足が臭い原因の一つであるブーツは対処方を講じて改善を

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

足が臭い原因の一つであるブーツは対処方を講じて改善を

足を洗っている人

女性はファッションのことをとても気にします。だから、かわいいブーツを履きたくなるでしょう。レインブーツもありますので、一年を通して足の臭いに悩まされている女性も多いのではないでしょうか。どうしても、蒸れやすい環境なので、足から出る汗が蒸発しにくくなりますし、すると足にある常在菌が繁殖して嫌な臭いを放出してしまいます。
正しい対処法を身に着けて、足の臭いを解消することができます。特に、かかとがガサガサしている人は臭いが強烈になりやすいので、まずはかかとのケアから始めてみませんか。
ボディケアグッズも多くなりました。かかとのガサガサを痛みもなく取ることができる家電製品や足の角質を柔らかくしてぽろぽろと取るグッズもあります。これらを使うと同時に、かかとの保湿も行ってください。乾燥しないように常に気を付けていれば、かかとがガサガサしなくて済みます。
ガサガサしているかかとと臭いには大きな関係があります。ガサガサかかとには、汗や皮脂がたまりやすいからです。すると、菌がとても繁殖しやすくなりますから、最初からかかとをつるつるにしておいたほうが良いというわけです。もちろん、かかとがつるつるになればストッキングが伝線しにくいというメリットもありますから、一石二鳥にもなります。意外なところに落とし穴がありました。手軽にできる方法で構わないので、蒸れやすいブーツを履く前にかかとの対処法を講じてみてください。

蒸れたら早く乾かしましょう

レインブーツにも当てはまりますが、どんなブーツであっても蒸れやすいので、履いた後はしっかりと乾かしてください。つま先のほうともなるとかなり通気性が悪くなります。外側が塗れていなかったとしても、内側が蒸れていれば菌が繁殖してしまい、ずっと嫌な臭いが残り続けてしまいますから、足の臭いがいつまでたっても解消されなくなってしまいます。
ブーツのお手入れも足の臭いの対処法の一つなのでやってみましょう。天気の良い日は天日干ししてください。ただし、日当たりが良いところに置くと傷んでしまうので、日陰で風通しのいいところに置いて、しっかりと乾かしてください。毎日、ブーツを履きたい人もここは我慢です。1日置きくらいにしましょう。そのほうが物持ちも良くなります。そして、臭い対策にもなるので、連続して履かないほうが良いでしょう。
できれば、乾燥材を入れてみてください。お菓子などについている乾燥材を使っても良いですし、今では靴に入れるための乾燥材が販売されています。内側をしっかりと乾かすために履いた後は、乾燥材を入れる習慣を身に着けておくと良いかもしれません。
昔から、雨などで靴がぬれたら新聞紙を丸めて靴の中に入れていました。新聞紙もおすすめです。吸水性が高いので、丸めて入れてみてください。外側がぬれているときだけの対処法ではなく、足の臭いに対しての対処法としても良いでしょう。1日履いたら、新聞紙を丸めて入れる習慣を身に着けてみませんか。

足を清潔にすれば臭いも軽減

やはり、足を清潔にすることは大きなポイントです。足についている常在菌が臭いの原因ですから、足を常に清潔にしましょう。
毎日、お風呂で足を洗っている人も洗い方を気を付けてください。足の甲や足の裏はしっかりと洗っているかもしれません。軽く洗って終わっていませんか。足の臭いが気になる人は、これだけでは不十分です。たっぷりの泡を使って丁寧に洗ってください。
足のつま先からかかとまで丁寧に洗います。特に気を付けて欲しいのは、足の指の間です。指と指の間は通気性が悪いので、きちんと洗ってください。洗いにくいのであまり丁寧に洗っていない人も多いかもしれません。足の指の付け根まで優しく丁寧に洗って、足全体を清潔に保ちましょう。
かかともポイントです。汗や皮脂がガサガサした角質の中に入り込みやすいので、まずはガサガサ対策をしてください。それから、汗や皮脂が残らないように洗ってください。
また、足用の消臭スプレーも使いましょう。お風呂以外でも足を清潔に保つためにもおすすめです。除菌や消臭効果がある消臭スプレーでの対処法もかなり期待できます。お風呂での対処法と両方行えば、常に足を清潔に保てるでしょう。素足ならば、シャワーシートで足を拭くのもおすすめです。パウダー入りなら足をサラサラにしてくれるので蒸れにくくなります。足を清潔にする対処方も行えば、ブーツを履いても足から嫌な臭いがあまりしなくて済むかもしれません。

まだまだある手軽な対処法

ブーツの嫌な臭いを軽減する対処法はまだまだあります。嫌な臭いの対処法の基本は、通気性をよくして菌の繁殖を抑えます。足の指の間の通気性を改善するために、五本指靴下を履いてみませんか。通気性が良くなるのでブーツを履いても嫌な臭いがしにくくなります。ストッキングやタイツの下に履ける薄手の五本指靴下を履くだけでも十分嫌な臭いの対処法になります。もちろん、普通の五本指靴下を履いてもかまいません。
爪を伸ばしている人もいるかもしれませんが、臭いが強烈になりやすいです。爪の間には菌が繁殖しやすいので、ブーツの臭いで悩んでいるのならば、爪は短くしておいたほうが良いです。すると、爪の間に菌が繁殖しにくくなるので、ブーツを履いても臭いがしにくくなります。ちょっと手間ですが、優秀な対処法です。
足用の消臭スプレーも臭いを軽減しますが、靴用の消臭スプレーも臭いを消してくれます。ブーツを履く前に、使ってみてください。ただし、ブーツがしっかりと乾いてから履きましょう。生乾きの状態で履くと菌が繁殖しやすいので、余計に臭いが強烈になりかねません。だから、履きたいブーツがある場合は、早めに靴用の消臭スプレーをかけておいたほうが良いでしょう。すると、しっかりと乾いてから履くことができますので、菌の繁殖を抑えてくれますし、もともとある嫌な臭いも撃退してくれます。
手軽にできる対処法はたくさんあるので、やりやすい方法を試してみませんか。

ブーツを履いても臭わないように

ずっと、ブーツを履き続けていたけれど、臭いが気になって人前では絶対に脱げなかった人は多いでしょう。女性なのに、足がとても臭いと思われるのはとてもショックなことです。しかし、いろいろな対処法がありますので、試してみませんか。紹介したもの以外にも、10円玉をブーツに入れたり、ミョウバンスプレーを使うなどまだまだ対処法はたくさんあります。
主な臭いの原因は、汗です。だから、汗をなるべくかかないようにすることも考えてみませんか。足の裏の汗は、精神的なことが原因で多く分泌されることもあります。臭いが強烈になると普段から自分で自分にプレッシャーをかけるようなことを考えないようにしましょう。いろいろな対処法をやったのだから、臭いがきつくなっていないと思っていれば、汗の量も減るので、ブーツの中が蒸れにくくなります。そうすれば、菌が繁殖しにくくなるので、自然と臭いも強烈にはならなくなります。
個人差があることなので、気になる人はものすごく気になってしまいます。しかし、これだけの対処法があるということは、それだけ悩んでいる人も多いということです。自分一人が臭いわけではないと思って、気を楽にしませんか。また、どれも効果的ですが、より自分に合った対処法を続けると良いでしょう。ブーツがあまり蒸れなくなると水虫予防にもなるので、足を健康に保つこともできます。丈夫なように見えても足はデリケートなので、大切にいたわってあげましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング