重曹・ミョウバンを使ったワキガ対策を知っていますか?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

重曹・ミョウバンは料理以外にも使える!ワキガ対策のとっておき♪

デオドラント剤

ワキガに悩んでいる方の中には、今まで様々なデオドラント剤を試してきた人もいるかと思います。
ここは一つ市販のデオドラント剤に頼らないワキガ対策をしてみてはいかがでしょうか?

重曹とミョウバン水を使ったワキガ対策をご紹介したいと思います。
重曹は体に優しく洗浄効果が高く、ミョウバン水は制汗、殺菌効果に優れています。

重曹とミョウバン水で相乗効果が生まれます!

重曹の一般的な使われ方は、アク抜きやベーキングパウダー、ふくらし粉など食品添加物としての仕様ですよね。
最近では、洗浄効果や消臭効果がテレビなどのメディアで取り上げられることが増えて来ました。
重曹から洗剤を手作りする人も世の中にはいるようです。

重曹を使う際の注意点として、食品用と工業品用と別れており、値段も異なってきます。
洗剤や石鹸は肌に直接触れるものですから、食品用のものを使うようにしてください。

その中でも輸入品ではなく、国内メーカーのものを使ってください。
海外製おモノは製造方法の違いにより、アンモニア臭がしてしますことがあります。

洗浄力が強すぎることも注意!

冒頭でもお話している通り、重曹は強い洗浄力を持っています。
その洗浄力のせいで、皮膚をアルカリ性に変化させてしまうという欠点があります。

体を洗いすぎるのはあまり良くないという情報を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
その理由は肌が弱酸性に保たれていることにあります。

皮膚の常在菌であるブドウ球菌は人間の皮脂を餌にして脂肪酸を生成します。
この脂肪酸は増えすぎてしまうと、臭いの原因となってしましますが、汗と混ざりあうことで皮脂膜となり私達人間の体を乾燥や雑菌から守ってくれます。

そして、皮脂膜は弱酸性の性質をもっており臭いのもととなる黄色ブドウ球菌や真菌などの繁殖も予防してくれます。
殆どの石鹸が洗浄力を上げるために弱アルカリ性で作られており、体を洗いすぎることによって必要な皮脂まで洗い落としてしまうことになるのです。

ミョウバン水でもとの肌質へ

ミョウバンは焼きミョウバンとして、調理に使わるのが一般的です。
水に溶けやすく弱酸性の性質を持っており、重曹の高い洗浄力によってアルカリ性になってしまった肌をもとの弱酸性に戻し、最近の繁殖を抑える効果があります。

実はミョウバンは市販の制汗剤などにも使われるくらい、収れん効果や殺菌効果を持っており、重曹と同様に自然由来の物質になるので、安全に使用できます。
また価格も非常に安価なので自作でミョウバン水を作り制汗剤として使用することは節約にもなります。
ミョウバン水や重曹が制汗剤として利用される理由に少なからずこの、低価格で効果のある制汗剤が作れるということもあるでしょう。

重曹とミョウバン水の使用方法

体の汚れを取り除く重曹を使用した入浴剤と、入浴後に制汗、臭い対策に使えるミョウバン水の使用方法、作り方をご紹介します。

重曹入浴剤

重曹は特に説明はいりません。
通常通りにお湯を貼った浴槽に、大さじ2~3杯の重曹を入れるだけです。
アレンジ方法として好きな香りのエッセンシャルオイルやアロマオイルを入れることによってヒーリング効果も得ることができます。

浴槽に浸かる時間は最低10分を目安に浸かるようにしてください。
10分程度で体の汚れは十分にキレイにできるとされています。
皮脂汚れを落ちやすくしてくれるので、体を洗う前に浴槽に浸かることでより洗浄効果を得られます。

ミョウバン制汗剤

1500mlのお湯に焼きミョウバン50gを加え、軽く降ってください。
そのままの状態でミョウバンと水が完璧に混ざるように1日置きます。
これでミョウバン制汗剤の現役の完成です!

このままでは成分がかなり濃くなっているので、使う時には10倍~50倍まで水で薄めて使うようにしてください。
プラスαの裏技として水の代わりに緑茶を使うということもできます。
緑茶の殺菌効果も合わさってより効果に期待ができますよ!

もし市販のワキガクリームを使用しても効果が実感できなかた場合、ぜひこの方法も試してみてください。
価格も安く損をすることはあまりありませんし、ワキガクリームと併用することもできますよ!

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング