足が臭いのは爪が原因?ケアするためにとるべき手段とは

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

足が臭いのは爪が原因?ケアするためにとるべき手段とは

瓶の中に花

足が臭いと家族から嫌われるようになり、洗濯をいっしょに洗ってもらえないといったことになったり、外食に出かけ、お座敷に座ることになった際に靴を脱ぎ、足が臭いとなると多くの人に迷惑をかけるばかりか、信用などを落とす原因にもなってしまいます。そうしたことから、足が臭いという状況は何としても改善していかなくてはなりません。

しかし、いくら足を洗っても臭い状態がなかなか改善されないと嘆く人もおり、靴下を変えてみる、靴を通気性のいいものにする、靴に消臭スプレーをかけるということをしても足の臭いが取れないという人もいます。この場合、足そのものが臭いのではなく、爪が臭いことが指摘されています。爪には垢がたまりやすく、手の爪を見ても汚れているのがわかります。実はそれ以上に足の爪は垢がたまっており、臭いも相当なものです。新陳代謝、ターンオーバーによって押し出された古い角質、汗や皮脂、靴下の繊維などが爪の垢には含まれています。爪のケアをしないと、これだけの物質が爪の中に侵入します。

足の爪の臭いはチーズのような臭いがすると言われています。この臭いは足そのものの臭いであるという認識が多くなされていることから、実は足の臭いの正体は爪の垢から発したものだったということになります。そのため、ケアをする場合は爪を中心にケアをしていくということが大事であり、根本的なケアの見直しが必要となっていきます。

爪はなぜ臭い状態になるのか

爪が臭い状態になるのは、それだけ多くの物質がたまりやすいことを意味しています。足の爪、特に親指の爪はかなり湾曲しており、両サイドに垢がたまりやすくなります。手の爪は定期的に切る人はいても、足の爪はあまり切らないという人もいるため、結果として爪が長くなったままという人もいます。女性のようにヒールを履くと爪が変形するというパターンもあるため、結果として爪に垢がたまりやすくなるというものです。

こうして爪に垢がたまるのですが、ここに雑菌が紛れ込むことでこの垢を分解していき、そこに臭いが発生します。それに加えて、靴や靴下などを履いていると汗などで蒸れることが多々あります。この蒸れが雑菌の繁殖を加速させることにもつながります。普段体を洗う場合も、手などは衛生面からゴシゴシと洗うため、手の爪に垢がたまり、そこから臭いを発するような状況にはよほどでなければなりません。ところが、お風呂で足をゴシゴシ洗う人、特に爪の中まで洗う人というのは少数派です。逆に臭いのは知っているから足を洗わないようにしている、敬遠しているという人もいます。こうしたことが十分なケアにつながらず、結果として足が臭いという状況を招いています。裏を返せば、爪のケアさえしてしまえば、足の臭いの解消につながり、多くの人を失望させたり、足の臭いに敏感になり、靴を脱ぐことをおっくうにさせるようなことをなくしていくことになります。

爪のケアはこうするべき

爪のケアとして、まず大事なのは足の爪を切ることです。言い伝えの中には、夜に爪を切るのはいけないというのを信じている人もいますが、迷信に近く、夜に爪を切ったとしても体に重大な影響があるわけではありません。むしろ、入浴後に爪を切ることが必要であるため、結局は夜に切ることになります。入浴後に切る理由としては、足の爪自体が柔らかくなり、それによってひび割れや深爪を防ぐ効果があるためです。

深爪を避ける理由としては、両サイドが巻いてしまい、そこに垢がたまりやすくなり、足の臭いに直結するためで、角を残しておく、全体的にうっすら切らずに残しておくということが大事です。そして、足を常に清潔に保つということも必要です。実は足をゴシゴシ洗ったとしても、ちゃんと洗い流さないことで石鹸の一部が残ってしまい、それも垢の原因となることがあります。足の臭いがきつい場合には石鹸でゴシゴシ洗うのではなく、除菌シートを用いて雑菌や垢をふき取るということが無難です。そうすれば、石鹸のカスが残るということもなく、清潔な状態に保つことができます。それもまた入浴後にすれば、汚い足をいやいや拭くといったこともなく、すんなりとできます。足のケアをするには、まずは爪を切る、毎日除菌シートなどで拭くなどのことをしていく必要があります。こうした毎日のケアが足の臭いを防ぎ、快適な状態を維持することにつながっていきます。

垢を取り除くケアの仕方

垢を食料にして雑菌が繁殖した結果、足の臭いにつながっていくことは明らかになっていますが、その原因である垢をどのようにして取り除いていけばいいのか、このあたりが非常に重要です。一番いいのは入浴しているときに除去してしまうことですが、そのために垢を取り除くブラシが必要となります。このブラシとして古い歯ブラシを使う人がいますが、これだと垢を取り除ききれないということがあります。あえて新品の歯ブラシを使うのも1つの手ですが、それには抵抗があるという人もいます。専用のブラシを購入し、それを使うことが求められます。当然ながら、取り除いた後はブラシ自体もしっかりと洗浄する必要があります。

最近ではブラシの他に、耳かきのような形をしたもので垢をかきだすグッズも登場しています。両サイドの部分にたまりやすい垢を耳かきのようなものでかきだし、きれいに保つことができます。楊枝などを使うケースもありますが、それだと皮膚を傷つける恐れがあり、炎症を引き起こす可能性があります。また、時折消毒などをしてきれいに保つことも必要です。他には足を洗う洗浄力の強い石鹸を用いて入念に洗うというのも大切です。ただ、水虫など皮膚に何らかの異常を抱えている場合、無理にしてしまうことで水虫などの状態を悪化させる場合があります。そのため、慎重にケアを行うことが大事であり、無理をせず、医師に聞いてみるというのも必要です。

足の臭いは日々のケアでなんとかなる

足の臭いで困っている人の中には、もう一生足の臭いから解放されないのではないか、臭いが取れないのではないかと思っている人も少なくありません。しかし、そんなことはなく、日々のケアを欠かさないことが足の臭いの改善につながっていきます。ケアを怠るとなかなか垢を取り除くということができず、臭いが出てしまいます。毎日ケアをすると習慣になっていき、それをしなければ気が収まらないような状態になり、それが結果として、足を清潔にし、臭いに困らされることをなくしていきます。

足の臭いに困っている人は、実は爪が原因だったということになかなか気づかず、別の対策ばかりをしたり、ごまかす方向のことをしたり、根本の改善からは遠いことをしがちです。大事なことはケアを毎日することであり、根気強く続けていくことです。また、垢がたまりやすい環境の改善に努めるということも大事です。石鹸のカスがたまるようであれば、石鹸のつけ方を見直してみる、靴下が蒸れやすいという場合には靴下や靴を買い換えてみるなどのことをすると解決することもあります。

男性だけでなく、女性もこの悩みを抱えている人は多くいます。その人の魅力を半減どころか、地に落ちるほど幻滅させる問題であり、由々しき問題でもあります。しかし、毎日のケアさえすれば解決できる問題です。もう諦めたとサジを投げず、まずは一定期間続けてみて様子を見てみることをおすすめします。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング