自分の足はなぜ臭いの?その答えは水虫との関係にあり!?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

自分の足はなぜ臭いの?その答えは水虫との関係にあり!?

花びらを浮かべたお湯に足をつける女性

靴を脱いだ時に気になるのは足の臭いではないでしょうか。同じ靴を履いていても、足が臭う人と臭わない人がいますが、これはどういうことなのでしょう?
体臭が発生する部位ではワキを思い浮かべますが、ワキの臭いの原因はワキガにあります。そのため、足の臭いも「水虫」が関係しているのでは?と思ってしまいます。しかし、それは少し違います。
足が臭いから水虫になったり、水虫になったから足が臭くなるわけではありません。
足に水虫ができるのは、白癬菌(はくせんきん)という雑菌が関係しているためで、足の裏や指の間が高温多湿状態になることで、白癬菌が発生し増殖するのです。
足には、ワキと同様に多くの汗腺があり、汗のかきやすい環境となっています。1日に足の裏から出る汗の量はコップ約1杯分とも言われています。そのため、靴や靴下を履いている時間が長いと、高温多湿状態が続くことになります。
しかし、足の皮膚は他の部位と比べても厚く、細胞の代謝速度も他の部位と比べて遅いのです。そのため、古い角質が剥がれるまでに時間が掛かり、それが細菌などのエサになってしまい増殖してしまうのです。細菌は増殖する際に代謝物を出しますが、この代謝物が臭いと関係しているのです。
靴を長時間が履き続けることで、特に暑い時期には大量の汗をかきます。その汗が靴や靴下に染み込むことになり、高温多湿状態になります。汗にはさまざまな老廃物や雑菌が含まれているため、不潔な環境の中に足を入れていることになり、足に菌が繁殖してしまうのです。

そもそも水虫って何?

水虫とは、白癬菌と呼ばれるカビの一種が関係しており、この白癬菌が増殖することで発症します。しかし、白癬菌が足に発生したからといって、すぐに水虫になるわけではありません。白癬菌が増殖できる環境が整うことで、その数が徐々に増えていき水虫を発症させるのです。
白癬菌が好む環境とは、長時間の高温多湿状態と豊富な栄養源がある環境で、特に足の裏などが格好の住み家となるわけです。この状態が長く続くことにより、白癬菌が増殖して水虫の症状が現れてきます。
水虫は、徐々に進行していくため初めは実感できる初期症状がありません。ある程度菌が繁殖することで初めて自覚症状が出てくるのです。
水虫の自覚症状としては、まず最初に痒みが出てます。これは、白癬菌が角質の奥へと侵入する際に、皮膚の内部にあるケラチンという物質を溶かして侵入していきます。溶けた代謝物は、その後表皮からさらに奥の真皮へと侵入していきます。皮膚内では、その異物に立ち向かうためケミカルメディエータと呼ばれる化学伝達物質を分泌させますが、この伝達物質が血管や神経を同時に刺激してしまうため痒みなるのです。
痒み症状がさらに続くと、常に真皮の血管や神経が刺激を受けていることになり、その結果水ぶくれができます。水ぶくれの大きさは約2mm~3mmですが、症状が悪化すると更に大きくなることもあります。
症状が続くと、痒みに耐え切れず患部を掻きむしってしまい、水ぶくれが破けて皮がむけてしまいます。すると、水ぶくれの中にいた白癬菌が他の部分に移り、更に水虫が広がっていきます。

水虫と臭いには関係があるの?

水虫は、白癬菌と呼ばれるカビの一種が関係していることが分かりましたが、では水虫と臭いには関係があるのでしょうか?
水虫と臭いとの関係においては、白癬菌が発生することにより臭いが出るわけではありません。高温多湿状態になり、その他に様々な雑菌が繁殖することで臭いが発生するのです。
白癬菌は、元々人間の皮膚にはいない真菌です。強烈な臭いの主な原因は、人間の皮膚に住んでいる常在菌が関係しているのです。
常在菌が好む環境も、高温多湿で栄養豊富なエサがある環境であり、白癬菌が好む環境に類似していることから、足に白癬菌と共に常在菌が増殖することで臭いが発生するのです。
足の裏に生息している常在菌は複数いますが、その中でも代表的なものがブドウ球菌やコリネバクテリウムという細菌です。
ブドウ球菌には、表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌などがあります。表皮ブドウ球菌は、皮膚の角質を栄養分として増殖し、その際に代謝物として脂肪酸を分泌します。脂肪酸が分泌されることで、肌が弱酸性に保たれるため良い環境になります。また、脂肪酸にはあらゆる病原菌や細菌から皮膚を守る効果もあり、皮膚にはありがたい存在です。
一方、黄色ブドウ球菌は毒性が強くアルカリ性を好む菌で、この菌が増殖をするということは、表皮ブドウ球菌が済めない不潔な環境になるため、臭いが発生するのです。 
つまり、足に水虫ができていて更に臭いがある場合には、白癬菌と共に他の常在菌も増殖しているということになります。

水虫をなくすには臭いがない環境作りが大切

ここまでで、足に水虫ができるから臭いが発生するのではなく、常在菌の悪玉菌たちが増殖することで臭いが発生することが分かりました。では、足から辛い水虫をなくすために大切なことは何なのでしょう?
それは、足に臭いのない環境を作ることです。つまり、足の臭いに関係する悪玉常在菌が好む環境を作らせないということです。
臭いに関係する悪玉常在菌の好む場所は、高温多湿でアルカリ性の場所で、さらに豊富な栄養源が絶えずある環境です。この環境を改善することで悪玉常在菌を減少させ、臭いを絶つことができます。そしてそれと同時に白癬菌の増殖も抑えることができます。
対処法としては、自宅に帰ったら最初に足をきれいに洗います。そして靴は、同じものだけを履くのではなく何足かを交代で履くようにします。特に、サラリーマンが多く履く革靴や、女性がよく履くブーツなどは通気性の悪く蒸れやすくなるため、特に注意が必要です。殺菌スプレーをしたり、天日干しするなど殺菌することに努めましょう。
足の臭いが気になる場合は、除菌用シートでその部分をこまめに拭きます。ただし、水虫の場合は擦りすぎると皮が破けて他の部分に移る可能性があるため注意が必要です。
臭いの発生しない環境を作る場合、過度に除菌してしまうと今度は皮膚を健康に保つ善玉常在菌までも死滅させてしま可能性があります。すると、悪玉常在菌が侵入しやすい環境を作ってしまい、足の臭いを作り出すことになるので、過度の除菌は避けましょう。

足の臭いと水虫との関係についてのまとめ

足の臭いは水虫が直接関係しているわけではなく、長い間足を高温多湿状態にすることで、皮膚に元々住んでいる常在菌が繁殖してしまい、それが原因で臭いのものを発生するのです。
水虫の原因菌である白癬菌という真菌は、それ自体が臭いを発生させるのではなく、臭いに関係する常在菌と同じ環境を好むため、足が不潔な環境になると水虫になる可能性が高くなるのです。
足の臭いは水虫が原因で起こるのではありませんが、臭いを発する雑菌が白癬菌と同じ環境を好むためSのように思われてしまうのです。 
臭いを絶つためには、足を清潔に保つことが第一です。例えば、外出先から帰ったらまず足をキレイに洗う、定期的に抗菌スプレーや抗菌シートを使って足や靴を清潔に保つことが大切です。
水虫の場合には、白癬菌という真菌を死滅させることが大切です。そのためには、皮膚科で正しい治療を受けることが重要です。自己判断は、症状を長引かせるだけでなく、家族に感染させる可能性もあります。他人に移さないためにも、皮膚科医の指示に従って治療を進める必要があります。
症状が治まると、薬が残っていても自己判断で治療を止めてしまう方がいますが、白癬菌は皮膚の奥まで侵入して潜んでいます。そのため、確実に死滅させなければ再発する可能性が高いのです。従って、治療中は、医師が完治したと確認するまでは自己判断で治療を止めないようにしましょう。また、自宅でも指示された通りの生活を送り、根気よく水虫の治療を続けていくことが大切です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング