足の臭いが気になったら消臭スプレーを使ってみませんか

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

足の臭いが気になったら消臭スプレーを使ってみませんか

靴に花を挿している

靴を脱いだとたんに嫌な臭いがしていませんか。足の強烈な臭いを消すには消臭スプレーが手軽で良いでしょう。今ではたくさんの種類が出ているほどです。メリットと言えば、やっぱり手軽さでしょう。シュッと足にするだけで嫌な臭いが緩和されます。また、靴に使うタイプもありますが、どちらにしても手軽に足の嫌な臭いを緩和してくれます。持ち運びに便利なコンパクトサイズもあるので、靴の中が蒸れる前に使ってみると良いかもしれません。朝に1回使っただけでは夕方まで持たないという人は、コンパクトサイズを持ち運んだほうが良いでしょう。トイレなどで手軽に使えて便利です。
お座敷を利用するときは、どうしても靴を脱ぎます。そんな時、靴下やストッキングが変色すると困ります。しかし、消臭スプレーであれば消臭効果があるのに靴下もストッキングも変色することがあまりありません。パウダータイプの場合は、消臭効果は高くて良いけれど、使うと変色することがあるので、人前で靴を脱ぐかもしれないのならば、消臭スプレーのほうが良いでしょう。
足の臭いは、周りの人にも迷惑となってしまいますから、手軽に使える消臭スプレーで対策しておいたほうが良いでしょう。自分ではあまり足の臭いが気になっていなかったとしても、お座敷などへ行くことがある場合は、使ったほうが良いかもしれません。コンパクトサイズであれば場所も取りませんし、いざというときに使いやすいです。

メリットだけではなくデメリットも

一見、足の臭いを効果的に消してくれる上に、いろいろなメリットもあるのでとても良いような気がしてしまう消臭スプレーですが、デメリットも考えておきましょう。全くデメリットがないとは言い切れません。どんなに良い商品であっても、デメリットも考慮した上で使うかどうかを決めてください。
あまりデメリットはないのですが、乾かさないといけないのが手間です。シュッと使ってみたのは良いけれど、乾くまでは靴を履けないって思いませんか。足の臭いが気になって使ってはみたけれど、毎回、乾くのを待たないといけないと少々手間だと思っている人も多いかもしれません。だから、靴に消臭スプレーを使うときは、早めに使っておいたほうが良いでしょう。そうすれば、履くときには乾いているはずです。
消臭スプレーを使うときは、しっかりと乾かさないとかえって雑菌が繁殖してしまうために、逆効果となってしまうこともあります。湿り気がある状態で使わないようにしましょう。そこに、自分の足から出る汗がプラスされると雑菌が繁殖されてしまうので、嫌な臭いが強くなりかねません。
普段、足からはコップ1杯分の汗が出ています。しかも、足には常在菌がいますので、雑菌が繁殖しやすいために臭いも強烈になることがあります。靴が蒸れないように気を付けてください。だから、手間になるとはいえ、生乾きの状態で靴を履くのではなく、しっかりと乾かしてから履いてください。

足に直接使うならどのタイプにするか

足の臭いを消したいと思ったら、ドラッグストアへ行きましょう。すると、足の嫌な臭いを消してくれる消臭スプレーがずらりと並んでいます。今では、かなり種類が多くなっていますので悩んでしまうかもしれません。おすすめは、殺菌力が高かったり、抗菌効果があるタイプです。
もちろん、消臭効果も大事ですが、臭いの元は雑菌です。だから、雑菌対策を行ってください。雑菌の繁殖を抑えれば、足の臭いも抑えられます。殺菌力や抗菌効果についてはパッケージに書いてあることが多いです。意外とわかりやすいので、選びやすいのではないでしょうか。
臭いを消すのだから、何か匂いがついているほうが良いのではないかと思うかもしれません。決して悪いことはないのですが、無香料を使うことをお勧めします。靴に吹きかけるタイプの場合は無香料が多いかもしれませんが、足に直接吹きかけえるタイプは匂いがついていることもあります。無香料のほうが万が一、足の嫌な臭いが発生したとしても臭いが混ざらなくて済むのでおすすめです。
パウダーが入っていると足の嫌な臭いをブロックするのはもちろんですが、パウダーのおかげで足がサラサラします。単なる消臭スプレーではなく、足から汗が出てもサラサラするので靴の中が蒸れにくくなるのでおすすめです。足の臭いも嫌だけど、靴が蒸れるのも嫌ではないでしょうか。消臭効果とサラサラ効果の両方を得られるので、足の臭い対策におすすめです。

靴に使うタイプもとても便利

今度は、靴に使うタイプです。足に直接吹きかけるタイプも重宝しますが、靴に使うタイプも便利です。靴に消臭スプレーを使えば、嫌な臭いもすぐに消すことができます。靴に使うタイプであれば、臭いがついているタイプでも良いかもしれません。一瞬にして、靴の嫌な臭いを消してくれる上に、さわやかな香りに包まれるようになります。
できれば、ドライタイプがおすすめです。速乾効果があるので、すぐに履けますし、1日中履いた後に使う場合でも、すぐに乾くので雑菌が繁殖しにくいからです。履いていないときでも、足についている常在菌が靴の中に残っている状態で、しかも湿ってしまうと嫌な臭いが消えませんから、ドライタイプを使いましょう。
しかも、ドライタイプであれば、靴の中が蒸れにくくなるので足の嫌な臭いもあまりしなくなります。
やはり、除菌できるタイプがおすすめです。靴の中で菌が繁殖するのを抑えてくれます。足についている常在菌が繁殖するのを抑えることができますので、臭い対策に良いでしょう。菌の繁殖を抑えることをポイントに選ぶと足の臭いで困らなくて済みます。
靴に使う場合は、敏感肌の人であってもエタノールが入っていても問題なく使えるでしょう。靴に使う消臭スプレーはエタノールが入っていることが多いです。敏感肌の人はエタノールで肌荒れすることもありますが、靴に使った場合はしっかりと乾燥させてから使いますので影響がほとんどないでしょう。

正しく使って足の臭いを気にしない

足に直接吹き付けるタイプの場合は、素足に使うのか、ストッキングの上からでも大丈夫なのかを確かめてから使ってください。素足に使うタイプなのにストッキングの上から使ってしまうとなかなか乾かないこともあるでしょう。また、たいていの場合はよく振ってから使います。パウダーなどの成分が使っていない間に分離してしまうからです。使う前によく振って中身を混ぜてから使ってください。
足の近くからではなく、ある程度離してから使います。10㎝以上離して使ってくださいと言うような文言がパッケージに書いてあるでしょう。その通りに使いましょう。刺激が強すぎてしまうので、気を付けてください。これは、靴用にも共通して言えることです。
足に使うタイプを靴に使ったりその逆の使い方もよくありません。専用に作られていますので、十分に気を付けましょう。臭いを消す効果があればどちらでも良いというわけではありません。用途別に使い分けないと、肌を傷めたり、靴を傷めかねないので必ず確認してから使ってください。
消臭スプレーは、1か所に長く使い続けないことも重要です。刺激が強すぎてしまいますので、臭いを消したいからと言って、何十秒も同じところにかけ続けないようにしましょう。以上の点を気を付けて使えばあまり問題はないはずです。正しく使えば、トラブルが起こらなくて済みますし、足の臭いも抑えてくれます。消臭スプレーの力を借りて臭い対策してみませんか。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング