
ちちがの臭いが気になるときは、汗を拭くだけでも気になる臭いを抑えることができます。
ちちがの臭いは自分が気になるだけでなく、周囲にも不快感を与える臭いなので、外出先でのケアも重要です。

ウェットシートでのケア効果

ちちがの臭いはアポクリン汗腺から分泌される汗が原因なので、汗を拭くことで臭いを抑えることができます。
タオルやハンカチなどを持ち歩いて汗をかいたらその都度拭くという方もいるようですが、一度汗を拭いたタオルやハンカチをバッグにしまい、同じタオルで再び汗を拭くということは衛生面から見てあまり良いものではありません。
汗を拭いたハンカチやタオルにはちちがの臭いがついているので、ハンカチやタオルからもちちがの臭いが発生することがあります。
ウェットシートは1枚1枚使い切りなので、清潔に使用することができます。
最近は、抗菌作用や消臭作用があるものも多く出ているので、シートでケアを行うことで、ちちがの臭いを効果的に抑えることができます。
また、ちちがは女性のデリケートな部分である乳首周りから発生するので、ケアを行うときは肌に刺激が強いものを使用すると肌荒れなど肌トラブルが起こることがあります。
他の部分に使用しても問題がなかった商品でも、乳首周りなど敏感な部分に使用をするとトラブルが起こることがあるので注意が必要です。
そのため、ちちがケアのために使用するシートを選ぶときは、肌への刺激が少なく、安心して使用できる肌に優しいシートを選ぶということが重要です。
肌に優しく抗菌や消臭作用があるシートを使用することで、外出先でも効果的なケアを行うことができるので、自分に合うシートを選んで使用してみてはいかがでしょうか。

蒸れや汗をかいたときはサッと拭きとろう

ちちがが起こる乳首周りは、夏の暑いときはもちろんですが、冬でも厚着をしていると汗をかくことがあります。
暖房が効いた室内では、冬でも汗をかきやすいので、ちちがの臭いが起こることがあります。
また、着用している下着の素材が通気性が悪い素材であれば、汗を発散することができず蒸れが起こることがあります。
そのため、ちちがが気にあるときは、ナイロン系の素材はなるべく避け、通気性が良い綿などを使用している下着を使用しましょう。
少しでも胸を大きくみせるためにパッドを使用しているという方もいるようですが、パッドも汗を発散する効果が低いので、蒸れが起こりやすくなります。
パッドの使用も控えたほうが良いでしょう。
汗をかいたり、蒸れが起こったと思ったときは、ウェットシートでサッと汗を拭きとることで気になる臭いを抑えることができます。
人目があるところでは拭きとりを行うことができないので、トイレなど人目が気にならない場所でサッと拭きとるだけでも臭いを解消する効果を実感することができます。
シートは、使った後はトイレに流すことができるものも多いので、汗を拭いた後はそのままトイレに流すこともできます。
汗を拭きとるまでにそれほど長い時間は必要ではないので、汗や蒸れが気になると思ったときは、なるべく早めにケアを行っておくと安心です。
シートはバッグに携帯しやすいサイズのものがほとんどなので、持ち運びも便利です。

デリケートゾーン用のシートを使用して

ウェットシートには、いろいろな種類があります。
抗菌や消臭作用があるシートもありますが、中にはアルコールなど肌に刺激がある成分を含んでいるシートもあります。
ちちがは乳首周辺という女性のデリケートな部分から起こるので、ウェットシートを選ぶときは、肌に優しいものを選ばなければいけません。
最近は、デリケートゾーン専門のシートも多く販売されています。
デリケートゾーン専用のシートは、肌に刺激になるような成分が一切配合されていないので、デリケートな部分にも安心して使用することができます。
シートの素材も拭きとりをしたときに肌に刺激にならないように、肌に優しい素材を使って作られているので、肌が敏感な乳首周りでも肌トラブルが起こる心配はなく繰り返し使用することができます。
ちちがケアのためのウェットシートを選ぶときは、デリケートゾーン専用のシートを選ぶことを心掛けておきましょう。
デリケートゾーン専用のシートは、ちちがが起こる乳首周りだけでなく、すそわきがが起こる陰部などにも使用することができます。
他の部分の臭いが気になるときも使用することができるので、臭いが気になるという方は、バッグに1つ携帯しておくと外出先でも臭いを気にせず過ごすことができます。
デリケートゾーン専用のウェットシートは、ドラッグストアなどで手軽に購入することができます。
また、インターネットの通販でも販売されているので、利用してみてはいかがでしょうか。

ちちがのケアはウェットシートが効果的です

外出先でちちがの臭いが気になるときには、ウェットシートで汗を拭きとることで臭いを抑えることができます。
ウェットシートは、バッグに携帯できるようなサイズのものがほとんどなので、便利に持ち運ぶことができ、気になるときはいつでもすぐに使用することができます。
最近は、いろいろなタイプのシートが販売されていますが、ちちがのケアを行うときは、デリケートゾーン専用のシートを選んだほうが良いでしょう。
ちちがは、女性のデリケートで敏感な部分である乳首周りで起こります。
デリケートな部分なだけに肌に刺激がある成分が配合されていると、使用した後に肌トラブルが起こることがあるので注意が必要です。
デリケートゾーン専用のシートは、肌に優しい成分で作られているので、安心して使用することができます。
成分だけでなく、素材も肌に優しい素材で作られているシートがあるので、肌トラブルが心配な方は、成分、素材ともに肌に優しいシートを選ぶと安心です。
ウェットシートは、1枚使い切り切りなので衛生的で、抗菌効果や消臭効果があるシートも多く出ているので、ちちがのケアに効果的です。
トイレでシートを使用すると、使用した後は、シートをトイレに流すことができるので、便利に使用することができます。
汗をかきやすい夏だけでなく、冬でも汗や蒸れが起こりちちがが起こることがあります。
外出先でもちちがの臭いをなんとか抑えたいと思っている方は、自分に合うデリケートゾーン専用のウェットシートでケアを始めてみてはいかがでしょうか。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング